梅雨に気になるデリケートゾーンのムレの原因と対処法

「梅雨になると、デリケートゾーンのムレがひどくなる。」
このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか?

ただでさえムレやすいデリケートゾーン。
「梅雨になると更に気になる!」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そこで今回は、梅雨対策としてデリケートゾーンのムレの原因と対処法をご紹介します。

□ムレやすい原因

皆さんはご自分のデリケートゾーンを見たことがありますか?
デリケートゾーンの問題を解決するためにはまず、自分のデリケートゾーンの構造をしっかり把握することが大切です。
デリケートゾーンには、外側に大陰唇、その内側に小陰唇があります。
小陰唇は、尿管、膣口に覆いかぶさっており、これらを守る役割を果たしています。
では、デリケートゾーンの構造について知った上でデリケートゾーンがムレやすい原因について見ていきましょう。

*汗腺が多く集まっている

実は、デリケートゾーンには汗腺が多く集まっています。
そのため、冬よりも梅雨や夏の時期にムレやすいのです。

*下着の通気性

デリケートゾーンは汗をかきやすいにもかかわらず、ほぼ一日中下着に覆われています。
そのため、下着の通気性が悪いと非常に蒸れやすくなってしまいます。

*生理

やはり、デリケートゾーンのムレが気になるのは生理の時ですよね。
生理の時は、ナプキンによって通気性が悪くなることでムレが生じやすいです。

*アンダーヘア

ムレやすい原因は、アンダーヘアにもあります。
アンダーヘアに汗や尿、生理の血が付くことにより、デリケートゾーンの湿気が高くなり不快感が増します。
アンダーヘアはデリケートゾーンの通気性を低めてしまうのです。

□デリケートゾーンのムレの対処法

*通気性の良い下着を選ぶ

まずは通気性の良い下着を選ぶことが大切です。
下着はなるべく綿やシルクの天然素材を選びましょう。

*生理中はタンポンを利用する

日本ではタンポンの使用率が全体の約2割と言われているように、ナプキンを使用している方が圧倒的に多いです。
最近は通気性のよいナプキンも登場しているものの、デリケートゾーンのムレを解消するにはやはり限界があります。
膣の中で血を止めるタンポンによって、大幅に生理中のムレを解消できる可能性があります。

*アンダーヘアを処理する

アンダーヘアを処理することにより、デリケートゾーンの通気性を高めることができます。
アンダーヘアを無くすのが恥ずかしい方は、VIOのVの部分を残し、IとOの部分を処理するといいでしょう。

□まとめ

今回は、梅雨に気になるデリケートゾーンのムレの原因と対処方についてご紹介しました。
デリケートゾーンをしっかりケアすれば、大幅にムレを解消することができます。
デリケートゾーンは女性にとって大切な場所ですので、ぜひ一度今回ご紹介した対処法を試してみてくださいね!

梅雨に気になるデリケートゾーンの臭い対策を解説します!

「梅雨になってからデリケートゾーンの臭いが気になる。」
「デリケートゾーンの臭い対策はないかな?」

このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか?
梅雨になると蒸れやすくなるデリケートゾーン。
気になる臭いは早くどうにかしたいですよね。

そこで今回は、デリケートゾーンの臭いの原因とその対策について解説します!

□デリケートゾーンの構造

皆さまは、ご自分のデリケートゾーンの状態を把握されていますか?
自分のデリケートゾーンを知ることは臭いの悩みを解決する上でも非常に大切です。
ぜひ一度、鏡の前でご自分のデリケートゾーンをチェックしてみてくださいね。

デリケートゾーンでは、膣口・尿管を小陰唇というヒダが覆っており、その外側を柔らかい大陰唇が囲う形になっています。

□臭いの原因

*ムレによるにおい

デリケートゾーンは下着に覆われているため通気性が悪いです。
そのため、通気性の悪い下着を着用していると生乾きのような臭いがします。
また、生理中のナプキンや、アンダーヘアもムレの原因となります。

*汗による臭い

実は、デリケートゾーンではたくさんの汗が分泌されています。
デリケートゾーンから出る汗は2種類あり、そのうちの一つはわき汗と同じ成分です。
そのため、デリケートゾーンはワキガのような臭いがするのです。

*アカによる臭い

梅雨になり汗をかくと、大陰唇と小陰唇の間に恥垢(ちこう)というアカがたまります。
このアカが、デリケートゾーン独特の生臭いにおいの元になっています。

□デリケートゾーンの臭い対策

次にデリケートゾーンの臭い対策を紹介します。

*通気性の良い下着に変える

ポリエステル繊維の下着よりも、シルクや綿のような自然素材の下着の方が、通気性がよく肌に優しいです。
値段はその分高いですが、臭いの気になる方はぜひ下着を変えてみてください。

*正しい洗浄を行う

デリケートゾーンは専用のソープを使って洗浄しましょう。
デリケートゾーンは非常に敏感で、体用の石鹸は刺激が強すぎるのです。
また、間違った洗浄方法は逆に臭いの原因となるので気をつけましょう。

洗う時には、アカを落とすために小陰唇と大陰唇をはさむように優しく洗います。
ここで、注意点として膣や膣口を洗わないようにしましょう。
殺菌作用をもつ酸性環境が壊れてしまいます。

*お風呂上りにケアを行う

お風呂上りにデリケートゾーンのケアをしている人は非常に少ないです。
しかし、デリケートゾーンは顔よりも敏感で、お顔よりもケアの必要性が高い所です。
専門のクリームや保湿剤を使ってデリケートゾーンを保湿しましょう。

□まとめ

今回はデリケートゾーンの臭い対策を紹介してきました。
デリケートゾーンの臭いは、しっかりケアすることで防ぐことができます。
しっかり対策をして快適な梅雨をお過ごしください!

梅雨対策!デリケートゾーンのケアをしっかりしよう!

「梅雨になるとデリケートゾーンのかゆみが気になる…」
「色が黒くて恥ずかしい…」
「デリケートゾーンの臭いを何とかしたい!」

気になるデリケートゾーンの悩みは、なんとかしたいと思っても、人に相談しづらいですよね。
そこで今回は、デリケートゾーンによくあるお悩みの対策方法を紹介します!

□デリケートゾーンのムレ、かゆみ

梅雨になると湿度が高まり、下着の中がムレやすくなります。
また、ムレはかゆみを引き起こす原因となるので、ムレ対策をすることが大切です。

ムレには以下の対策が有効です。

*下着をコットンや綿のような通気性の良いものにする

*アンダーヘアを処理する

*生理中はタンポンを使用する

*正しくデリケートゾーンのケア(洗浄、保湿)を行う

□デリケートゾーンの臭い

デリケートゾーンの臭いは、恥垢(ちこう)というアカが原因です。
恥垢は梅雨や夏の汗をかく時期にできやすく、大陰唇と小陰唇のヒダの間にたまりやすいです。
デリケートゾーンの臭いを防ぐためには、正しい洗浄方法で恥垢を洗い落とすことが必要です。

□デリケートゾーンの正しい洗浄方法

デリケートゾーンは非常に敏感ですので、洗浄には専用のソープを使用しましょう。
洗浄する際のポイントは、大陰唇と小陰唇を優しくつまむようにして洗うことです。
そして膣口は洗わないようにしましょう。
膣口は自浄作用があるため、洗う必要がありません。
またタオルで拭く際は、ごしごしと強く拭かず、ポンポンと軽くあてるように拭くと良いでしょう。

□デリケートゾーンの黒ずみ

デリケートゾーンは刺激されると、メラニン色素が生成され黒ずんでしまいます。
刺激とは具体的に、下着のこすれ、洗いすぎが考えられます。

黒ずみを防ぐために、下着はゆったりしたものを選び、正しい方法で洗浄するようにしましょう。

また、一度黒ずんでしまった肌は、肌のターンオーバー(新陳代謝)によって回復することができます。
肌のターンオーバーが正常に行われるためには、お風呂あがりの保湿ケアが重要です。
お顔と同じように保湿のケアを行うことで、肌のターンオーバーが促進され、きれいなデリケートゾーンを手に入れることができます。

最近は、専門のケアアイテムが増えてきたので、植物由来の成分がたっぷり使われたオーガニックのものを選ぶと良いでしょう。

□まとめ

今回は気になるデリケートゾーンの悩みの対処方を紹介しました。
顔をしっかりとケアするように、デリケートゾーンもケアが必要です。
正しい洗浄と保湿を行うことで、デリケートゾーンの悩みを解決しましょう!

また、当社はデリケートゾーン専用のケア商品を販売しております。
植物由来の成分にこだわった肌に優しい商品になっていますので、興味のある方はぜひお試しください!

梅雨に気になる|デリケートゾーンのかゆみの原因と対処法

「梅雨になるとデリケートゾーンにかゆみがでる。」
このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか?

梅雨になるとかゆみが悪化するという方もいらっしゃるのではないでしょうか?
しかしデリケートゾーンの悩みはなかなか人に相談しにくいですよね。

そこで今回は、気になるかゆみの原因と対処法をご紹介します。
しっかり原因をおさえ、梅雨のかゆみを対策しましょう!

□かゆみの原因

*まずは自分のデリケートゾーンを知ろう!

皆さんはご自分のデリケートゾーンの状態を把握していますか?
自分のデリケートゾーンの構造を理解することは、かゆみの原因を知る上で非常に大切です。
デリケートゾーンは外側に大陰唇があり、その内側に小陰唇というヒダがあります。
小陰唇は尿管、膣口を覆っており、これらを守る役割があります。
一度鏡で確認しながら、それぞれの場所を確認してみましょう。

*湿度の高まりによるムレ

デリケートゾーンのムレは、かゆみを引き起こす原因の一つです。
特に、梅雨になると湿度が高くなり、デリケートゾーンがムレやすくなり肌がかぶれ、かゆみが起こります。
また、他のムレの原因として、アンダーヘア、生理、下着の通気性の悪さがあげられます。

*下着とのこすれ

デリケートゾーンは常に下着と接している状態にあります。
そのため、サイズや素材があわないと、下着がデリケートゾーンをこすってしまい、肌がかぶれてしまいます。

*感染症の可能性も

かゆみの原因は病気の可能性もあります。
かゆみを併発する病気は、性器ヘルペス、性器クラミジア、膣トリコモナス症などがあります。
我慢できないほどにかゆい、おりものがいつもと違う症状が出たら一度病院で検査してもらうと良いでしょう。

□かゆみの対処法

*デリケートゾーンを正しくケアする

デリケートゾーンのかゆみは感染症でなければ、正しくお手入れすることで治すことができます。

*お手入れ時のポイントと注意点

デリケートゾーンは非常に敏感です。
したがってデリケートゾーン専用の石鹸を使い優しく洗いましょう。

ポイントは、大陰唇と小陰唇のひだを優しくつまむようにして洗うことです。
自浄作用のある膣口は洗わないようにしましょう。
またタオルで拭く際は、ごしごしとこするのではなく、優しく拭きます。
さらに、お風呂上がりにはデリケートゾーン専用の保湿クリームをつけると良いでしょう。

*病院で薬を処方してもらう

感染症の場合、かゆみがひどい場合は病院で診察を受けましょう。
デリケートゾーン専用のかゆみ止めがあるので、お医者さんに薬を処方してもらいましょう。

□まとめ

今回はデリケートゾーンの気になるかゆみについて説明しました。
デリケートゾーンを正しくケアすることで、かゆみは抑えることができます。
しっかりとデリケートゾーンをケアし、快適な梅雨をお過ごしくださいね!

【春は肌が荒れがち?】うるおいを保つ方法とは?

「春になったのに、肌が乾燥している…。」
「春の保湿対策が知りたい!」
このようにお困りの方はいらっしゃいませんか?
せっかく長い冬が終わったのに、何だか肌の調子が良くないなんてことになると、何だか気分も落ち込んでしまいますよね。
ですが、実は多くの人がこの春の肌トラブルに悩んでいるんです。
今回は、春の肌トラブルのなかでも、乾燥対策について詳しくお話します!

◻︎春は肌が乾燥しやすい

 

春といえば、暖かくて、ぽかぽかした天気が多イメージがありますよね。
ですが、暖かいからといって、肌の保湿ケアをサボってはいけません。
実際は春の空気はとても乾燥しているんです!
春の暖かいお天気をもたらすのは、移動性高気圧ですね。
この高気圧は乾燥した空気を多く含んでおり、春は暖かいとは言え、空気が乾燥した状態が続いています。
これが肌トラブルの原因になるんです。

◻︎春の保湿ケア

 

乾燥対策には肌の保湿が欠かせません。
春に注意して欲しいのは以下の2つ。
入念な肌の保湿を忘れないこと、そして素早く保湿をすることですね。

*入念な保湿を心がける

 

肌が不安定な状態になりやすい春は、普段の保湿よりもしっかりと肌を保湿しましょう。
現在、化粧水や乳液しか使用していない方は、保湿クリームなども合わせて使ってみてはいかがでしょうか?
保湿クリームを塗ることで、肌表面の水分蒸発を防ぎ肌の潤いを守ることができます。

*すぐに保湿をする

 

お風呂上がりや洗顔後の保湿はすぐに行うことがポイント。
肌表面の水分はすぐに蒸発してしまいます。
乾燥した空気のなかで、肌を無防備な状態で露出するのはよくありません。
洗顔後や入浴後は、すぐに肌に化粧水を入れましょう。

◻︎肌のバリア機能をあげる

 

乾燥しがちな肌を守るには、肌本来のバリア機能を高めてあげることも重要です。
春にはこの肌のバリア機能を低下させる大きな要因があります。
それが「花粉」ですね。
花粉対策として、花粉を皮膚に触れさせないために、マスクやサングラスの着用を心がけましょう。
また、洗顔時には泡をしっかり泡立てて、優しく毛穴から花粉を押し出すイメージで顔を洗って下さい。
こうすることで、花粉症による肌のダメージを最小限食い止め、肌の乾燥も予防できます。

◻︎まとめ

 

今回は春の肌の乾燥にお悩みの方に、おすすめの保湿方法と乾燥対策をご紹介しました。
暖かくなっても、肌は不安定な状態が続くので油断は禁物ですね。
ぜひ今回の記事を参考にしっかり保湿ケアを怠らず、綺麗なお肌を保って下さい。

【外出時に気をつけたい!】春の汗対策をご紹介!

「春になると汗の匂いが気になる…。」
「汗染みが目立たなくする方法を知りたい!」
このようにお悩みの方も多いのではないでしょうか?
春になると、どうしても汗をかきやすくなりますよね。
そうなると、汗の嫌な匂いや汗染みなど様々なトラブルが起きてしまいます。
今回は、そんな春の汗対策について詳しくお話します。

◻︎春は汗をかく量が増える!

 

当たり前のことですが、冬に比べて気温が高くなり、日差しも強くなるので、汗をかきやすくなります。
そうなると、どうしても汗の匂いが気になったり、汗染みができるのではという不安に駆られてしまいますよね。
今回は汗の匂いと汗染みに焦点を当てて、汗の対策をご紹介します。

◻︎汗の匂い対策

 

春になり温かな気温になると、少し運動しただけでも汗をかいてしまいますよね。
駅まで走った時や自転車に乗った後は、「何だか脇が臭い…?」という経験をした方も少なくないでしょう。
そんな脇汗の匂いを抑える方法をいくつかご紹介します。

*塗るタイプの制汗剤

 

脇に直にクリームを塗りこむタイプですね。
クリームが毛穴に入り込み、汗をブロックします。
そもそも発汗を抑えてくれるので、外出時にも安心して使用することができます。

*香料がついた制汗剤

 

スプレーやジェルなどを体に塗ることで、香料で汗の匂いをごまかしてくれる商品です。
皆さんも一度は使ったことがあるのではないでしょうか?
爽快感のあるものなど様々なタイプの商品があるので、運動後に使用するのがおすすめです。

*汗拭き取りシート

 

汗を拭き取り、汗ごと匂いを取り除いてくれます。
汗を拭うので、衛生的ですが、汗はすぐにかいてしまうものなので、一時的な効果しか得られません。

◻︎汗染み対策

 

ブラウスやシャツに汗染みができてしまうと、落とすのに苦労します。
見た目にも不恰好なので、汗染みはできれば避けたいものですよね。
汗染み対策には以下の2つが有効です。

*塗るタイプの制汗剤

 

そもそも発汗を抑えてくれるので、洋服に目立つシミが出来る心配はありません。
ですが、1日にかく全ての汗を止められる訳ではありません。

*汗染み防止パッド

 

洋服の脇部分に汗を吸収するパッドを取り付ける方法ですね。
パッドさえつけていれば、肌が直接衣類に触れないので、洋服に汗染みができる心配がありません。
また、汗をパッドの中に抑えてくれるので、匂い防止にも効果があります。

◻︎まとめ

 

今回は春の汗対策について詳しくお話しました!
もっとも効果が高いのは塗るタイプの制汗剤ですが、完全に汗を抑えてくれる訳ではありません。
汗の匂いや汗染みが気になる方は、塗るタイプの制汗剤と他のアイテムを併用することをおすすめします。

【油断は禁物!】春に気をつけたい紫外線対策とは?

「春に肌を焼きたくない!」
「春の紫外線対策について知りたい!」
このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか?
急に日差しが強くなる季節だからこそ、紫外線対策には特に気をつけたいもの。
そんな春の紫外線で肌トラブルを起こさないためにも、対策はしっかり講じておきましょう。
今回は春の紫外線対策について詳しくお話します。

◻︎紫外線とは?

 

紫外線とはそもそも何なのか一度整理しておきましょう。
ここでは紫外線の種類と違いについて、詳しく見ていきます。
紫外線は大きく分けて紫外線A波、紫外線B波の2種類に分けられます。
前者がいわゆるUVA、後者がUVBですね。

*UVAについて

 

UVAは地表に届く紫外線の5%を占めます。
UVBほどエネルギーは強くないのですが、一年中を通して地表に降り注ぎ、肌の深層奥深くにも届く紫外線なので注意が必要。
このUVAは肌の真皮にある細胞にも届きます。
有害な紫外線を受けた細胞は働きが鈍くなり、コラーゲンやヒアルロン酸など肌を若く保つ成分が十分に生成されません。
結果、肌の老化が早くなってしまうのです。

*UVBについて

 

UVBは地表に届く紫外線のほとんどを占める強力な紫外線です。
エネルギーが強く、肌の炎症や火傷、シミやそばかすの原因にもなります。
一年間のうち、太陽が最も高くなる夏至周辺に多く降り注ぎます。
まさに夏の紫外線ですね。
UVBも一年を通して降り注ぎますが、冬場はピーク時の5分の1程度の量しか地表に届きません。

◻︎春の紫外線対策とは?

 

春に特に気をつけたいのは、UVAですね。
UVBは冬が終わって春にかけて徐々に量が増え、夏前にピークを迎えます。
一方のUVAは冬が終わると急激に量が増え、5月頃にピークに達すると言われています。
ではUVAを肌に浸透させないために、具体的な対策を見ていきましょう。

*日焼け止めを使用する

 

紫外線対策において、日焼け止めは強い味方ですよね。
じりじりした日差しがない日でも、油断せずに日焼け止めを使用しましょう。
日焼け止めを購入する際は、UVBだけでなく、UVAにも効果がある商品を選んで下さいね。
また、UV効果のある化粧品(下地/ファンデーション)の使用など、普段から紫外線対策に効果がある物を使ってみてはいかがでしょうか?

*サングラス/日傘などの使用

 

紫外線を浴びないために、これらのアイテムを使用するのも効果的です。
UVAは一年中を通して降り注いでいるので、冬でも日差しの強い日は使用するのがおすすめ。
運転をする時はハンドカバーなどを付けるのも、手のシワやシミ対策として効果的です。

◻︎まとめ

 

今回は春の紫外線対策について詳しくお話しました。
春には特にUVAに気をつけてください。
冬が終わって、春の兆しが見えた頃から日焼け止めを本格的に使用するのがおすすめですよ!
しっかりと紫外線対策をして、春の日々をお過ごし下さい。

【春の肌のかゆみはなぜ起きる?】原因と対策について解説

「春先になると、なんだか肌が痒い…。」
「肌のかゆみを軽減する方法ってないの?」
このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか?
普段は敏感肌じゃないのに、春の期間だけ肌が痒くなってしまうこともあるかもしれません。
実は、春限定でこのような肌の揺らぎに悩む方は少なくありません。
今回は、そのような方に向けて、春先の肌のかゆみの原因と対策についてお話します!

◻︎春は肌がゆらぐ季節

 

肌のかゆみの原因は様々ですが、主な原因として乾燥肌と敏感肌が挙げられます。
普段は敏感肌じゃない方も、春になるとなぜか肌が弱くなったという経験はありませんか?
一般的に春は肌の調子が揺らぐ季節と言われており、「春の揺らぎ肌」という言葉もあるほど。
もとから敏感肌の人はもちろん、そうでない方も苦しむ肌の不調とは一体何が原因なのでしょうか?

◻︎原因と対策

 

春の肌の揺らぎの原因は、寒暖差による肌の乾燥、紫外線や花粉による敏感肌が挙げられます。
肌が乾燥している状態や、刺激に敏感になってしまうと、肌にかゆみを感じることが多くなります。
では具体的に、乾燥肌と敏感肌の原因と対策を見ていきましょう。

*肌の乾燥

 

春は急に温度が上昇するため、肌表面から蒸発する水分量も多くなります。
その急激な温度の上昇に肌の機能がついていけず、肌表面から水分が失われ、肌が乾燥状態に陥ってしまうのです。
また、春のお天気をもたらす移動性高気圧は、乾燥した空気を多く含んでいるので、春の肌は冬よりも乾燥した状態になってしまうことも…。

「乾燥肌対策」
肌の乾燥肌対策には、肌の保湿を十分に行うことが最も重要です。
加湿器などを使って部屋の湿度を一定に保ちましょう。
また、冬が終わったからと油断せずに化粧水や乳液に加えて、保湿クリームなどを毎日のスキンケアに使用してみてはいかがでしょうか?

*敏感肌のかゆみ

 

春には急激に紫外線量が増加し、花粉も飛びます。
冬の気候に慣れた肌はこれらの刺激に対して、過剰な反応を起こしてしまいます。
これが敏感肌の人が感じるかゆみの正体ですね。

「敏感肌対策」
敏感肌のならないために重要なのは、紫外線や花粉などの原因をブロックすること。
紫外線から肌を守るためには、春から日焼け止めを使用しましょう。
春先だからと油断せずに、普段からUV効果のある化粧品を使ってみてもいいかもしれません。
花粉を肌に付着させないためには、マスクやサングラスの着用をおすすめします。
それでも花粉は顔のどこかには付いてしまうもの。
帰宅したら洗顔料を細かく泡立てて、念入りに顔を洗って下さいね。

◻︎まとめ

 

今回は春先の肌のかゆみに悩む方に向けて、原因と対策にをご紹介しました。
春先は多くの人が肌の不調を感じるもの。
ですが、しっかり対策をすれば、乱れた肌の調子は整えることができます。
春の肌の揺らぎにお悩みの方は、ぜひこの記事を参考にして下さいね。

【春の肌トラブル】肌荒れの原因と対策についてご紹介

「春になって急に肌が荒れてきた…。」
「肌荒れを改善したい!」
このようにお困りの方はいらっしゃいませんか?
寒い冬が終わって急に暖かくなると、心も体も不安定になってしまうもの。
春には肌も同じように不安定な状態になってしまうんです。
今回は、春の肌トラブルにお悩みの方に、肌の調子が悪化する原因と対策についてお話します!

◻︎春は肌が不安定になる季節

 

春に肌の調子が悪くなる方は少なくありません。
やっと寒くて、乾燥が辛い冬が終わったのに、春にも肌の不安定な状態は続きます。
春の肌トラブルの原因は主に敏感肌、アレルギーの2つに分けられます。

◻︎敏感肌の人が気をつけたい肌トラブルの原因

 

*急激な温度差

 

春は真冬と比べると、急激に温度が上昇します。
この温度差に肌がついていけずに、肌トラブルが起きます。
また、春といえば暖かいイメージを持ちますが、実は春の空気は乾燥しており、冬に引き続き、肌が乾燥しやすい状態になっているので注意して下さい。

【対策】
しっかりと保湿を行うことが大切です。
暖かいからと油断せずに、冬と同じように保湿対策を万全に行いましょう。
部屋の中にいる時も肌の乾燥を防ぐために、加湿器を使用して湿度を一定に保ちましょう。

*環境変化によるストレスの増加

 

春は始まりの季節です。
この時期は職場が変わったり、就職、進学など多くの人に環境の変化が起きますよね。
この環境変化が原因となって、ストレスを溜めてしまう人がたくさんいます。
このストレスが肌トラブルの原因になるんです。

【対策】
ストレスを溜めないことが一番ですが、環境の変化は個人には致し方ありません。
ですが、その分自分を甘やかしてみたり、リラックスできる時間を設けてみてはいかがでしょうか?
食生活が乱れがちな人は、これを機に食生活も見直してみましょう。

*紫外線の増加

 

もう一つ大きな原因としてあげられるのが、紫外線量の増加です。
春になると急に日差しが強くなりますよね。
うっかり日焼け対策を怠ると、肌が赤くなったり、日焼けの原因になってしまいます。

【対策】
日焼け対策をしっかり行うこと。
春だからといって、油断してはいけません。
春の紫外線で肌を傷つけないように、3月の後半から日焼け止めを使うようにしましょう。

◻︎アレルギー体質の人が気をつけたい肌トラブルの原因

 

*花粉が多く飛ぶ

 

花粉症を患っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?
目のかゆみ、くしゃみや鼻炎など花粉症の人にとって春は辛い季節ですよね。
花粉は肌の炎症を引き起こすこともあるんです。

【対策】
花粉を皮膚に触れさせないために、マスクやサングラスをすること。
帰宅時には、皮膚に付着した花粉をクレンジングで優しく洗い流しましょう。
あまり強くこすらずにしっかり泡立てた洗顔料で肌を洗い流して下さいね。

◻︎まとめ

 

今回は春の肌トラブルで悩んでいる方に向けて、原因と対策についてお話しました!
いかがでしたか?
暖かくなっても、油断はできませんね。
ですがそんな肌トラブルも、しっかりと対策さえすれば、怖くありません。
乾燥、日差し、花粉に気をつけて春の日々をお過ごし下さい。

【寒暖差が原因?】春に起こる体調不良の対策とは?

「春になると体が急にだるくなる…。」
「何だか体調が思わしくない…。」
このように悩んでいらっしゃる方も多いのではないでしょうか?
寒い冬が終わって急に暖かくなると、心も体も何だか不安定になってしまう…。
実は春の体調不良に悩む方は少なくありません。
今回は、そのような方に向けて、春の体調不良の原因と対策についてお話します!

◻︎春の体調不良の原因とは?

 

春の体調不良の原因は大きく2つに分けることができます。
では具体的に原因と対策について見ていきましょう。

*急な寒暖差に体がついていかない

 

最も多いのは寒暖差による体調不良ですね。
急激な温度差が自律神経の乱れを引き起こし、体や心に様々な変調をきたすというもの。
「気象病」とも言われるこの症状は、日本でも多くの人が悩んでいる症状です。
この症状は、交感神経と副交感神経が上手く働かないことが原因で起こります。
主な症状として、倦怠感、動悸や息苦しさ、めまいや頭痛があり、メンタル面では抑うつ状態を引き起こすこともあります。

【対策】
寒暖差を考慮した服装はもちろん大切ですが、普段から気象や気圧の影響を受けにくい身体作りを意識することも重要です。
血流が悪い人は、ストレッチや運動で体をほぐしましょう。
冬の間も体を動かし、定期的に汗を流す習慣を身に付けることも効果的です。
しばらく経っても、体調が改善されない場合は専門医に診察を受けることをおすすめします。

*環境変化によるストレスの増加

 

春は始まりの季節です。
社会人であれば、職場の異動や転勤など大きく環境が変わりますよね。
学生であっても、新しくクラスが変わったり、進学に伴う一人暮らしなど、春には多くの人が大きな環境の変化を迎えます。
時に、この環境変化が大きなストレスをもたらし、自律神経の乱れを引き起こす場合があります。
自律神経が乱れると上記の通り、自律神経の失調に伴う様々な症状が体や心に現れます。

【対策】
ストレスの原因を取り除くことが一番の治療法ですが、個人の力ではどうしようもない事もありますよね。
その分、普段よりも自分を甘やかして、リラックスできる時間を設けてみてはいかがでしょうか?
不安な気持ちを忘れるために、趣味に没頭するのも効果的ですよ。
しばらく様子を見て、それでも改善されない場合は専門医や心療内科で診察を受けることをおすすめします。

◻︎まとめ

春の体調不良の原因と対策についてお話しました。
どちらも自律神経の乱れが原因なのですが、前者は寒暖差によるもの、後者はストレスによるものでした。
場合によっては両方が引き金となって、体調不良を起こす事もあります。
春は期待と不安が入り乱れる季節です。
だからこそ、しっかりと休養を取ることが重要。
どうか体を大事にして、春の日々をお過ごし下さい。