【デリケートゾーンケアの冷えに悩む方へ】女性特有の健康面を改善する方法をご紹介

「最近デリケートゾーンをケアしたのですが、冷えが気になってる。どう対処したらいいのだろう?」
「デリケートゾーンをケアすると、健康面にどんないいことがあるのだろう?」
「デリケートゾーンでおすすめのケアの方法があれば、教えてほしい。」
上記のようなお悩みを抱えていらっしゃいませんか?
デリケートゾーンの経皮吸収率は頬や顎の3倍以上もあり、しっかりケアしないとすぐに肌荒れや乾燥が起きます。
デリケートゾーンは角質層がなく、粘膜です。
保湿ケアをはじめ、美容液をきちんと塗ってケアしておかないと、細菌やウイルスが体内に入って健康面に大きく影響します。
そこで今回は、デリケートゾーンのケアが健康面にどう影響するのかを解説し、仕事でとても忙しい方でもデリケートゾーンのケアができる方法をご紹介します。

□デリケートゾーンのケアと健康面の関係

デリケートゾーン、すなわち膣は角質層がなく粘液です。
以下では、デリケートゾーンを膣と表現します。
角質層は、皮膚の表面にあり、バリア機能を果たすものです。
このバリア機能が膣にはありませんので、粘液力が健康に大きく関わってきます。
また粘液力は、体の水分が主成分の粘液を用いて、体内に入った細菌やウイルスなどのような異物を体外に出す力のことです。
以下では膣粘液や免疫力への影響について解説します。

*膣粘液

膣粘液の量や粘度が高いと効果的なポイントは以下の通りです。

・膣内のうるおいを保ち、清浄効果がある

膣は将来、子供が生まれるためのとても大事な場所です。
しかし、膣は加齢と共に弾力や潤いがなくなってきます。
その結果、月経が止まったりして、妊娠しにくい体に変化していくのです。
うるおいを常に保つことで、膣の老化を防ぎ、妊活にも励んで新しい命を授かりやすくなるでしょう。
また膣のかゆみや乾燥、尿もれといった、恥ずかしさから人になかなか相談しにくい問題の改善にもつながります。

・性交しているときの潤滑油のはたらきをして、痛みを軽減する

膣粘液が十分に分泌されていない状態で性交すると、男性器が膣内をそのまま刺激してしまうため、気持ちよさよりも痛さを感じてしまう場合があります。
また女性は、膣粘液は性交しているときは、性的刺激や愛撫などによって膣壁から分泌されるので、十分に分泌されないと焦りを感じてしまい、かえって逆効果になるかもしれません。
その結果、性交に対して前向きになれず、子供ができない焦りなどから男女間でうまくいかないケースもあります。
この痛みを軽減するために、ローションや潤滑ゼリーを使う方もいらっしゃるようです。
しかし、女性の中ではこれらを化学物質と捉えてしまい、自分の膣内に入れることに抵抗がある方もいらっしゃいます。
そのため、普段のデリケートゾーンケアがとても重要です。

・子宮の中に入ってしまった異物をきちんと体外に出す

子宮も何らかの経緯で異物が侵入します。
この異物がホルモンの分泌に影響すれば、髪質の低下、肌荒れなど、美容面で大きな変化をもたらす可能性があります。
また月経周期の乱れ、イライラが止まらない、判断力低下、不眠といった症状を引き起こすこともあります。
女性にとって、ホルモンバランスはとても重要なことですので、分泌量を増やすことはとても重要です。

・膣内の冷えを解消する

膣内に潤いを保つことで、膣内に温かさを届けられます。
その結果、膣の冷えを防いでくれます。
こういった下腹部の冷えはさまざまな症状を引き起こすので、膣内の冷えを解消することでそういった弊害をまとめて解決につなげられるでしょう。

□デリケートゾーンケアの方法

膣粘液の分泌の改善はもちろんのこと、やはりデリケートゾーンのニオイやムレも気になると思います。
そんな方には「アンティーム フェミニン ウォッシュ」がおすすめです。
気になるニオイやムレをしっかりと洗えます。
またデリケートゾーンの保湿にお悩みの方は「アンティーム ホワイトクリーム」がおすすめです。
デリケートな部分でもしっかりとうるおいを与えられるので、肌荒れを改善したいときに効果的です。
最後に、膣の潤いに関するバイブル本として「潤うからだ」という本があります。
こちらは当記事の内容をさらに深掘りし、知識を根底から身につけられるように構成されています。
空いた時間にぜひこの本を読んでみてください。
きっと読む前と読んだ後では、気持ちに大きな変化が生まれているでしょう。

□まとめ

今回は、デリケートゾーンのケアが健康面にどう影響するのかを解説し、仕事でとても忙しい方でもデリケートゾーンのケアができる方法をご紹介しました。
デリケートゾーンケアによって膣粘液力を向上させることがとても重要であることをお分りいただけたでしょうか?
女性の体は男性の体に比べてとても繊細で、さまざまな症状が出やすいです。
自分の体のことをきちんと知ることで、健康な体になれるだけでなく美容面でも改善し、妊娠しやすい体になります。
ぜひこの記事を読んで、膣粘液力を高めていきましょう。

 

▶︎INTIME ORGANIQUE オンラインストア
https://intime-cosme.com/

【ご存知ですか?】デリケートゾーン周辺の環境と認知症のつながり

デリケートゾーンは女性にとって、とても相談しにくいテーマです。

実際に様々な女性の方のお悩みを聞いていると

「そろそろ老後に差しかかるけど、私の介護はどうなるのかな」
「自分の母親が老後に排泄介助を申し訳なさそうにしていたので、自分も今から対策を立てていきたい。でも何からすればいいのだろう」

上記のような悩みを抱えている方が多くなってきております。

悩みの種は多くなりがちですが、一人で抱えこみ、自己流で解決しようとして後悔する結果を招いてしまう方が多いです。
また、こういった心の悩みが増えると、過度のストレスなどから認知症になる可能性があります。
そこで今回は、老後に向けて普段からデリケートゾーンのケアについて心がけたいことや、よくあるお悩みを認知症と関連づけて解説します。

□デリケートゾーンと認知症、対策方法

筋肉の衰えなどから、人はいつか、自分だけでできていたことができなくなります。
そこで介護が必要になってくるのですが、なかなか排泄関連で他の人の力を借りたいと思わない方が大半でしょう。
しかし、そこにある問題は恥ずかしさだけでなく、派生して生まれたストレスなどから病気にかかる危険性も潜在しています。
対策も交えて、具体的にお話していきます。

*認知症とストレスの関連性

歳をとると不安になるのが、認知症に関する問題です。
認知症は、脳自体の異変による一時的要因と、脳以外による二次的要因があります。
ここで注目すべきなのが、二次的要因に含まれる精神的ストレスが原因のパターンです。
介護が必要といった環境の変化や、デリケートゾーンを自分以外の人にさらすこと、排泄関係を他の人の力を借りなければ生きていけない無力感などを感じてしまうかもしれません。
しかし、そういった考え方は認知症を促進させてしまいます。
では、具体的にどうすればいいのでしょうか?
答えはシンプルで、「自分一人ではできないと割りきる心を持つ」です。
デリケートゾーンの悩みで認知症が促進してしまう原因の一つとして、「一人でしなければいけないこと」と思い、介護をしてもらう方に対して申し訳ない気持ちがあったり、情けない気持ちがあることです。
つまり、それを受け入れられる心を持つことが、直接の解決方法になります。
受け入れることはなかなか難しいと思うので、方法をご紹介します。

・家族や友人に相談する

家族や、とても仲の友人であれば、まだ悩みを打ち明けやすいでしょう。
誰かに悩みを話して聞いてもらうだけで、スッと心の障壁が取り壊される経験は意外とたくさん経験してきたのではないでしょうか?
真剣に悩んでいれば、相手もきっと親身になって聞いてくれます。
場合によっては、解決方法を一緒に考えてくれるでしょう。
ぜひ一度、家族や友達に相談することをおすすめします。

・本やブログなどを読んで、悩んでいる方は他にもたくさんいることを知る

一人で抱え込むと、孤独感や寂しさから憂鬱な気持ちになると思います。
思春期によく経験したことだと思いますが、「この悩みを抱えているのは自分だけなのではないだろうか?」と感じてしまうことです。
そんなときには、本やブログなどを読んで、悩んでいる方は他にもたくさんいることを知りましょう。
同じ体は存在しませんので、抱える悩みは人それぞれですが、今の世の中はとても発達していますので、細かな悩みに関する本もたくさん出版されています。
ネットを使って、少し調べてみましょう。
きっと抱えている悩みに関する本が見つかるはずです。
そしてその本が生まれるということは、一定数の方が同じお悩みを抱えている証拠です。
自分にできないことは割り切ると、今後の人生がより明るいものになるといった、前向きな考え方を持ちましょう。

・心理カウンセラーの方に思っていることを聞いてもらう

心理カウンセラーの方は、悩みを聞くプロです。
彼らに相談することで、心の中にある重荷が取れることも少なくありません。
思い切って、心理カウンセラーに会ってみて、相談してみましょう。

*老後でも、一人で排泄できる期間を長くする対策

心理的な障壁を取り除くことが認知症の対策になることをお話してきました。
次は、老後でも一人で排泄できる期間を長くする具体的な対策について解説します。
まず、一人で排泄するのが難しくなる主な原因は、「筋肉の老化」や「習慣の忘却」です。
長い間、重い体をずっと支えてきてくれた足の筋肉は、徐々に衰えていきます。
また内臓も、年月が経つにつれて負荷が蓄積していくため、機能は低下していきます。
そのため、一人でトイレに行く力がなく、立つ姿勢と座る姿勢を繰り返すことが困難になるのです。
さらに、認知症状によって排泄の習慣を忘れます。
その結果、排泄活動を促す支援が必要になります。
これらの解決策は、全身の筋肉、特に足や骨盤底筋群を鍛えることです。
トイレに一人で行けるようになるだけでなく、尿もれや便秘などの問題を解決できます。
偏った食事も内臓に負荷をかけますので、バランスのとれた健康的な食事を心がけましょう。

□まとめ

今回は、普段からデリケートゾーンのケアについて心がけたいことや、よくあるお悩みを認知症と関連づけて解説しました。
他人事と感じず、若いうちからきちんと対策しておくことが、一人で排泄活動できる期間をより長くします。
いつまでも元気な体でいたい方には、「枯れないからだ」という本がおすすめです。
女性の性のお悩みの新常識がびっしり書かれていますので、この一冊で必要なことが完結されています。
ぜひ今日から、考え方を変えて一歩一歩進んでいきましょう。

 

▶︎INTIME ORGANIQUE オンラインストア
https://intime-cosme.com/

【実はこんなことが?!】デリケートゾーンのケアで精神面を改善

女性の体は更年期あたりに、思春期のときと同じように大きな変化が起こります。
その変化が不安に感じ、悩んでいる方はとても多いでしょう。
更年期とは、およそ45歳から55歳の期間を指します。
日本人女性の閉経のタイミングはおよそ52歳と言われているため、この前後5年を更年期と呼んでいます。
テレビやネットでよく聞く「更年期障害」とは、女性ホルモンの急激な低下によるものが原因としておこります。
その結果、不眠やのぼせ、ほてりや頭痛、めまいなどの身体的な変化だけでなく、落ち込みやすくなったり、不安やゆううつな気持ちになりやすいといった精神的な変化が出てきます。
これらは病院で検査してもわからないことが多いため、悩んでいる方はとても多いです。
そこで今回は、更年期や更年期前の体の不調を解決する方法を、デリケートゾーンのケアと恋愛やスキンシップをする観点から具体的に解説します。

□デリケートゾーンのケアが前提

まず、デリケートゾーンのケアを欠かさず行いましょう。
膣内をケアせずに放っておくと、どんどん乾燥していきます。
その結果、膣は萎縮します。
また、粘液の分泌量が減ることで、性行為で痛みを強く感じます。
これが女性の性行為に対する心理的障壁につながり、愛液が分泌されにくくなり、痛みが増す、負のループを生み出します。
このループでは、精神的にも落ち込み気味になりやすく、ストレスや焦りがさまざまな症状を生み出します。
潤いを保つことで粘液の分泌が活発になり、膣内の異物を排出し、愛液の分泌量を増やす効果があります。
これだけでなく、性的な快楽を感じると分泌される「オキシトシン」や「β―エンドルフィン」という快楽ホルモンが活発化されます。
この結果として、心理的障壁は弱くなり、性行為に対して前向きになれます。
定期的なケアは、更年期や更年期前の不調の改善にとても効果的ですので、しっかり行う必要があります。

□精神面の回復の薬は、恋愛やスキンシップをすること

精神面の回復の薬は、実は恋愛やスキンシップが一番です。
「更年期、もしくは更年期前だから関係ない」と思っていらっしゃいませんか?
実は、年齢関係なく、体の不調の改善と恋愛やスキンシップは大いに関係あります。
今一度、みなさんが経験してきたときの恋愛やスキンシップをよく考えてみてください。
その恋愛をしている日々に感じたこと、生活など、できるだけ詳しく思い出してみましょう。
恋愛をすると起こる変化の代表例は、以下の通りです。

*毎日が楽しくなる

好きな人を見たり、一緒におしゃべりしたり、好きな人のことを考える時間ができて、毎日が楽しくなります。
学生時代であれば、早く学校に行きたいという気持ちになったことがあると思います。

*女性として振り向いてもらうため、自分磨きをするようになる

自分の魅力を好きな人に認めてもらうため、今まで服などオシャレに興味がなかったのに、急にこだわるようになった経験はありませんか?
「好きな人によく思われたい」という気持ちから、行動も前向きになります。

*優しい人になる

好きな人ができると、不良をやっていた人も行いを改めることがあるほど、恋愛やスキンシップは影響力があります。
誰にでも優しくなることで、人として厚みが生まれて、魅力が増します。

*いつも明るく、ポジティブな考えを持つようになる

いつも明るい人に、人は幸福を持って集まります。
またポジティブな考えを発信することで、他の人もポジティブな考えになり、連鎖的に幸福を生み出します。

上記のような恋愛やスキンシップをしているとき、幸福を感じる「セロトニン」という脳内ホルモンを分泌しています。
このホルモンを分泌していると、ストレスを感じにくくなります。
その結果、ストレスをため込むこと自体が解決し、ストレスによる体の不調は改善します。
更年期や更年期前でも、恋愛やスキンシップはとても重要です。

□まとめ

今回は、更年期や更年期前の体の不調を解決する方法を、デリケートゾーンのケアと恋愛やスキンシップをする観点から具体的に解説しました。
女性は、いつまでも美しさを保っていたいものです。
そのためには、正しい知識と適切な行動を積み重ねていく必要があります。
閉経や更年期、セックスレスや介護問題など、数え切れないほどある女性特有のお悩みに新しい切り口で解説している、大人女性の悩みのバイブル本があります。
「枯れないからだ」という本で、特に50代前後の方におすすめです。
また、デリケートゾーンに本来ある菌や潤いを保ったまま、気になるニオイやムレをしっかり洗い上げるリキッドソープの「アンティーム フェミニン ウォッシュ」を始めとする「INTIME SUMMER KIT 2019」もおすすめです。
ぜひ、これらを活用してデリケートゾーンをケアし、恋愛やスキンシップをして自分を磨き、更年期前後や更年期に起こる不調を吹き飛ばしましょう。

 

▶︎INTIME ORGANIQUE オンラインストア
https://intime-cosme.com/

意外と知らない!アンダーヘアの正しい処理方法とは!

「デリケートゾーンの毛って、どのような状態がベストなのだろう?」
「アンダーヘアのケアに興味があるが、ケアは本当に必要なのかな?」
など、アンダーヘアのケアについて、疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
デリケートゾーンのケアをする時、アンダーヘアをどうするべきか悩まれる方も多いでしょう。
日本を含むアジアには、アンダーヘアがセクシーであるという文化があり、
デリケートゾーンを守るためにアンダーヘアは必要だという考えもあるようです。
しかし、デリケートゾーンを清潔に保つために、アンダーヘアは取り除くことをお勧めします。
今回は、正しくアンダーヘアを処理する方法について、ご紹介します。

□アンダーヘアのケアが必要な理由

*ムレや臭いを抑えるため

膣まわりには、汗や皮脂などが分泌される汗腺があります。
分泌された汗などによって、ムレたり、臭いが発生したりして
そこに毛があるとムレがひどくなる可能性もあります。
さらに、毛の生え際などに、皮脂がたまってしまうと、酸化して嫌な臭いや炎症を引き起こす原因になってしまうかもしれません。
排泄する時に、アンダーヘアに尿や便が付いてしまう場合があります。
毛についてしまうと、拭き取ることが困難なため清潔な状態とは言えないでしょう。

*摩擦によるダメージを防ぐため

アンダーヘアがあると、動くたびに毛がデリケートゾーンをこすってしまいます。
そのため、デリケートゾーンの黒ずみがひどくなってしまう場合があります。
また、摩擦が起こることによって、肌にダメージを与え、膣まわりが乾燥する原因になるかもしれません。

□正しい処理の方法

*処理を行う部分

水着を着るときなどに、毛が横からはみ出してくることを防ぐために、Vラインのアンダーヘア処理を行なっている方は、日本でも多いようです。
しかし、本当にケアすべきなのは、IラインとOラインでしょう。
Oラインとは肛門のまわり、Iラインとは膣まわりのことを意味します。
その2つの部分の毛を取り除くことで、デリケートゾーンを清潔に保てるでしょう。

*どのくらい残せばいい?

清潔に保つためや、ケアのしやすさを基準として考えると、デリケートゾーン全体の毛を取り除くことが望ましいでしょう。
しかし、毛を全部取り除くことに抵抗がある方もいらっしゃるでしょう。
抵抗がある方はVラインだけ残すことをお勧めします。
海外では、Vラインの形を自分好みで変える方もいるようです。
お洒落をするような感覚で、アンダーヘアの処理を楽しんでみるのも良いかもしれません。

*処理を行うタイミング

アンダーヘアの処理は、若いうちから行うことが理想的です。
レーザー脱毛では、レーザーが毛の黒い色素に反応することで、脱毛効果が期待できます。
そのため、白髪になってしまうと効果が現れません。
個人差はありますが、白髪は20代から出てくる場合もあるため、早めにケアを始めた方が良いでしょう。

*進化しているアンダーヘアの処理技術

VIOラインのケア方法は多様化、進化しています。
アンダーヘアの処理をする方法にも、レーザー脱毛やブラジリアンワックスなどがあります。
それぞれのアンダーヘア事情によって、適した方法は違うでしょう。
施術方法によって、かかる時間や費用も変わるので注意してください。
毛量・毛質・毛の量などを参考に、自分に合った処理方法を見つけましょう。
また、現在は脱毛を専門的に扱っているサロンなどで、アンダーヘアの脱毛を行うことが一般的です。
しかし、技術の発展により、将来は自宅で手軽に脱毛を行えるようになるかもしれません。

□アンダーヘアの処理を行うことによるメリット

*デリケートゾーンのケアが楽になる

毛がないと手入れが格段に手軽になります。
デリケートゾーンは皮膚を保護する角層がありません。
そのため、その他の体の部分とは違うケアが必要になるでしょう。
そのケアの1つが、デリケートゾーン専用のソープで洗うことです。
毛がないと、丁寧に洗うことが簡単になるでしょう。
膣まわりのケアを怠ると、不妊やセックスレスなどの症状につながることもあります。
そのため、デリケートゾーンのケアを手軽に行えるようにするためにも、アンダーヘア処理をすることをおすすめします。

*膣まわりへの意識が高まる

デリケートゾーンの毛を処理することで、デリケートゾーンの状態がよくわかるようになります。
例えば、月経血やおりものが出ることをわかるようになるかもしれません。
アンダーヘアの処理を始めることが、膣まわりのへの意識を高めるためのきっかけになるでしょう。

□まとめ

今回は、正しいアンダーヘアの処理方法について、ご紹介しました。
日本は、海外と比べるとアンダーヘアのケアに対して意識が低いことが現状です。
しかし、アンダーヘアを含めたデリケートゾーンのケアは、将来の自分のためにも大切なことです。
さらに、詳しく知りたい方は、植物療法士である森田敦子著書『潤うからだ』を読んでみてはいかがでしょう。

この本では、デリケートゾーンケアの大切さや女性のからだに関わることが詳しく紹介されています。

 

▶︎INTIME ORGANIQUE オンラインストア
https://intime-cosme.com/

知っておくべき!膣まわりを清潔で健康的に保つための方法!

「デリケートゾーンを清潔に保つためには、どのようなことに注意すればいいのだろう?」
「膣まわりはどのように洗えばよいのかを、教えてほしい。」
など、デリケートゾーンをきれいにする方法について、お悩みの方も多いと思います。
自分の体のためにも、デリケートゾーンのケアは大切です。
しかし、どのようにケアを行うかについて教えてもらうことって、なかなかないですよね。
また、オープンに話すことが難しい話題のため、友達とも恥ずかしくて情報交換できないかもしれません。
今回は、膣まわりを清潔で健康的に保つための方法についてご紹介します。

□肛門まわりの汚れを残さない

*お尻の正しい拭き方

肛門は膣の近くにあるため、お尻も丁寧に拭く必要があります。
大切なことは、ゴシゴシと強く拭き取るのではなく、やさしく拭き取ることです。
強い力を加えると、肛門まわりの皮膚を傷つけてしまうかもしれません。
しかし、便が残ってしまうと、臭いだけでなくムレやかゆみの原因になってしまいます。
そのため、お尻はやさしく、しっかりと拭き取る必要があるでしょう。
日本では普及しているウォシュレットを、活用するのも良いでしょう。
ウォシュレットを正しく使用することで、お尻の穴をしっかりと洗浄できます。
お尻の穴だけでなく、そのまわりの汚れを落とすために、ウォシュレットの洗浄水を肛門まわり全体に当てるように意識すると良いでしょう。

□洗う時に注意すべきお尻の特徴

普段見えない場所のため、どのような特徴があるのかを知らない人も多いのではないでしょうか。
肛門まわりの特徴を知り、適切な方法で清潔に保ちましょう。

*毛が生えている

見えづらい場所のため、気づかないかもしれませんが、お尻の穴のまわりには毛がたくさん生えています。
排便の際に、それらの毛に便が付いてしまう場合があります。
また、拭き取るときに使うトイレットペーパーが毛に絡んでしまい、トイレットペーパーのカスが残ってしまうかもしれません。
便やトイレットペーパーが残っていると、臭いが強くなる可能性があるので、注意が必要です。

*放射線状のシワ

お尻の穴を中心として、外へ広がるような形のシワがあります。
つまり、肛門まわりはデコボコになっているということです。
溝となる場所には、トイレットペーパーや便が溜まりやすい傾向にあります。
そのため、表面だけでなく、シワの間も忘れずに洗うようにしましょう。

□デリケートゾーン全体をきれいに保つための注意点

膣まわりを清潔で健康を保つためには、肛門まわりをきれいにするだけでは、不十分です。
デリケートゾーン全体をきれいする必要があります。
そのために、注意すべき点についてご紹介します。

*お湯だけでは汚れを落としきれない

「ボディーソープを使って、ゴシゴシと強めに洗う。」
「デリケートなところだからと、石鹸などを使わずお湯だけで洗う。」
以上のような洗い方は、膣まわりにとって避けるべき洗い方です。
デリケートゾーンは敏感なため、手で洗うことは鉄則ですが、お湯だけでは汚れを落としきれない場合があります。

*ボディーソープは刺激が強い

顔や腕、足など体の大部分は、肌を守る役目を果たす角層というバリアがあります。
しかし、膣まわりには角層がありません。
そのため、体を洗うために作られている、ボディーソープや石鹸の洗浄力は、デリケートゾーンには刺激が強すぎるようです。
刺激の強い洗浄剤を使うことで、汚れだけでなくうるおいまでも、洗い流されてしまうかもしれません。
そのため、膣まわりを洗う際は、デリケートゾーン専用のソープを使うことをオススメします。
頭はシャンプーで、体はボディーソープで洗うことと同じように、デリケートゾーンの特徴にあった洗浄剤を使用しましょう。

□ハイジーンシートの活用

*ハイジーンシートとは

ハイジーンシートとは、デリケートゾーン専用のウェットティッシュです。
肛門まわりや膣まわりなど、拭き取り方に注意すべき点が多い場所の拭き取りにぴったりのシートです。
携帯できるものが発売されている商品もあります。
ハイジーンシートを活用することで、デリケートゾーンを清潔に保てるだけでなく、乾燥を防いでくれるでしょう。
また、おりものが多いときに活用することで、かゆみや臭いを抑えられるかもしれません。

*おすすめの商品

「アンティーム ハイジーンシート」

デリケートゾーンを優しく洗浄するためのシートです。
たくさんのご要望により、開発されました。
パッケージもおしゃれで、携帯できるようになっています。
このシートがあれば、外出中にムレやニオイが気になっても、さっと拭き取れるでしょう。
また、使用後はトイレに流せるため、とても簡単に使用できます。
相手と距離が近くなるデートの前や、生理の時、また旅行の時などに使用しましょう。

下記画像をクリックすると商品情報をご覧いただけます。
ぜひご覧ください。

□まとめ

今回は、膣まわりを清潔で健康的に保つための方法についてご紹介しました。
デリケートゾーンは他の体の部分とは異なるケアが必要です。
また、お尻は汚れが残ってしまいやすい部分です。
正しい洗い方を知ることで、膣まわりを清潔に保ちましょう。

 

▶︎INTIME ORGANIQUE オンラインストア
https://intime-cosme.com/

デリケートゾーンのケア不足が原因!?3つの症状とは?

デリケートゾーンのケアを怠ることが原因となって、起こるトラブルや
ケアを行うことで得られるメリットについて教えてほしい!!
上記のようにデリケートゾーンのケアの効果について、疑問をお持ちの方も多いと思います。
海外では当たり前のように、デリケートゾーンのケアが行われていますが、
日本のデリケートゾーンのケアに対する意識は低い傾向にあります。
意識を高めるためには、デリケートゾーンのケアの重要性を知ることが大切です。
そこで今回は、デリケートゾーンのケア不足によって引き起こされるトラブルや症状、オススメのケア商品などについて詳しくご紹介します。

□引き起こされる3つの症状

*不妊

膣まわりのケアを怠っていると、膣が委縮してしまう可能性があります。
膣が萎縮してしまっている状態では、妊娠しやすいとは言えません。
妊娠しやすいからだにするためには、生活習慣や食生活を正すだけではなく、膣まわりのケアも大切です。
膣まわりのケアを行うことで膣力を高められるかもしれません。
締め付ける膣力があれば、お互いの感度も高まり、妊娠しやすい状態につながるでしょう。
また、良い粘液を出す膣力があれば、粘度の高い粘液がたくさん分泌され、パートナーの精子が受精することを助けてくれます。

*セックスレス

加齢とともに膣は乾燥しやすくなります。
しかし、現代では若い女性でも膣が乾燥し、萎縮してしまうことが増えている傾向にあります。
膣が萎縮している状態では、膣液が分泌されにくくなり、セックスの際に痛みを感じてしまうでしょう。
その痛みから、セックスをしたいと思わなくなってしまう可能性もあります。
性的に興奮することがなくなり、さらに乾燥が進むという悪循環に陥ってしまいセックスレスにつながるかもしれません。

*出産時の負担の増加

普段膣口は2~3センチメートルほどの小さな穴です。
出産の時には、その穴から約3000グラムの赤ちゃんが出てきます。
その際、膣まわりが硬い状態だと、膣が広がりにくく苦しい出産になるかもしれません。
普段から、オイルマッサージなどの膣まわりのケアをしておくことで、出産時の出血や痛みを抑えられる可能性があります。
また、出産で大きなダメージを受けた膣を、ケアすることも大切です。
保湿効果のあるラベンダーのエッセンシャルオイルなどが含まれたオイルでケアすることで、痛みが早くおさまる傾向にあります。

□オススメのケア用品

デリケートゾーンのケアを始める際、まずケア用品を手に入れましょう。
しかし、日本では、デリケートゾーン専用のケア用品を見かけることは、少ないです。
しかし、店頭に並んでいなくても、素晴らしい商品はたくさんあります。
中でも、オススメのデリケートゾーン専用のケア用品を挙げていきます。

*アンティーム フェミニン ウォッシュ

デリケートゾーン用のリキッドソープです。
ボディーソープなどは、大きく石鹸ベースと石油由来の洗剤ベースの2つに分けられます。
一般的にスーパーなどで売られているボディーソープは、石油由来のものがほとんどです。
つまり、ソープという名前で呼ばれていますが、実際は洗剤に近いものです。
一方で、リキッドソープは石鹸ベースの女性のお肌にも優しい石鹸です。
固形石鹸は使いにくいと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、リキッドソープは液体のため、手軽に使用できます。

下記画像をクリックすると商品情報をご覧いただけます。
ぜひご覧ください。

*アンティーム ホワイトクリーム

デリケートゾーン用で、保湿や美白効果のあるクリームです。
乳首やワキ、Vラインなど、デリケートな部分のケアに使用できます。
オリーブオイルから抽出された天然原料が配合されているため、お肌にうるおいや柔軟性を与えてくれるでしょう。
また、美白効果が期待できるため、デリケートゾーンの気になる黒ずみを改善できる可能性があります。

下記画像をクリックすると商品情報をご覧いただけます。
ぜひご覧ください。

*アンティーム ローズローション

デリケートゾーンにうるおいを与えてくれるジェルローションです。
とろみがある肌触りで、植物の力でお肌をぷるぷるに保ってくれるでしょう。
使用する際には、すり合わせて温めた手に、アンティーム ローズローションを適量とります。
それを塗布することで、デリケートゾーンにうるおいを与えられることでしょう。

下記画像をクリックすると商品情報をご覧いただけます。
ぜひご覧ください。

 

□まとめ

今回は、デリケートゾーンのケア不足によって引き起こされる症状や、オススメのケア用品についてご紹介しました。
現在の日本では、デリケートゾーンのケアというと、恥ずかしい話題のひとつかもしれません。
そのため、デリケートゾーンに関する情報が不足し、日本人女性のデリケートゾーンのケアに対する意識は低いままになっています。
このままでは、将来デリケートゾーンに関わる症状で悩まれる方が、増加する可能性があります。
自分の将来のためにも、デリケートゾーンのケアはとても大切なことです。
症状が現れることの防止や症状の緩和のために、今回ご紹介したケア用品を使用してみてはいかがでしょうか。

 

▶︎INTIME ORGANIQUE オンラインストア
https://intime-cosme.com/

海外のデリケートゾーンのケア事情!日本は遅れている?!

海外におけるデリケートゾーンのケアについて、疑問をお持ちの方も多いかもしれません。

・日本ではあまり話題に上らないが、海外ではどうなのかを知りたい。

・日本のデリケートゾーンのケアに対する意識は、世界規模で見ると遅れているのだろうか?

親しい外国人の友達がいない限り、外国人の方に直接尋ねるのは困難です。
また、現地に行くことも大変ですので、なかなか海外のデリケートゾーンのケアについて知ることは少ないと思います。
今回は、デリケートゾーンに関する海外と日本の意識の差についてご紹介します。

□海外と日本の意識の差

*デリケートゾーンのケアに対する考え

日本では、顔や腕、足など見える部分のケアは入念に行われます。
しかし、デリケートゾーンのケアを行う人は少ないと思います。
何か特別な理由があり、ケアをしないのではなく、デリケートゾーンはケアをすべき部分という意識がそもそもないようです。
一方、海外では、デリケートゾーンのケアは積極的に行われています。
ケアを行うことが普通で、エチケットのひとつとして捉えられているようです。

*教育面

日本では、性について詳しく学ぶことは珍しいでしょう。
学校や親子間でも、デリケートゾーンに関わる話題は避けられる傾向にあります。
一方で海外では、第二次成長期頃に学校で、性行為や妊娠について詳しく学びます。
さらに、同時期に母親がデリケートゾーンのケアなどについて家庭で教えます。

*意識が高い国フランス

フランスでは、デリケートゾーンのケアは当たり前のことと認識されており、ケア用品が豊富に販売されています。
フランスでは、有名な高級デパートでもデリケートゾーン専用のケア用品を購入できます。
また、それらは特別な売り場が設けられているわけではなく、化粧品などと並んで販売されています。
売り場では、若い女性から80代のご高齢の方まで幅広い年代の方が、デリケートゾーンのケア用品を選んでいる様子が見受けられます。
さらに、フランスでは、普段だけではなく妊娠中もデリケートゾーンのケアを行うことが一般的です。
ケア方法の1つに、オイルマッサージがあります。
オイルマッサージによって、膣まわりをやわらかくすることで、出産時の負担が減ると言われています。

□オススメのケア用品

日本では、デリケートゾーン専用のケア用品を見かけることは少ない傾向にあります。
しかし、ケア用品が全くないわけではありません。
素晴らしいケア用品もたくさんあります。
その中でも、オススメのデリケートゾーン専用のケア用品を紹介していきます。

*アンティーム フェミニン ウォッシュ

デリケートゾーン用のリキッドソープです。
リキッドソープとは、石鹸由来でお肌に優しい液体石鹸のことを指します。
ボディーソープなどは、大きく石鹸ベースと石油由来の洗剤ベースの2つに分けられます。
一般的にスーパーなどで売られているボディーソープは、石油由来のものがほとんどです。
つまり、ソープという名前で呼ばれていますが、実際は洗剤に近いものなのです。
一方で、リキッドソープは天然の植物原料にこだわった女性のお肌にも優しい石鹸です。
固形石鹸は使いにくいと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、リキッドソープは液体のため、手軽に使用できます。
デリケートゾーンのケア用品には、原料までこだわりたい方にお勧めです

下記画像をクリックすると商品情報をご覧いただけます。
ぜひご覧ください。

*アンティーム ホワイトクリーム

デリケートゾーン用で、保湿や美白効果のあるクリームです。
乳首やワキ、Vラインなど、デリケートな部分のケアに使用できます。
オリーブオイルから抽出された天然原料が配合されているため、お肌にうるおいや柔軟性を与えてくれるでしょう。
また、美白効果が期待できるため、デリケートゾーンの気になる黒ずみを改善できる可能性があります。
上記でご紹介した「アンティーム フェミニン ウォッシュ」と「アンティーム ホワイトクリーム」がGLOW 『40代が選ぶBeauty itemグランプリ〜デリケートゾーンケア部門〜』で1位に選ばれています。

下記画像をクリックすると商品情報をご覧いただけます。
ぜひご覧ください。

*アンティーム ローズローション

デリケートゾーンにうるおいを与えてくれるジェルローションです。
テクスチャーはとろみがあり、植物の力でお肌をぷるぷるに保ってくれるでしょう。
使用する際には、すり合わせて温めた手に「アンティーム ローズローション」を適量とります。
それをデリケートゾーンに塗布することで、うるおいを感じられることでしょう。

下記画像をクリックすると商品情報をご覧いただけます。
ぜひご覧ください。

□まとめ

今回は、デリケートゾーンに関する海外と日本の意識の差や、オススメのデリケートゾーンのケア用品についてご紹介しました。
フランスなどでは、デリケートゾーンのケアが当たり前のように行われています。
一方で、現在の日本では、デリケートゾーンのケアについては、話すことが恥ずかしい話題のひとつかもしれません。
しかし、デリケートゾーンのケアは自分の為にも、愛する人のためにも大切なことです。
今回ご紹介したケア用品を、使用してみてはいかがですか?

 

▶︎INTIME ORGANIQUE オンラインストア
https://intime-cosme.com/

デリケートゾーンのマッサージについて解説します!

最近、エイジングケアのためにデリケートゾーンのお手入れをする方が増えてきています。

デリケートゾーンは、女性の最も大切な部分です。

欧州では、デリケートゾーン専用のケアをするのは当たり前となっています。

イギリスの医学会では「face」を顔ではなくデリケートゾーンと解釈することがあるように、顔のスキンケアと同じようにデリケートゾーンのケアを行います。

しかし、日本ではケアをしない人がほとんどです。

デリケートゾーンのケアは、セックスレスの原因にもつながってしまいます。

デリケートゾーン専用のソープを購入して洗ったり、専用のクリームやオイルなどでマッサージをしたりしましょう。

今回は、デリケートゾーンのマッサージケアについてご説明します。

 

□デリケートゾーンってどういう状態が良いの?

デリケートゾーンは普段あまり人に見せる部分ではありませんが、女性にとってとても大切な部分です。

年齢を重ねるごとに膣粘液の分泌量は低下します。

更年期になるにつれて膣内は乾燥し、膣壁が薄くなるということもあり得ます。

膣が乾燥すると、皮膚がシワシワになってしまったり、粘膜が薄くなったりしてしまいます。

そのために、ケアをして膣粘液がしっかりと分泌され潤いを保つことが必要です。

これにより、エイジングケアにもつながるだけでなく、ムレやかゆみなどの日々の悩みの解消につながります。

また、日々のケアとして専用のアイテムを使うことで、単に汚れが落ちるだけではなく、潤いなど美容面での効果が得られます。

ボディーソープで洗うだけの方も多いと思いますが、専用のローションでマッサージをすることによって、膣に潤いを与え、ローションの成分が体に浸透していきます。

デリケートゾーンを「乾燥させない」だけでなく、「潤いを与える」という点も意識してみてください。

□何を使ってマッサージすればいいの?

*アンティーム ローズローション

とろみのあるテクスチャーでべたつかず、デリケートゾーンをプルプルにしてくれる商品です。

オーガニック原料にこだわっているためお肌に優しく、食用香料を使用したローズの香りで癒されます。

また、コラーゲンの生成をサポートしたり、代謝を促進して皮膚の修復力を高めたりする作用のあるザクロ種子油が配合してあるため、アンチエイジングの効果もあります。

この商品を使うことで、デリケートゾーンのもっちりとした粘性、高い保湿効果を期待できます。

 

この商品を使って、膣周りをマッサージしていきましょう。

□どうやってデリケートゾーンをマッサージするの?

膣をより潤し、やわらかくするには洗うだけではなく、マッサージをする必要もあります。

デリケートゾーンをマッサージするには、専用のオイルやローションがおすすめです。

繊細な部分ですので、なるべく化学成分が使用されておらず安全なオイルを選ぶようにしましょう。

*膣周りの構造

まず、正しくケアができるように膣周りの構造についてご説明します。

膣というのは挿入できる部分で、膣口というのはその入り口です。

その膣口を両サイドで囲むビラビラのヒダのようなものが小陰唇、その周りにある外側の大きなヒダは、大陰唇です。

膣口の前の部分にあるものが尿道口、また小陰唇の上部分についているのが快感をもたらすクリトリスです。

 

*マッサージの方法

デリケートゾーンは乾燥させてはいけない部分ではありますが、最も乾燥しやすい部分でもあります。

そのためお風呂あがりに体を拭く前、デリケートゾーンに専用のオイルやローションを塗ります。

その際水分は、軽く払う程度で大丈夫です。

水分とほどよく混ざりあい、乾燥を防ぐことができるからです。

デリケートゾーンに塗り込むようにマッサージをしていきましょう。

2日から3日に1度だけでも大丈夫ですので行いましょう。

*マッサージの効果

マッサージをすることで、膣の敵である乾燥を防ぐことができます。

膣が乾燥してしまっていては、指が1本も入らなくなってしまうことがあります。

すると、デリケートゾーンの老化や、セックスをした時に痛みを感じるようになってしまいます。

また、膣をマッサージすることで、出産の時の膣の痛みが軽減され、赤ちゃんが出やすくなるという効果もあります。

 

□まとめ

今回は、デリケートゾーンのマッサージケアについてご説明しました。

デリケートゾーンを丁寧にケアすることで、老化を防ぐことができます。

女性として輝くためには、デリケートゾーンのケアをしっかりとすることが重要です。

80代でもデリケートゾーンのケアをしている方がいるように、年齢は関係なく女性であればケアを怠らないようにしましょう。

更年期障害の影響はこんなところにも!デリケートゾーンのケア、始めませんか?

「最近体調がよくないな…」

体調不良の原因は様々ですが、女性ならではの問題としては体の変化が考えられます。

その一つとして年齢を重ねるにつれて起こるデリケートゾーンの老化です。

このお悩みは、日々のデリケートゾーンケアを見直すことで改善できるかもしれません。

デリケートゾーンのケアをあまり意識していなかった方も中にはおられるかと思います。

そんな方にもお役立ていただけるようデリケートゾーンケアの必要性から簡単な方法までをご紹介します。

□デリケートゾーンのケアはどうして必要なの?

 

日本ではあまりデリケートゾーンのケアは一般的ではありません。

ケアと言っても具体的に何を使ってどうすればいいのかがわからない方がほとんどだと思います。

しかし、女性にとってデリケートゾーンは体調や美容も含めて非常に重要な部位です。

排泄や月経だけでなく、恋人とのコミュニケーションや出産などいつも膣周りが重要な役目を果たしています。

膣周りの環境が女性の体の健康を担っている一つだと言っても過言ではありません。

こういった意識から欧米ではデリケートゾーンケア用品がデパートの化粧品売り場と並んで売られていたりと一般的です。

デリケートゾーンも肌や髪と同様に、きちんと洗って、クリームやローションで保湿、オイルでマッサージなど日々のメンテナンスしておく必要があります。

では実際に、デリケートゾーンのケアが不足してしまうとどういった影響が出てくるのでしょうか?

*気になるあの蒸れやニオイはデリケートゾーンのケア不足から

 

デリケートゾーンのケア不足で一番多く認識されているのが、蒸れやニオイです。

これはケア不足もありますが、実はそもそものデリケートゾーンケアの方法が間違っている可能性が高いのです。

例えばデリケートゾーンのヘアはどのように処理していますか?

下着から見えないよう、Vラインをきれいに整えている方は最近では多いですよね。

Vラインこそ増えてきていますが、膣周辺のIラインや肛門周辺のOラインはどうでしょうか?

あまりIライン、Oラインをきれいに整えている方は少ないと思います。

Iライン、Oラインのヘアが残っていることで、拭き残しなど汚れが溜まってしまうことで蒸れや臭いが発生します。

また、膣周辺の恥垢と呼ばれる白い垢は臭いの元です。

後にご紹介する方法で、日々正しいケアを意識してみてください。

 

*膣の乾燥は更年期障害につながる!?

 

膣粘液が分泌される量には、女性ホルモンの影響が大きく関係しています。

そのため、年を重ね更年期に近づいてくると、だんだん膣は乾燥しやすくなってしまいます。

実は膣が乾燥すると、粘膜が薄くなってしまうため、膣周りの皮膚がたるんでしわの目立つデリケートゾーンになってしまうのです。

さらに膣が乾燥すると、血の流れが悪くなり、指さえも入らない事態となる危険性があります。

 

□デリケートゾーンの正しいケア方法

ここまで、デリケートゾーンのケア不足がどのような問題を引き起こすのかについてご紹介しました。

ご自身の日ごろのケアを思い返して不安になった方もいるかもしれません。

では実際に、デリケートゾーンはどのようにケアするのが正解なのでしょうか。

*デリケートゾーンの汚れの落とし方

 

まずはデリケートゾーン用のソープを用意し、よく泡立てていきます。

膣から一番遠くにあるひだを大陰唇と呼び、膣のすぐ外にあるひだは小陰唇と呼びます。

大陰唇、小陰唇のひだを指先でつまみ、丁寧に洗っていきましょう。

このとき、力を入れすぎたり、爪を立ててしまったりしないようにすると安全です。

この時、ひだの裏側の汚れに注意してください。

裏側にある白い汚れは恥垢と呼ばれる垢で、デリケートゾーンのニオイの原因となってしまいます。

放置してしまうとかゆみの元にもつながるので、きれいにするようにしましょう。

 

*デリケートゾーンに潤いを与える

デリケートゾーンは粘膜に覆われています。

そのため、粘液が出にくくなっているのは健康に問題があるサインです。

粘液が十分に出る「粘液力」の高い状態を保つことで、異物の侵入を防ぎ、ホルモンバランスを整える手助けをしてくれます。

デリケートゾーンを洗った後は、専用のローションを適量とり、手で温めてから塗布するようにしましょう。

 

□デリケートゾーンのケアは洗うだけではない!

*マッサージをしてデリケートゾーンの萎縮を防ぐ

ローションで保湿するだけでなく、オイルでマッサージをすることも効果的です。

膣が萎縮してしまうと更年期での不調の原因にもつながります。

ヘアケアをする際には、頭皮用のシャンプーを使い、コンディショナーやトリートメントをします。

フェイスケアであれば、肌に使うのに適した化粧水や乳液を使います。

これらと同じように、デリケートゾーンのケアにはデリケートゾーン専用のものを使う必要があります。

当社の製品の中でもデリケートゾーンの保湿におすすめなのが、「アンティーム ローズローション」です。

植物由来の成分を利用し、乾燥したデリケートゾーンに潤いを与えることができます。

使い方としては、オイルを丁寧にデリケートゾーンに塗り、指先でゆっくりなじませていきます。

毎日行わなくても2〜3日に1回のくらいで約1分間マッサージしてください。

□まとめ

今回は、デリケートゾーンのケアについて詳しくご紹介しました。

デリケートゾーンを適切にケアすることで、更年期障害や精神的なストレスからくる膣の乾燥を防ぎ、より健やかで美しくいることができますよ。

この記事を読んだ方が、女性にとって重要なデリケートゾーンを適切にケアし、今よりいきいきと生活することができれば幸いです。

ゆらぎ世代のデリケートゾーンケア。方法は?

「デリケートゾーンも老化する」

このような話を耳にしたことがある方はいませんか?

中にはこの情報について、半信半疑である方もいるかもしれません。

デリケートゾーンが老化すると、様々なトラブルが起きてしまいます。

しかし、それをどう対処すれば良いのかわからない方も多くいらっしゃいます。

そこで今回は、ゆらぎ世代のデリケートゾーン老化を防止するためにどのようなケアができるのかについてお話しします。

□ヨーロッパと日本のデリケートゾーンケアについて

ヨーロッパや欧米諸国などの国に比べ、日本の女性のデリケートゾーンに対する意識は低いと言われていることをご存知ですか?

デリケートゾーンは、女性の暮らしにおいてとても重要な場所です。

毎日の排泄はもちろん、毎月来る月経や恋人とのコミュニケーション、妊娠から出産までに関わっている部位なのです。

これほど私たちの生活に密接に関係しているデリケートゾーンですが、そのケアにまつわる知識は日本ではほとんど教育されていません。

学校はもちろん、自身が教えられた経験がないためか、母親が娘に教えないことも多くあります。

一方、ヨーロッパではデリケートゾーンについてきちんと教育が行われていることが多いです。

母親が娘に、デリケートゾーンを専用の洗剤で丁寧に洗ったり、クリームやオイルを使って保湿、さらにマッサージしたりすることを教えるのは非常に一般的なことです。

近年では、日本のカップルや夫婦が多くセックスレスを経験しています。

対するヨーロッパのカップルや夫婦は、年を重ねてもセックスレスにはなりづらい傾向があります。

だからこそ、ヨーロッパではいくつになってもデリケートゾーンに対する意識が高いのかもしれません。

 

□デリケートゾーンも年齢とともに変化する?

 

冒頭で、「ゆらぎ世代のデリケートゾーンケア」ということについて触れました。

デリケートゾーンがお肌や髪、体型と同じように年を重ねるにつれて変化していくのは事実です。

では、デリケートゾーンが老化するとどうなるのでしょうか?

実は、膣周りが老化すると、膣は乾燥しやすくなっていくのです。

本来であればデリケートゾーンは粘膜に覆われ、分泌された粘液で潤っている状態にあります。

この粘液は体の中に細菌やウイルスが入ってくることを防ぎ、免疫力を高めてくれます。

加齢に伴ってこの膣分泌液の量が少なくなり、膣が乾燥してくることで、免疫力が下がってしまうのです。

また、この粘液は女性ホルモンの分泌にもかかわっているため、膣の乾燥は老化をさらに早めることにつながります。

この膣の乾燥は、放置しておくとさらに他の症状を引き起こします。

まず、膣の乾燥が進んで粘膜が薄くなることで、デリケートゾーンの皮膚がたるんでしわができてしまいます。

さらに、血の巡りが悪くなって膣が委縮し、指さえ入らなくなってしまう危険性もあるのです。

□デリケートゾーンの正しいケア方法

*デリケートゾーンにも専用ソープを

まずはデリケートゾーン用のソープをしっかり泡立てましょう。

膣から一番遠くにあるひだは大陰唇、その内側にあるひだは小陰唇と呼ばれています。

この大陰唇と小陰唇のひだを指先でやさしくつまむように洗いましょう。

このようなひだの裏側は、恥垢と呼ばれる白い垢がたまりやすい場所でもあります。

恥垢をそのままにすることは、かゆみやニオイの原因につながってしまいます。

強く洗ったり、爪が立ったりして傷つかないようにしながら丁寧に洗うのがポイントです。

 

デリケートゾーンは繊細な部位なので、専用の洗剤を使って洗うようにしましょう。

当社の製品の中で洗浄におすすめなのは、「アンティーム フェミニンウォッシュ」です。

洗いすぎて常在菌まで失ってしまうことのない、やさしい洗いあがりのデリケートゾーン用ソープです。

 

*デリケートゾーンの保湿

入浴を済ませた後は、体や顔のお肌に化粧水や乳液を塗る方が多いですよね。

これと同様に、デリケートゾーンにも保湿が必要なのです。

デリケートゾーンを保湿するのに当社の製品の中でおすすめなのは「アンティーム ローズローション」や「アンティーム ホワイトクリーム」です。

植物由来の成分を使用しており、やさしく保湿することができます。

どちらも適量取り、温めた手で塗布しましょう。

ホワイトクリームはバストトップや脇にも使用でき、黒ずみをケアすることもできます。

*デリケートゾーンのマッサージ

デリケートゾーンは、オイルを使ってマッサージすることもできます。

全体にオイルを塗り、指先を使ってなじませながらマッサージしましょう。

このオイルも、デリケートゾーンに使える専用のものを使ってくださいね。

 

□まとめ

今回は、膣の老化を防ぐための適切なデリケートゾーンのケア方法についてご紹介しました。

健康的で美しく自信のある自分でいるためにも、デリケートゾーンのケアは慎重に行うのが重要です。

ぜひ正しいケア方法をさっそく試し、デリケートゾーンの老化防止に努めていきましょう。