【冬なのに汗くさい】気になる匂いの対策方法とは?

いくら薄着でも汗をかく暑い夏と反対に、寒くて着込む冬にも汗の匂いに困ることはありませんか?
外気の侵入と熱の保持に効果的なインナーは寒い冬に欠かせないアイテムですが、その分汗をかきやすく蒸れてしまいます。
冬の汗の匂いに悩んでいる方に向けて、対策方法をご紹介します。

 

□こまめな洗濯を行う

冬の洋服は、ニットなど夏よりも洗濯の頻度を低くしがちな衣服が多くなります。
とはいえ、暑い時期よりも蒸れやすい素材の服が多く、雑菌の繁殖は匂いの原因になるのでこまめな洗濯を心がけましょう。
ニットを洗っても傷みにくい洗剤やネット、洗濯機のおしゃれ着モードなど工夫をすればこまめに洗っても案外服を長持ちさせることもできるかもしれません。

 

□脇汗パッドを使う

そうはいってもかさばって傷みやすい冬服を夏服と全く同じよう洗濯し続けるのは難しいと思う方もいるのではないでしょうか。
脇汗パッドはシミの気になる薄着の季節のイメージがあるかもしれませんが、冬服の蒸れにも有効です。

 

□脇毛の処理も徹底する

脇の露出がなくなる冬には脇毛の処理をしないという方も多いかもしれません。
しかし、これを放置しすぎると雑菌の繁殖の温床になってしまいます。
匂いが気になる方はこまめに処理をするようにするといいでしょう。

 

□制汗ケアも行う

夏のようにたくさん汗をかかない分、冬には制汗剤を使わなくなる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
汗の量が少ないと代謝が落ちて汗の質が悪くなり、匂いがより気になるようになります。
冬でも汗拭くシートで肌を清潔にし制汗剤を塗れば、汗を抑えることができ匂いの対策になります。
いい香りの制汗剤を使えば、汗を抑えて匂いも気にならなくなりますね。

 

□薄着になれるようにする

寒い冬ですが、厚着をしているだけあって軽い運動で暑くなってしまったり、暖房が効いていて暑くなったりするものです。
防寒は大切ですが、暑くなったときや暖かい部屋に入ったときに簡単に薄着になれる格好を心がけておくと汗の蒸れを改善できます。

 

□食生活を改善する

冬はクリスマスや年末年始などのイベントも多く、食生活が荒れがちな季節でもあります。
ただでさえ代謝の落ちる季節なので、バランスを意識した生活を意識することも効果的です。
汗の量が減る冬は水分補給もおろそかになりやすいので、水分を意識的に多く摂るようにして汗の質を向上させましょう。

 

□入浴はしっかりする

寒さで入浴が億劫になってしまう冬でもしっかり欠かさないようにしましょう。
雑菌が繁殖しにくい環境を作るためにも毎日の入浴は大切です。
また湯船に浸かると汗腺を鍛えることができるので、匂いの強いベタベタ汗を防ぐためにも効果的です。
半身浴で汗をかいておけば、匂いの強い低質な汗を日中かかないようになるため非常におすすめです。

 

□まとめ

今回は冬の汗の匂いに、効果的な対策方法をお伝えしました。
防寒しつつも汗の悩みを解消するためには、案外日頃の手入れから気をつけておくことが重要かもしれません。
ぜひ今回の記事を参考に、冬の汗の匂い対策を試してみてはいかがでしょうか。