【春は肌が荒れがち?】うるおいを保つ方法とは?

「春になったのに、肌が乾燥している…。」
「春の保湿対策が知りたい!」
このようにお困りの方はいらっしゃいませんか?
せっかく長い冬が終わったのに、何だか肌の調子が良くないなんてことになると、何だか気分も落ち込んでしまいますよね。
ですが、実は多くの人がこの春の肌トラブルに悩んでいるんです。
今回は、春の肌トラブルのなかでも、乾燥対策について詳しくお話します!

◻︎春は肌が乾燥しやすい

 

春といえば、暖かくて、ぽかぽかした天気が多イメージがありますよね。
ですが、暖かいからといって、肌の保湿ケアをサボってはいけません。
実際は春の空気はとても乾燥しているんです!
春の暖かいお天気をもたらすのは、移動性高気圧ですね。
この高気圧は乾燥した空気を多く含んでおり、春は暖かいとは言え、空気が乾燥した状態が続いています。
これが肌トラブルの原因になるんです。

◻︎春の保湿ケア

 

乾燥対策には肌の保湿が欠かせません。
春に注意して欲しいのは以下の2つ。
入念な肌の保湿を忘れないこと、そして素早く保湿をすることですね。

*入念な保湿を心がける

 

肌が不安定な状態になりやすい春は、普段の保湿よりもしっかりと肌を保湿しましょう。
現在、化粧水や乳液しか使用していない方は、保湿クリームなども合わせて使ってみてはいかがでしょうか?
保湿クリームを塗ることで、肌表面の水分蒸発を防ぎ肌の潤いを守ることができます。

*すぐに保湿をする

 

お風呂上がりや洗顔後の保湿はすぐに行うことがポイント。
肌表面の水分はすぐに蒸発してしまいます。
乾燥した空気のなかで、肌を無防備な状態で露出するのはよくありません。
洗顔後や入浴後は、すぐに肌に化粧水を入れましょう。

◻︎肌のバリア機能をあげる

 

乾燥しがちな肌を守るには、肌本来のバリア機能を高めてあげることも重要です。
春にはこの肌のバリア機能を低下させる大きな要因があります。
それが「花粉」ですね。
花粉対策として、花粉を皮膚に触れさせないために、マスクやサングラスの着用を心がけましょう。
また、洗顔時には泡をしっかり泡立てて、優しく毛穴から花粉を押し出すイメージで顔を洗って下さい。
こうすることで、花粉症による肌のダメージを最小限食い止め、肌の乾燥も予防できます。

◻︎まとめ

 

今回は春の肌の乾燥にお悩みの方に、おすすめの保湿方法と乾燥対策をご紹介しました。
暖かくなっても、肌は不安定な状態が続くので油断は禁物ですね。
ぜひ今回の記事を参考にしっかり保湿ケアを怠らず、綺麗なお肌を保って下さい。

【春の肌のかゆみはなぜ起きる?】原因と対策について解説

「春先になると、なんだか肌が痒い…。」
「肌のかゆみを軽減する方法ってないの?」
このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか?
普段は敏感肌じゃないのに、春の期間だけ肌が痒くなってしまうこともあるかもしれません。
実は、春限定でこのような肌の揺らぎに悩む方は少なくありません。
今回は、そのような方に向けて、春先の肌のかゆみの原因と対策についてお話します!

◻︎春は肌がゆらぐ季節

 

肌のかゆみの原因は様々ですが、主な原因として乾燥肌と敏感肌が挙げられます。
普段は敏感肌じゃない方も、春になるとなぜか肌が弱くなったという経験はありませんか?
一般的に春は肌の調子が揺らぐ季節と言われており、「春の揺らぎ肌」という言葉もあるほど。
もとから敏感肌の人はもちろん、そうでない方も苦しむ肌の不調とは一体何が原因なのでしょうか?

◻︎原因と対策

 

春の肌の揺らぎの原因は、寒暖差による肌の乾燥、紫外線や花粉による敏感肌が挙げられます。
肌が乾燥している状態や、刺激に敏感になってしまうと、肌にかゆみを感じることが多くなります。
では具体的に、乾燥肌と敏感肌の原因と対策を見ていきましょう。

*肌の乾燥

 

春は急に温度が上昇するため、肌表面から蒸発する水分量も多くなります。
その急激な温度の上昇に肌の機能がついていけず、肌表面から水分が失われ、肌が乾燥状態に陥ってしまうのです。
また、春のお天気をもたらす移動性高気圧は、乾燥した空気を多く含んでいるので、春の肌は冬よりも乾燥した状態になってしまうことも…。

「乾燥肌対策」
肌の乾燥肌対策には、肌の保湿を十分に行うことが最も重要です。
加湿器などを使って部屋の湿度を一定に保ちましょう。
また、冬が終わったからと油断せずに化粧水や乳液に加えて、保湿クリームなどを毎日のスキンケアに使用してみてはいかがでしょうか?

*敏感肌のかゆみ

 

春には急激に紫外線量が増加し、花粉も飛びます。
冬の気候に慣れた肌はこれらの刺激に対して、過剰な反応を起こしてしまいます。
これが敏感肌の人が感じるかゆみの正体ですね。

「敏感肌対策」
敏感肌のならないために重要なのは、紫外線や花粉などの原因をブロックすること。
紫外線から肌を守るためには、春から日焼け止めを使用しましょう。
春先だからと油断せずに、普段からUV効果のある化粧品を使ってみてもいいかもしれません。
花粉を肌に付着させないためには、マスクやサングラスの着用をおすすめします。
それでも花粉は顔のどこかには付いてしまうもの。
帰宅したら洗顔料を細かく泡立てて、念入りに顔を洗って下さいね。

◻︎まとめ

 

今回は春先の肌のかゆみに悩む方に向けて、原因と対策にをご紹介しました。
春先は多くの人が肌の不調を感じるもの。
ですが、しっかり対策をすれば、乱れた肌の調子は整えることができます。
春の肌の揺らぎにお悩みの方は、ぜひこの記事を参考にして下さいね。

乾燥が気になる春の肌に。ツヤツヤ肌になれるメイク方法

季節の変わり目は肌のゆらぎが気になる時期です。
いつも以上に肌が乾燥するという方もいらっしゃることでしょう。
肌のコンディションが悪いと、メイクをするのもためらってしまいますよね。
とはいえ、ノーメイクで外出するのは気が引けます。
そこで今回は、乾燥にお悩みの方に向けたメイク方法についてご紹介します。

 

□冬から春の季節の変わり目に要注意

冬は室外の空気が乾燥していることに加えて、室内では暖房が効いています。
そのため、冬場は十分な保湿を心掛けている方も多いのではないでしょうか。
しかし、冬から春にかけて季節が変わっていく時期も空気は乾燥したままです。
冬が終わったと思って油断をしていたら、すぐに肌トラブルを起こしてしまいます。
それに加えて、冬から春にかけては急激な気温・気圧の変化や、環境の変化によるストレスなどが重なる時期です。
肌のバリア機能が一番低下しやすい時期なので、いつも以上肌の様子を観察する必要があります。

 

□肌が敏感になってしまったときは

「季節の変わり目に肌が敏感になってしまった」
「乾燥肌が悪化している」
このように肌の調子が悪くなってしまった人でも、毎日メイクをしなければいけません。
少しでも肌に負担が少ないメイクを心掛けたいものですよね。
メイクを行う前にスキンケアを行うと、肌への負担がぐっと軽減されることをご存知ですか。
普段はもちろんですが、乾燥が気になる場合は特にスキンケアのステップをきちんと踏むようにしましょう。
乾燥対策には保湿あるのみですよ。

□乾燥対策になるベースメイク方法

顔全体を覆うベースメイクは、工夫次第で乾燥対策にもなります。

*化粧下地

まずは、保湿効果の高い化粧下地を選びましょう。
いきなり肌にファンデーションを広げるのではなく、先に化粧下地を塗るのが重要です。
肌とファンデーションを密着させることができるので、粉吹きを防止することができます。

*ファンデーション

ファンデーションはパウダータイプではなく、ツヤツヤに仕上がるクッションファンデーションがおすすめです。
リキッドファンデーションを使用している方は、ファンデーションに乳液を混ぜて使用してみてください。
既存の製品よりも保湿力の高いリキッドファンデーションにすることができます。
どのタイプのファンデーションでも、ポンポンとスタンプのように優しくなじませることを意識すると良いでしょう。

*パウダー

メイクの仕上げのパウダーも保湿成分入りのものをチョイスしてください。
目元や口元にたくさんつけると乾燥の原因になるので、皮脂の分泌が多いTゾーンにさっと軽く乗せるだけで十分です。

 

□まとめ

今回は、乾燥にお悩みの方のメイク方法についてご紹介しました。
メイク前のスキンケアとベースメイクにおいて保湿を意識することで、乾燥を和らげることができるのですね。

▶︎INTIME ORGANIQUE オンラインストア

【冬、顔が冷えて辛い方へ】顔冷えの悪影響と対策とは

寒い冬に露出している顔が冷え切ってしまって困っている方はいませんか?
冷えに悩む女性は多いですが、特に顔の冷えを感じている方は要注意です。
顔冷えは肌にもたくさんの悪影響を与えるので今すぐ対策をすることをオススメします。
そこで今回は、顔の冷えとり方法についてご紹介します。

 

□顔冷えは何が悪い?

まず、顔の冷えがどんなダメージをお肌に与えるのか解説します。
寒い冬には顔がひんやりすることを当然のように見過ごしがちですが、冷えている状態がどんな悪影響を及ぼすのか知っていれば対策を練る必要性も理解していただけるのではないでしょうか。

*乾燥

冷えはお肌のターンオーバーを乱すので、皮脂や汗の分泌量が足りなくなり乾燥肌の原因となります。

*シミ・くすみ

ターンオーバーの乱れで、メラニン色素の排出が遅くなりシミやくすみを引き起こします。

*むくみ

冷えている状態だと血行が悪くなり、リンパ流れが滞り老廃物の排出がうまくいきません。
その結果顔のむくみが起こってしまいます。
むくみはたるみやほうれい線などの悩みにも繋がります。

*シワ

乾燥により目元のシワや小ジワが目立ちやすくなります。

*クマ

血行が悪くなることで青クマの原因にもなります。

 

□顔冷えはどういう状態?

上記のように悪影響が想定される顔冷えになっているかどうかは、手の温度との違いで確認できます。
外気に当たらない環境で、手が通常通りの温度の時に顔の手を当ててみてください。
手よりも顔の温度が低いということは顔が冷えてしまっている状態であるとわかります。
そもそも顔冷えとは医学用語ではなく、顔が冷え性状態にあることを指して使われる言葉です。
もともと手足にも冷え性があり代謝の低い方は顔にも冷えが出ているリスクが高いかもしれません。

 

□対策をするには?

そんな顔冷えを防ぐにはどうしたらいいのでしょうか?
いくつか簡単にできる対策方法をご紹介します。

*マスク

最も手軽な顔冷え対策の方法です。
外気に直接触れず、冬の冷たい風から顔を守れるので一定の効果が期待できます。

*首回りの防寒

首をマフラーやネックウォーマーなどでしっかり保温しておくようにすると、血行を維持できて顔の温度も高く保ちやすくなります。

*洗顔はぬるま湯で

顔を洗うときの水を冷水ではなく、33度程度のぬるま湯にするようにしましょう。
洗顔後に顔を拭くタオルも暖かい蒸しタオルを使えばなお効果的です。

*スキンケアする手を暖かく

化粧水をなじませたり、クリームを抑え込んだりする手をあらかじめ温めてからスキンケアをすることも効果的です。

*湯船に浸かる

シャワーで簡単に済ませたくなる時もあるかもしれませんが、しっかり湯船に浸かって体から温めておくことも重要です。

*手や顔をマッサージする

神経の集中している手肌をマッサージすることで血流が良くなり、全身が活性化します。
顔周りのリンパを流すようにすることも効果的です。

 

□まとめ

今回は顔の冷えとりはどうやったらできるのかについてご紹介しました。
寒いだけではなくて、美容や健康の面でも大変良くない顔冷えはしっかり対処しておきましょう。
ぜひ今回の記事を参考に、体と肌のためにも顔冷えの対策を試してみてください。

▶︎INTIME ORGANIQUE オンラインストア

冬の乾燥が起こす辛いかゆみを抑える方法をご紹介します

「冬になると体がかゆい」
「乾燥のかゆみが辛い」
何も生活は変えていないのに冬になると全身のかゆみに悩まされていませんか?
生活の中で意識しておけば冬のかゆみにも対策が可能です。
今回は冬の体のかゆみを抑えるにはどうしたらいいのかお伝えします。

 

□入浴の温度

入浴するときの温度を40度以上にするのは避けましょう。
熱いお風呂はあたたまるように感じるかもしれませんが、肌へのダメージが高くなります。
皮脂が奪われてしまうことで感想が逆に悪化してしまうのです。
浸かる時には40度より低いお湯にじっくり浸かりましょう。

 

□体の洗い方

入浴時に体を洗う時にも注意すべき点がいくつかあります。
まず体を洗うタオルやスポンジは柔らかく肌に優しいものを選びましょう。
肌荒れのある部位は手で洗うことをおすすめします。
ボディーソープも刺激の少ないものを意識して買うことが重要です。
力をかけずよく泡だてたソープで撫でるように洗うのがダメージの少ない洗い方です。

 

□体の拭き方

お風呂から上がった後も肌をこすらない意識を忘れてはなりません。
軽く押し当てるようにバスタオルを使って優しく水分を拭き取りましょう。

 

□入浴後の保湿

入浴後はなるべく早く保湿しましょう。
ここのスピードがかなり大事になってきます。
まだ濡れているかと思うくらいの時にクリームやジェルを塗ってしまうのがおすすめです。
お風呂から上がったらすぐ、という意識で保湿を行うのが効果的です。

 

□肌に優しい衣類

肌に刺激の少ない衣類の着用も乾燥によるかゆみの軽減に効果があります。
特に肌に直接触れるインナーなどは木綿や絹といった滑らかな素材を選んでみてください。

 

□部屋の湿度

寒い冬には暖房器具を活用して部屋の温度を上げますが、使いすぎは肌を乾燥させかゆみの原因になります。
暖房の風向きや強さの調節や、こたつや電気カーペットの併用をなるべく避けるなど暖房器具による空気の乾燥を最小限にすることも重要です。
加湿するアイテムを利用して、部屋の湿度に気を配ってみるのもいいかもしれません。

 

□食事

ビタミン豊富な食材を意識してたくさん摂取するようにしましょう。
ビタミンは代謝の向上に効果があるので、肌の乾燥も改善してくれます。
また、かゆみを引き起こすヒスタミンという物質を放出させる食材を食べ過ぎないことも重要です。
魚介類や卵白、トマトやチョコレートが代表的なものです。

 

□まとめ

今回は冬の乾燥によるかゆみを抑える方法についてご紹介しました。
乾燥する冬でも、保湿を効果的に行えば快適に過ごせるかもしれません。
ぜひ今回の記事を参考に乾燥対策をしてかゆみを解消してみてください。

▶︎INTIME ORGANIQUE オンラインストア

冬はなぜ乾燥肌になるの?原因と対策を解説します

一年の中で冬は特に乾燥に悩まされる女性は多いのではないでしょうか。
寒い上に肌もパリパリになってしまうと憂鬱ですよね。
なぜ冬になると乾燥してしまうのかご存知ですか?
乾燥する理由を理解して、効果的に対策をすることが重要です。
そこで今回は冬の乾燥の原因と対策方法についてご紹介します。

 

□主な原因

気温が低い冬は空気自体が乾燥し、肌がカサカサしてしまう季節です。
その中でも冬の乾燥肌を悪化させている恐れのある原因をいくつかご紹介します。

*暖房器具

エアコンから出る乾燥した風は部屋の空気を乾燥させる大きな原因です。
電気ヒーターやコタツも湿度を下げる要因になります。

*ストレス

ストレスが原因で肌のターンオーバーが乱れ、皮脂の分泌が適正に行われなくなると乾燥肌の悪化の原因になります。

*睡眠

睡眠時間の不足や不安定な睡眠習慣は細胞の再生や修復が正常に行えなくさせます。

*食事の偏り

十分な栄養が摂取できていないと、肌に栄養が行き届かず乾燥した不健康な肌になってしまいます。
食生活が乱れていたり、栄養に偏りがあったりすると肌の乾燥の大きな要因になります。

*入浴方法

湯船の温度や洗い方によっては入浴が肌の乾燥を悪化させているケースもあります。
暑すぎるお湯や力をかけて擦る洗い方だと、拭き方で皮脂が奪われて乾燥肌の悪化につながります。

 

□できる対策

上記のような乾燥肌の原因にどのような対策が有効なのか解説します。

*部屋の湿度管理

部屋の温度を適切に保つことも重要ですが、湿度にも十分に気をつけましょう。
エアコンの風は弱めにし、直接当たることのないように調整してみてください。
暖房器具の併用は最小限にして、空気の乾燥をなるべく防ぐようにしましょう。
加湿器や加湿アイテムを活用して部屋の湿度を高く保つようにすることもおすすめです。

*十分な睡眠

毎日同じ時間に規則正しく睡眠をとりましょう。
7〜8時間の睡眠を、22時から2時の間を含めてとるのが理想的ですが、難しいという人もできる範囲で時間帯の調節を心がけてみてください。
時間の融通には限度がある方も、照明や香りなどで最大限にリラックスした状態で睡眠に入れる工夫で効果を高めることができます。

*ビタミン摂取

バランスを考えて、栄養豊富な食材を摂る意識をすることが大事です。
健康的な肌に欠かせないビタミンを様々な食材から摂るようにしてみましょう。
どうしても毎日十分に摂るのは大変な栄養素もあると思います。
無理せずにサプリメントなども活用して、毎日続けることが一番重要です。

*ダメージの少ない入浴

湯船や洗顔に使う水の温度は40度以下にして、肌を擦らないようにしてください。
洗うときも体を拭くときも軽く撫でるように優しく肌に触れることがダメージを抑えるコツです。

 

□まとめ

今回は冬の乾燥肌について解説しました。
一年の中で乾燥が一段とひどくなるという方は、ぜひ今回の記事を参考に対策をしてみてください。

▶︎INTIME ORGANIQUE オンラインストア

バレンタインデートのための肌ケア!乾燥に負けない肌作りのポイントを教えます

バレンタインを前にして、肌の調子を気にしている方も多いのではないでしょうか。
冬の乾燥は、バレンタインに気合いを入れたい女性の大敵です。
そこで今回は冬の乾燥を乗り切るためのスキンケア方法についてご紹介します。

 

□クレンジング

保湿に注目することも大事ですが、まずは汚れをしっかり落としつつ肌の水分を流してしまわないクレンジングを意識することが大事です。
乾燥に悩む方にはバームのクレンジングがオススメです。
クレンジングを均一に肌にのせ、力をかけすぎずに丁寧に洗ってみてください。

 

□クリーム

保湿効果の高い化粧水などをつけた後にしっかり蓋をしてくれるクリームにも気を遣ってみてはいかがでしょうか。
特に乾燥が気になるところには重点的に塗り込んでみてください。
最後に手のひらでプッシュして肌に浸透させましょう。

□食事に注意する

乾燥した肌には洗顔後のケアで解決しようと思いがちですが、生活習慣の見直しが案外一番効くことも多いです。
乾燥した肌には、肌の土台になるタンパク質を意識的に摂取することが大事でしょう。
タンパク質には、コラーゲンやヒアルロン酸といった代表的な美肌に良い栄養を始め、イソフラボンやビタミンも豊富に含まれています。
乳製品・肉・大豆製品・卵・魚といったタンパク質をバランスよく摂取するようにしてみてください。
特に、皮のついた鶏肉や、魚の水煮はコラーゲン豊富なためおすすめです。
どうしても食べきれない部分はサプリなどで無理せず補填することも続けるコツのひとつかもしれません。

 

□睡眠をしっかりとる

肌の水分保持力を底上げするには、睡眠が欠かせません。
日中は脳に集まっている血液が、睡眠の間は全身に行き渡り、肌に栄養を行き渡らせることのできる時間だからです。
深い睡眠とされているノンレム睡眠の間に細胞の修復や再生が行われるため、健康的な肌のために効果的な睡眠が必要です。
できるだけ十分な睡眠時間を固定してとるようにしましょう。
7〜8時間が肌にも体にもいいと言われている睡眠時間です。
わかっていても忙しくて時間がないという方も多いかもしれません。
肌のゴールデンタイムとも言われる22時から2時の間で睡眠をとることが最も理想的ですが、22時に寝るのは難しい人も、少しでもこの間の睡眠時間が増えるように時間帯に注意してみてください。
どうしても時間のないときでも、睡眠の質を上げるために寝る前の携帯電話や照明にも気を配り、よりリラックスした状態で眠りに落ちることができるようにすることも効果的です。

 

□まとめ

今回は冬の乾燥肌に効果的な肌ケア方法をご紹介しました。
乾燥に対して保湿だけではなく、生活習慣の改善からもケアを行ってみてください。
カサカサ肌でバレンタイン当日を迎えることのないように、ぜひ今回の記事を参考に肌ケアを見直してみてください。

▶︎INTIME ORGANIQUE オンラインストア

冬の肌荒れでお悩みの方必見!おすすめのスキンケア法とは?

「冬になると特に肌荒れがひどい。」
そう感じる方も多いのではないでしょうか?
冬は、冷たい空気によって血の巡りが悪くなったり、代謝が悪くなったりします。
それらが原因で、肌の乾燥や肌荒れなどのトラブルを起こすことが多いです。
では、このような肌荒れを解決するには何をすれば良いのでしょうか?
そこで今回は、誰でも簡単に取り組めるスキンケア方法をご紹介します。

□優しい洗顔やクレンジングを使用する

メイクを毎日している女性は、もちろん毎日クレンジングを使用しますよね。
そこで、多くの人が勘違いしやすい点があります。
それは、メイクをしっかり落とそうとして、洗浄力の強いミネラルオイルなどの成分が配合されたものを選ぶことです。
それらは、肌に刺激を与えてしまうので、肌がもともと持っている、潤いのために必要な成分も一緒に洗い流してしまうのです。

また、ごしごし洗ったり、タオルで強く顔を拭き取ったりすることもおすすめできません。
肌に強い摩擦を与えると、セラミドや天然保湿因子という必要な成分を失ってしまいます。
優しく触れるように肌のスキンケアを行いましょう。

□保湿クリームをこまめに塗る

保湿は、冬の肌を乾燥させないためにとても重要です
保湿クリームをこまめに継続的に塗り続けることで、肌の潤いを保てます。
寝る前や、ふと乾燥を感じたときにマッサージするように塗りましょう。
同時に軽くマッサージをすることで血行を良くすることができ、必要な栄養素が隅々まで届きやすくなるので、肌の質が改善されるという効果も期待できます。
できれば、乾燥を感じる前に日頃から塗るようにすると、潤いを保ちやすい肌をつくれるのでおすすめです。
また、保湿クリームも成分を見て選ぶ必要があります。
なるべく無添加成分で、自分の肌と相性の良いものを選びましょう。

 

□熱いお湯を使用しない

肌に良いと勘違いして、洗顔のときに熱いお湯を使用する人は意外に多いです。
肌は思っているよりも刺激を感じやすいので、熱すぎるお湯はかえって刺激を与えてしまいます。
そのため、少しぬるいくらいのお湯で洗顔することをおすすめします。

 

□さいごに

今回は、冬の肌荒れを改善するスキンケア方法をご紹介しました。
スキンケアは毎日する重要な取り組みです。
その毎日のスキンケアを改善することで、あなたの肌の状態は少しずつでも良くなります。
一度、あなたの今のスキンケア法を見直してみましょう。
また、今回ご紹介したスキンケアは、今日からでもすぐに取り組める方法ばかりですので、ぜひ参考にしてみて下さい。
冬の寒さにも負けない潤ったお肌を目指しましょう。

▶︎INTIME ORGANIQUE オンラインストア

冬の乾燥が引き起こす顔の痒みを解決したい方へ|効果的な対策とは?

冬の冷たい空気が影響して、顔が乾燥してお悩みの方は多いのではないでしょうか?
その症状は時に痒みも伴います。
顔の痒みは、我慢したくてもどうしても気になってしまいますよね。
では、その痒みを伴う顔の乾燥はなぜ起こるのでしょうか?
また、それを解消できる対策は何があるのでしょうか?
今回は、これらのギモンにお答えします。

□乾燥で顔が痒くなるのはなぜ?

女性は、年齢とともに肌の保湿成分が失われ、乾燥しやすい肌になってしまいます。
乾燥肌になると、肌に様々なトラブルが起きる可能性が高くなります。

その症状の1つとされるのが、痒みです。
肌が乾燥していることは、肌の表面を守る皮脂や水分が少なくなっていることを意味します。
そのため、外部からのちょっとした刺激にも過敏に反応し、痒みにつながるのです。
痒みは厄介な症状で、あまりの痒さに耐えられず顔を触ってしまったり、かいてしまったりする人が多いかと思います。
更に顔の肌を傷つけることになり、症状は悪化する一方になってしまいます。

 

□顔の痒みに効果的な対策

*肌に優しいスキンケア用品を使おう

女性が毎日行っている基本的なスキンケアは、肌の状態をつくる大切な取り組みです。
このスキンケア用品が肌に適していないものや、肌にとってあまり良くない成分が含まれていると、肌の質は悪くなってしまいます。

そうならないためにまずは、スキンケアを見直してみましょう。
基本的なスキンケアは、クレンジング、洗顔、化粧水、乳液、クリームです。
クレンジングに関しては、洗浄力の強いものや拭き取ってメイクを落とすタイプは選ばないようにしましょう。
肌のトラブルを悪化させてしまう可能性があります。
洗顔、化粧水、乳液もそれぞれ肌質に合ったもので、できれば無添加の成分を含んだものを使用することをおすすめします。
重要なのは、最後の保湿クリームです。
乾燥が原因で引き起こす痒みなのですから、乾燥を解決することが何よりも効果的です。
毎日きちんと保湿クリームを塗り続けることで、肌の潤いを保つことができ、痒みのような肌トラブルを予防できます。

*刺激の強い食べ物を控える

刺激の強い食べ物は、顔の毛穴を広げて体の温度をあげようとするので、ニキビをつくりやすくなってしまいます。
肌への負担を減らすために、刺激が強めの食事はなるべく減らすようにしましょう。

*室内で加湿器を使用する

冬の部屋の中はみなさんが思っているよりも乾燥しています。
そんな乾燥した空気は肌の潤いを奪い、ガサガサした肌になりがちです。
そうならないためにも、加湿器を常につけておきましょう。
肌が潤いを取り戻せば、自然と肌の痒さもおさまるはずです。

 

□さいごに

今回は、特に痒みを伴う肌荒れの改善方法をお伝えしました。
肌の問題は、正しい対策をとることで改善できます。
また、肌を改善するためのケアは毎日継続することが大切です。
できるときは念入りにしっかり肌をいたわってケアをしてみましょう。
今回ご紹介した対策を参考にして、肌トラブルに悩まない自信の持てる肌を目指しませんか?

▶︎INTIME ORGANIQUE オンラインストア

乾燥肌にお悩みの女性必見|簡単に取り組めるボディケアとは?

「季節に関係なく肌がガサガサしがち。」
「うろこ肌が気になる。」
このようなお悩みの方に必見です。
肌の乾燥は、体質による場合も多いので、しっかりとケアをすることが大切です。
では、どのようなボディケアを行うのが効果的なのでしょうか?
今回は、乾燥肌にお悩みの方のために、簡単に取り組めるボディケアをご紹介します。

□スキンケア方法を見直す

女性なら誰もが行っている毎日のスキンケアは、肌の状態を左右する大切なものです。
正しいスキンケアは、クレンジング、洗顔、化粧類、美容液、乳液、クリームの順です。
特に、メイクを落とすためのクレンジングは、なるべく洗浄力の強すぎない、肌に優しいものを選びましょう。
ミルクタイプ、クリームタイプのものはお肌への負担が少ないのでおすすめです。
基本的なスキンケアを終えた後には、保湿クリームを積極的に使うようにしましょう。
クリームを選ぶときは、成分に注目してください。
天然素材のものは肌に優しく、良い効果を与えてくれます。
不要な成分を含んだものは、かえって肌の状態を悪くしてしまう可能性があるので避けましょう。

 

□正しい入浴をする

正しい入浴方法で入浴できていますか?
体を温めることが大事と考えて、高い温度のお湯に頑張って浸かっている方もいるかも知れませんが、実は、熱すぎるお湯はすすめできません。
高温のお湯は皮脂や天然保湿因子を洗い流してしまい、肌の潤いを保つために必要な成分を失ってしまうのです。
38~40度のお湯に15分前後浸かるようにしましょう。
それだけでも十分に体を温めることが可能です。
また、しっかり湯船に浸かることで、血行を改善することもできます。
血行が改善されると、栄養素が体の隅々までいきわたるので、肌の質を改善するのに効果的です。

□自宅では加湿器を使用する

家ではついつい冷暖房を使いがちな方が多いのではないでしょうか?
エアコンの空気は部屋の空気を乾燥させ、肌も乾燥させる原因になります。
そこでエアコンを使うときは、進んで加湿器を使うようにしましょう。
また、こたつに長時間入り続けることも、体の水分を失う原因となりますのであまりおすすめできません。
温かいものを飲んで体の芯から温めたり、ひざ掛けを使用したり、重ね着をしたりと電化製品をなるべく使用しない対策をとりましょう。

 

□さいごに

今回は、乾燥肌を改善するボディケアをいくつかお伝えしました。
どれも簡単なので、参考にしやすいものが多かったのではないでしょうか?
また、ボディケアは続けて取り組むことが大切です。
ある程度の効果が見られるまで継続的に続けましょう。

▶︎INTIME ORGANIQUE オンラインストア