アンダーヘアの脱毛をする方必見!アンダーヘアの形は何がいいの?


「アンダーヘアを今までなんとなく自分で処理していたけれど、レーザー脱毛に切り替えよう」

デリケートな部分であるからこそ、プロのレーザー脱毛の処理へ移行するという方は最近増えています。
そんな時、迷うポイントの一つにアンダーヘアの形があるのではないでしょうか。
今回はアンダーヘアの形にどんなものがあるのかご紹介します。

 

□逆三角

一番シンプルで男性にも人気のナチュラルな形です。
脱毛したという主張が強くなく自然に見えるので、整えすぎることに不安がある人も挑戦しやすいのではないでしょうか。
大きさも選べますが、まずは大きめで一度整えてみてから小さくしていくという調整をする方も多いようです。

 

□スクエア

正方形の形は元々生えている形に近いので、抵抗が少なく選ばれています。
一度脱毛すると簡単には戻せないことから、ナチュラルタイプは女性からも男性からも人気です。

 

□オーバル

ナチュラルな形の中でも少し整える範囲が広くなる楕円形の形です。
逆三角やスクエアよりも上部を広く脱毛しますが、自然な縦長の丸みを持たせることで違和感は少なくなります。

 

□扇型

上部はオーバルと同様丸みを持たせ、下部は逆三角形のように角を作ります。
逆三角形のナチュラルさと丸みのある上部のデザイン性を兼ね備えた形です。
少しデザイン性を持たせつつ、ナチュラル感も残したい人におすすめです。

 

□Iライン

縦に長い長方形の形です。
細めにするほど脱毛で整えた感じは強くなりますが、その分スッキリして見えるというメリットもあります。
左右から広く脱毛するので水着などから毛がはみ出してしまう心配もありません。

 

□ハイジニーナ

日本では挑戦するのに勇気が必要な人も多いかもしれませんが、ハイジニーナとはデリケートゾーンの毛を全て脱毛する形です。
海外では衛生を理由に人気で珍しくはなく、日本でも徐々に増えてきています。
生理の時にも蒸れにくく、案外便利かもしれません。
清潔感から男性人気もある程度はあり、検討してみるのもいいのではないでしょうか。

 

□ハート

ハート形や星形など個性的な形に脱毛することも可能です。
サロンによってできるデザインに限定がかかるので、もしこだわりの形があるのなら前もって問い合わせておくのがいいかもしれません。

 

□まとめ

脱毛はカミソリでの処理と違い、時間が経っても元の状態に戻らないことを目指した処置のため、どんな形に脱毛するか決めるのに迷う方も多いのではないでしょうか。
サロンに行く前に、どんな形があるのか知ってあらかじめ考えておくといいかもしれません。
ぜひ今回紹介したアンダーヘアの形を参考に、検討してみてください。

▶︎INTIME ORGANIQUE オンラインストア

【冬なのに汗くさい】気になる匂いの対策方法とは?

いくら薄着でも汗をかく暑い夏と反対に、寒くて着込む冬にも汗の匂いに困ることはありませんか?
外気の侵入と熱の保持に効果的なインナーは寒い冬に欠かせないアイテムですが、その分汗をかきやすく蒸れてしまいます。
冬の汗の匂いに悩んでいる方に向けて、対策方法をご紹介します。

 

□こまめな洗濯を行う

冬の洋服は、ニットなど夏よりも洗濯の頻度を低くしがちな衣服が多くなります。
とはいえ、暑い時期よりも蒸れやすい素材の服が多く、雑菌の繁殖は匂いの原因になるのでこまめな洗濯を心がけましょう。
ニットを洗っても傷みにくい洗剤やネット、洗濯機のおしゃれ着モードなど工夫をすればこまめに洗っても案外服を長持ちさせることもできるかもしれません。

 

□脇汗パッドを使う

そうはいってもかさばって傷みやすい冬服を夏服と全く同じよう洗濯し続けるのは難しいと思う方もいるのではないでしょうか。
脇汗パッドはシミの気になる薄着の季節のイメージがあるかもしれませんが、冬服の蒸れにも有効です。

 

□脇毛の処理も徹底する

脇の露出がなくなる冬には脇毛の処理をしないという方も多いかもしれません。
しかし、これを放置しすぎると雑菌の繁殖の温床になってしまいます。
匂いが気になる方はこまめに処理をするようにするといいでしょう。

 

□制汗ケアも行う

夏のようにたくさん汗をかかない分、冬には制汗剤を使わなくなる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
汗の量が少ないと代謝が落ちて汗の質が悪くなり、匂いがより気になるようになります。
冬でも汗拭くシートで肌を清潔にし制汗剤を塗れば、汗を抑えることができ匂いの対策になります。
いい香りの制汗剤を使えば、汗を抑えて匂いも気にならなくなりますね。

 

□薄着になれるようにする

寒い冬ですが、厚着をしているだけあって軽い運動で暑くなってしまったり、暖房が効いていて暑くなったりするものです。
防寒は大切ですが、暑くなったときや暖かい部屋に入ったときに簡単に薄着になれる格好を心がけておくと汗の蒸れを改善できます。

 

□食生活を改善する

冬はクリスマスや年末年始などのイベントも多く、食生活が荒れがちな季節でもあります。
ただでさえ代謝の落ちる季節なので、バランスを意識した生活を意識することも効果的です。
汗の量が減る冬は水分補給もおろそかになりやすいので、水分を意識的に多く摂るようにして汗の質を向上させましょう。

 

□入浴はしっかりする

寒さで入浴が億劫になってしまう冬でもしっかり欠かさないようにしましょう。
雑菌が繁殖しにくい環境を作るためにも毎日の入浴は大切です。
また湯船に浸かると汗腺を鍛えることができるので、匂いの強いベタベタ汗を防ぐためにも効果的です。
半身浴で汗をかいておけば、匂いの強い低質な汗を日中かかないようになるため非常におすすめです。

 

□まとめ

今回は冬の汗の匂いに、効果的な対策方法をお伝えしました。
防寒しつつも汗の悩みを解消するためには、案外日頃の手入れから気をつけておくことが重要かもしれません。
ぜひ今回の記事を参考に、冬の汗の匂い対策を試してみてはいかがでしょうか。

▶︎INTIME ORGANIQUE オンラインストア

バレンタインデートのための肌ケア!乾燥に負けない肌作りのポイントを教えます

バレンタインを前にして、肌の調子を気にしている方も多いのではないでしょうか。
冬の乾燥は、バレンタインに気合いを入れたい女性の大敵です。
そこで今回は冬の乾燥を乗り切るためのスキンケア方法についてご紹介します。

 

□クレンジング

保湿に注目することも大事ですが、まずは汚れをしっかり落としつつ肌の水分を流してしまわないクレンジングを意識することが大事です。
乾燥に悩む方にはバームのクレンジングがオススメです。
クレンジングを均一に肌にのせ、力をかけすぎずに丁寧に洗ってみてください。

 

□クリーム

保湿効果の高い化粧水などをつけた後にしっかり蓋をしてくれるクリームにも気を遣ってみてはいかがでしょうか。
特に乾燥が気になるところには重点的に塗り込んでみてください。
最後に手のひらでプッシュして肌に浸透させましょう。

□食事に注意する

乾燥した肌には洗顔後のケアで解決しようと思いがちですが、生活習慣の見直しが案外一番効くことも多いです。
乾燥した肌には、肌の土台になるタンパク質を意識的に摂取することが大事でしょう。
タンパク質には、コラーゲンやヒアルロン酸といった代表的な美肌に良い栄養を始め、イソフラボンやビタミンも豊富に含まれています。
乳製品・肉・大豆製品・卵・魚といったタンパク質をバランスよく摂取するようにしてみてください。
特に、皮のついた鶏肉や、魚の水煮はコラーゲン豊富なためおすすめです。
どうしても食べきれない部分はサプリなどで無理せず補填することも続けるコツのひとつかもしれません。

 

□睡眠をしっかりとる

肌の水分保持力を底上げするには、睡眠が欠かせません。
日中は脳に集まっている血液が、睡眠の間は全身に行き渡り、肌に栄養を行き渡らせることのできる時間だからです。
深い睡眠とされているノンレム睡眠の間に細胞の修復や再生が行われるため、健康的な肌のために効果的な睡眠が必要です。
できるだけ十分な睡眠時間を固定してとるようにしましょう。
7〜8時間が肌にも体にもいいと言われている睡眠時間です。
わかっていても忙しくて時間がないという方も多いかもしれません。
肌のゴールデンタイムとも言われる22時から2時の間で睡眠をとることが最も理想的ですが、22時に寝るのは難しい人も、少しでもこの間の睡眠時間が増えるように時間帯に注意してみてください。
どうしても時間のないときでも、睡眠の質を上げるために寝る前の携帯電話や照明にも気を配り、よりリラックスした状態で眠りに落ちることができるようにすることも効果的です。

 

□まとめ

今回は冬の乾燥肌に効果的な肌ケア方法をご紹介しました。
乾燥に対して保湿だけではなく、生活習慣の改善からもケアを行ってみてください。
カサカサ肌でバレンタイン当日を迎えることのないように、ぜひ今回の記事を参考に肌ケアを見直してみてください。

▶︎INTIME ORGANIQUE オンラインストア

冬の肌荒れでお悩みの方必見!おすすめのスキンケア法とは?

「冬になると特に肌荒れがひどい。」
そう感じる方も多いのではないでしょうか?
冬は、冷たい空気によって血の巡りが悪くなったり、代謝が悪くなったりします。
それらが原因で、肌の乾燥や肌荒れなどのトラブルを起こすことが多いです。
では、このような肌荒れを解決するには何をすれば良いのでしょうか?
そこで今回は、誰でも簡単に取り組めるスキンケア方法をご紹介します。

□優しい洗顔やクレンジングを使用する

メイクを毎日している女性は、もちろん毎日クレンジングを使用しますよね。
そこで、多くの人が勘違いしやすい点があります。
それは、メイクをしっかり落とそうとして、洗浄力の強いミネラルオイルなどの成分が配合されたものを選ぶことです。
それらは、肌に刺激を与えてしまうので、肌がもともと持っている、潤いのために必要な成分も一緒に洗い流してしまうのです。

また、ごしごし洗ったり、タオルで強く顔を拭き取ったりすることもおすすめできません。
肌に強い摩擦を与えると、セラミドや天然保湿因子という必要な成分を失ってしまいます。
優しく触れるように肌のスキンケアを行いましょう。

□保湿クリームをこまめに塗る

保湿は、冬の肌を乾燥させないためにとても重要です
保湿クリームをこまめに継続的に塗り続けることで、肌の潤いを保てます。
寝る前や、ふと乾燥を感じたときにマッサージするように塗りましょう。
同時に軽くマッサージをすることで血行を良くすることができ、必要な栄養素が隅々まで届きやすくなるので、肌の質が改善されるという効果も期待できます。
できれば、乾燥を感じる前に日頃から塗るようにすると、潤いを保ちやすい肌をつくれるのでおすすめです。
また、保湿クリームも成分を見て選ぶ必要があります。
なるべく無添加成分で、自分の肌と相性の良いものを選びましょう。

 

□熱いお湯を使用しない

肌に良いと勘違いして、洗顔のときに熱いお湯を使用する人は意外に多いです。
肌は思っているよりも刺激を感じやすいので、熱すぎるお湯はかえって刺激を与えてしまいます。
そのため、少しぬるいくらいのお湯で洗顔することをおすすめします。

 

□さいごに

今回は、冬の肌荒れを改善するスキンケア方法をご紹介しました。
スキンケアは毎日する重要な取り組みです。
その毎日のスキンケアを改善することで、あなたの肌の状態は少しずつでも良くなります。
一度、あなたの今のスキンケア法を見直してみましょう。
また、今回ご紹介したスキンケアは、今日からでもすぐに取り組める方法ばかりですので、ぜひ参考にしてみて下さい。
冬の寒さにも負けない潤ったお肌を目指しましょう。

▶︎INTIME ORGANIQUE オンラインストア

冬の乾燥が引き起こす顔の痒みを解決したい方へ|効果的な対策とは?

冬の冷たい空気が影響して、顔が乾燥してお悩みの方は多いのではないでしょうか?
その症状は時に痒みも伴います。
顔の痒みは、我慢したくてもどうしても気になってしまいますよね。
では、その痒みを伴う顔の乾燥はなぜ起こるのでしょうか?
また、それを解消できる対策は何があるのでしょうか?
今回は、これらのギモンにお答えします。

□乾燥で顔が痒くなるのはなぜ?

女性は、年齢とともに肌の保湿成分が失われ、乾燥しやすい肌になってしまいます。
乾燥肌になると、肌に様々なトラブルが起きる可能性が高くなります。

その症状の1つとされるのが、痒みです。
肌が乾燥していることは、肌の表面を守る皮脂や水分が少なくなっていることを意味します。
そのため、外部からのちょっとした刺激にも過敏に反応し、痒みにつながるのです。
痒みは厄介な症状で、あまりの痒さに耐えられず顔を触ってしまったり、かいてしまったりする人が多いかと思います。
更に顔の肌を傷つけることになり、症状は悪化する一方になってしまいます。

 

□顔の痒みに効果的な対策

*肌に優しいスキンケア用品を使おう

女性が毎日行っている基本的なスキンケアは、肌の状態をつくる大切な取り組みです。
このスキンケア用品が肌に適していないものや、肌にとってあまり良くない成分が含まれていると、肌の質は悪くなってしまいます。

そうならないためにまずは、スキンケアを見直してみましょう。
基本的なスキンケアは、クレンジング、洗顔、化粧水、乳液、クリームです。
クレンジングに関しては、洗浄力の強いものや拭き取ってメイクを落とすタイプは選ばないようにしましょう。
肌のトラブルを悪化させてしまう可能性があります。
洗顔、化粧水、乳液もそれぞれ肌質に合ったもので、できれば無添加の成分を含んだものを使用することをおすすめします。
重要なのは、最後の保湿クリームです。
乾燥が原因で引き起こす痒みなのですから、乾燥を解決することが何よりも効果的です。
毎日きちんと保湿クリームを塗り続けることで、肌の潤いを保つことができ、痒みのような肌トラブルを予防できます。

*刺激の強い食べ物を控える

刺激の強い食べ物は、顔の毛穴を広げて体の温度をあげようとするので、ニキビをつくりやすくなってしまいます。
肌への負担を減らすために、刺激が強めの食事はなるべく減らすようにしましょう。

*室内で加湿器を使用する

冬の部屋の中はみなさんが思っているよりも乾燥しています。
そんな乾燥した空気は肌の潤いを奪い、ガサガサした肌になりがちです。
そうならないためにも、加湿器を常につけておきましょう。
肌が潤いを取り戻せば、自然と肌の痒さもおさまるはずです。

 

□さいごに

今回は、特に痒みを伴う肌荒れの改善方法をお伝えしました。
肌の問題は、正しい対策をとることで改善できます。
また、肌を改善するためのケアは毎日継続することが大切です。
できるときは念入りにしっかり肌をいたわってケアをしてみましょう。
今回ご紹介した対策を参考にして、肌トラブルに悩まない自信の持てる肌を目指しませんか?

▶︎INTIME ORGANIQUE オンラインストア

デリケートゾーンが乾燥してかゆい方へ|その原因と対処法をご紹介

「デリケートゾーンがかゆい・・・」
「なんだかかぶれている感じがする・・・」
このようなデリケートゾーンに関するお悩みをお持ちの方がいらっしゃると思います。
デリケートゾーンのお悩みは、誰かに相談しづらい問題ですよね。
そこでこの記事では、このようなデリケートゾーンのお悩みを解決します。

□デリケートゾーンがかゆくなる原因とは?

デリケートゾーンがかゆく感じるのはどうしてなのでしょうか?
その原因は膣の粘膜の乾燥です。
加齢が進むにつれて、膣粘膜の機能は低下してしまいます。
粘膜に潤いがある状態が正常で理想的なのですが、機能が低下した膣粘膜は乾燥した状態になってしまいます。
乾燥が進むと、デリケートゾーンがかゆく感じたり、かぶれているように感じてしまうのです。
乾燥を防止するために、膣の粘液力を高めていくことが大切です。

□粘液力をアップさせる方法

女性ホルモンのバランスが整えることが、粘液力アップの一番の方法です。
身体を冷やしてしまったり、寝不足の状態が続いたりすると、ホルモンのバランスが崩れやすくなってしまいます。
粘液力をアップさせるために何か特別なことをする必要はありません。
バランスの良い食生活を心がけること、規則正しくて十分な睡眠をとること、そして基礎代謝を上げて身体を冷やさないようにすることが大切なのです。

□粘液力を上げる効果がある食べ物まとめ

膣の粘液力を上げるには女性ホルモンのバランスを整える必要があります。
女性ホルモンのバランスを整えるためには、食事から改善するのが一番効果的です。
そこでここでは、女性ホルモン分泌を促進する食べ物をいくつかご紹介します。

*大豆製品

大豆そのものはもちろんですが、豆腐、豆乳、おからといった、大豆を使った製品には、エストロゲンがたくさん含まれています。
エストロゲンは女性ホルモンを分泌するのに必要な物質なので、大豆や大豆製品には女性ホルモン分泌を促進させる効果があると言えます。

*マイタケ

マイタケはグリスリンという物質を含んでいます。
このグリスリンは粘液力を上げるのに効果があると言われている物質です。
また、マイタケにはビタミンB2や鉄分といった、女性に必要であるのに不足しがちな栄養素も多く含まれていますよ。

□最後に

今回は、デリケートゾーンのかゆみのお悩みについて解決策をご紹介しました。
外からのアプローチも大切ですが、身体の内側から改善していくことも非常に重要です。
この記事を参考に、まずは食事から改善してみてはいかがでしょうか。

▶︎INTIME ORGANIQUE オンラインストア

乾燥肌にお悩みの女性必見|簡単に取り組めるボディケアとは?

「季節に関係なく肌がガサガサしがち。」
「うろこ肌が気になる。」
このようなお悩みの方に必見です。
肌の乾燥は、体質による場合も多いので、しっかりとケアをすることが大切です。
では、どのようなボディケアを行うのが効果的なのでしょうか?
今回は、乾燥肌にお悩みの方のために、簡単に取り組めるボディケアをご紹介します。

□スキンケア方法を見直す

女性なら誰もが行っている毎日のスキンケアは、肌の状態を左右する大切なものです。
正しいスキンケアは、クレンジング、洗顔、化粧類、美容液、乳液、クリームの順です。
特に、メイクを落とすためのクレンジングは、なるべく洗浄力の強すぎない、肌に優しいものを選びましょう。
ミルクタイプ、クリームタイプのものはお肌への負担が少ないのでおすすめです。
基本的なスキンケアを終えた後には、保湿クリームを積極的に使うようにしましょう。
クリームを選ぶときは、成分に注目してください。
天然素材のものは肌に優しく、良い効果を与えてくれます。
不要な成分を含んだものは、かえって肌の状態を悪くしてしまう可能性があるので避けましょう。

 

□正しい入浴をする

正しい入浴方法で入浴できていますか?
体を温めることが大事と考えて、高い温度のお湯に頑張って浸かっている方もいるかも知れませんが、実は、熱すぎるお湯はすすめできません。
高温のお湯は皮脂や天然保湿因子を洗い流してしまい、肌の潤いを保つために必要な成分を失ってしまうのです。
38~40度のお湯に15分前後浸かるようにしましょう。
それだけでも十分に体を温めることが可能です。
また、しっかり湯船に浸かることで、血行を改善することもできます。
血行が改善されると、栄養素が体の隅々までいきわたるので、肌の質を改善するのに効果的です。

□自宅では加湿器を使用する

家ではついつい冷暖房を使いがちな方が多いのではないでしょうか?
エアコンの空気は部屋の空気を乾燥させ、肌も乾燥させる原因になります。
そこでエアコンを使うときは、進んで加湿器を使うようにしましょう。
また、こたつに長時間入り続けることも、体の水分を失う原因となりますのであまりおすすめできません。
温かいものを飲んで体の芯から温めたり、ひざ掛けを使用したり、重ね着をしたりと電化製品をなるべく使用しない対策をとりましょう。

 

□さいごに

今回は、乾燥肌を改善するボディケアをいくつかお伝えしました。
どれも簡単なので、参考にしやすいものが多かったのではないでしょうか?
また、ボディケアは続けて取り組むことが大切です。
ある程度の効果が見られるまで継続的に続けましょう。

▶︎INTIME ORGANIQUE オンラインストア

多くの女性が悩まされている冷え性!おすすめの冷え対策をご紹介

女性で冷え性にお悩みの方は多いのでないでしょうか?
普段冷え性ではなくても、冬の寒さによる冷えに悩まされる方もいらっしゃると思います。
冷えが続くと、気分が悪くなったり、手足やお腹が痛くなったりと、体に良くない影響を及ぼします。
そこで今回は、冷えにお悩みの方のためにおすすめの冷え対策をご紹介します。

□冷え性になると何が起こる?

冷え性が引き起こす体への悪影響はたくさんあります。
まず、内臓の働きを悪くして免疫力を低下させ、病気にかかりやすくなります。
特に、風邪や感染症などのウイルス性の病気にかかる可能性が高いです。
また、全身の新陳代謝を悪くすると同時に血の巡りも悪くなります。
血流が滞ってしまうと、肌荒れや抜け毛などのトラブルを引き起こします。
加えて、単純におなかが冷えることで下痢や月経不順を起こしやすくなります。
関係ないと思われがちですが、不眠や肩こりも冷え性が原因というケースも多いのです。

 

□冷えを改善する方法

冷えは対策をとることで改善できます。
冷え性は治らないものだと思って放置しないようにしましょう。
ここからは、冷え性に効果的な対策について説明していきます。

*簡単なストレッチや運動

血行を改善すること、新陳代謝をあげること、自律神経を整えることを目的とした取り組みです。
これらの効果は、冷えの改善に効果的なものばかりです。
無理のない範囲で取り組むようにしましょう。

*栄養バランスの整った食事をする

1日3食という基本的な食事は大切です。
その上で、冷え性を解消するための知識を得て食事を改善していきましょう。
実は、食べ物には体を温めるものと冷やしやすいものがあります。
あなたの知らないうちに、体を冷やしやすい食べ物を取り入れて体を自ら冷やしているかもしれません。
まずは、体を冷やしやすい食べ物は何か調べてみましょう。
また、スパイスを使用した料理は体を温めるのでおすすめです。
発酵食品も腸内環境を整える効果があるので積極的に食事に取り入れましょう。

*しっかり湯船に浸かる

面倒くさいからといってシャワーだけで済ましている方も多いのではないでしょうか?
湯船にしばらく浸かることで、体を芯から温めることができる上に、発汗作用も促進され肌トラブル改善にも効果的です。
お風呂に入る時間がないという方には足湯もおすすめです。

 

□さいごに

今回は、冷えにお悩みの方のために、誰でも簡単に取り組めるおすすめの冷え対策をいくつかお伝えしました。
皆さんの参考にしていただけるものが見つかりましたでしょうか?
冷えが深刻になる冬は特に、早めの対策をとって毎日健康に過ごしましょう。

▶︎INTIME ORGANIQUE オンラインストア

冬の背中の乾燥でお悩みの方へ|乾燥の原因と対策をお伝えします!


冬になると、肌は乾燥しがちですよね。
肌を保湿するために、腕や足にボディクリームを塗っている人も多いのではないでしょうか?
腕や足、そして顔が乾燥するのももちろんですが、意外に乾燥しやすいのは背中です。
背中の状態は自分で見ることができず、変化に気づきにくいですよね。
加えて、自分でケアをすることが難しい部分です。
では、背中の乾燥を解決したいときはどうすれば良いのでしょうか?
そこで今回は、冬の背中の乾燥肌を改善するための対策をいくつかご紹介します。

 

□そもそも背中が乾燥する原因って何?

背中は、他の体の部位よりも皮脂腺が少なく乾燥しやすい場所なのです。
皮脂腺は、皮脂をつくる役割をもっており、体に潤いを与えるために必要なものです。
皮脂腺が少ないと、当然つくられる皮脂も少なくなり、肌が乾燥してしまいます。
特に背中は面積が広いので、皮脂でしか肌を潤せません。
そのため、皮脂が不足し、乾燥を起こしやすくなります。

 

□背中の乾燥を改善するための対策とは?

*しっかり湯船に浸かる

面倒くさいからといってシャワーだけで済ませてしまう方は多いのではないでしょうか?
時間がなくて湯船に入る暇がないという方も、たまには息抜きも兼ねて湯船に浸かってもらいたいものです。

体を温めると肌が潤うと考えて、通常より熱い温度の湯に浸かっているという声をよく聞きますが、実は肌の乾燥の改善方法としては間違っています。
もっとも効果的な入浴は、38~40度程度のお湯に15分前後入ることです。
高い温度のお湯や長い時間の入浴は、かえって肌の乾燥を起こしやすくしてしまいます。
少しぬるめの気持ちの良い適度な温度の入浴を心がけましょう。

 

*服の繊維に気をつける

背中の肌に直接触れる衣服の繊維は思っているよりも重要です。
今までに着ている服の素材が肌に合わず、チクチクして痒みや痛みを感じた経験はありませんか?
服の素材によって肌への摩擦が強く、肌に痒みや痛みを感じてしまうためです。
特に背中は、服に触れている面積が広いので肌への刺激を感じやすくなります。
普段来ている衣類で、ちょっとした痒みやチクチクするといった不快感のある方は、一度肌に触れている衣服の素材を確認してみましょう。

 

□さいごに

今回は、背中の乾燥肌を改善したい方のために対策をお伝えしました。
皆さんの参考にしていただけるものがありましたでしょうか?
肌のトラブルは、きちんとした対策を取ることで改善できます。
自分の肌に合った方法を見つけて冬でも潤った肌を目指しましょう。

▶︎INTIME ORGANIQUE オンラインストア

デリケートゾーンのアンダーヘアは脱毛するべき?その対策をご紹介

「アンダーヘアが気になる・・・」
「脱毛したほうが良いのかな?」
このように思っている方はいらっしゃいませんか?
最近では『VIO脱毛』という、アンダーヘアの脱毛も一般的になってきています。
アンダーヘアを処理するとどうなるのでしょうか。
今回は、アンダーヘアについてご紹介します。

□アンダーヘアを処理すると・・・

*ハミ毛を気にする必要ナシ!

「下着からアンダーヘアがはみ出している・・・」
「毛が気になって、水着も安心して着られない・・・」
このように、アンダーヘアがあるせいでせっかくのかわいい下着や水着を楽しめない、なんてことがあるのではないでしょうか。
アンダーヘアを処理すれば、そのようなお悩みから解消されて、目一杯かわいい下着や水着を楽しめますよ。

*衛生的

女性に毎月訪れる月経ですが、月経期間中には月経血が出ますよね。
アンダーヘアがある状態だと、アンダーヘアに月経血が絡みついてしまいます。
ティッシュペーパーで拭いたとしても、きれいに拭き取れません。
そのままの状態で一日を過ごすのは、衛生的ではないですよね。
においも気になってくるかもしれません。

さらにアンダーヘアは、夏場にはムレの原因になったり、こすれからくる乾燥やかゆみの原因になることもあります。
アンダーヘアを処理すれば、これらのトラブルを未然に防げるのです。
とても衛生的でケアもしやすくなるので、アンダーヘアを処理する人は年々増えてきています。

□アンダーヘアを処理するときの注意点

アンダーヘアを処理すると、様々なメリットがありますが、同時に注意しなければならないこともあります。

*デリケートゾーンを傷つけてしまう危険がある

アンダーヘアをカミソリで処理する場合、デリケートゾーンを傷つけないように注意する必要があります。
体中の皮膚の中でも、デリケートゾーンの皮膚は柔らかく、傷つきやすいのです。
大きな怪我につながらなくても、小さな傷は無数にできてしまうでしょう。
その傷が原因で、デリケートゾーンがかゆくなってしまったり、性感染症に感染してしまうことも考えられます。

*処理方法は脱毛がおすすめ

生えてくる度にカミソリで処理していては、肌を傷つけるばかりです。
医療脱毛やレーザー脱毛を利用して、毛を減らしていくと良いでしょう。

□最後に

今回は、アンダーヘアについてご紹介しました。
海外ではアンダーヘアを処理することはもはや常識となっていて、アンダーヘアを放置している人が多いのは日本人女性くらいなのだとか。
それもそのはず、アンダーヘアを処理すると様々なメリットがあるのです。
今や日本でも一般的になりつつあるアンダーヘアの処理、あなたも検討してみてはいかがでしょうか。

▶︎INTIME ORGANIQUE オンラインストア