冬はなぜ乾燥肌になるの?原因と対策を解説します

一年の中で冬は特に乾燥に悩まされる女性は多いのではないでしょうか。
寒い上に肌もパリパリになってしまうと憂鬱ですよね。
なぜ冬になると乾燥してしまうのかご存知ですか?
乾燥する理由を理解して、効果的に対策をすることが重要です。
そこで今回は冬の乾燥の原因と対策方法についてご紹介します。

 

□主な原因

気温が低い冬は空気自体が乾燥し、肌がカサカサしてしまう季節です。
その中でも冬の乾燥肌を悪化させている恐れのある原因をいくつかご紹介します。

*暖房器具

エアコンから出る乾燥した風は部屋の空気を乾燥させる大きな原因です。
電気ヒーターやコタツも湿度を下げる要因になります。

*ストレス

ストレスが原因で肌のターンオーバーが乱れ、皮脂の分泌が適正に行われなくなると乾燥肌の悪化の原因になります。

*睡眠

睡眠時間の不足や不安定な睡眠習慣は細胞の再生や修復が正常に行えなくさせます。

*食事の偏り

十分な栄養が摂取できていないと、肌に栄養が行き届かず乾燥した不健康な肌になってしまいます。
食生活が乱れていたり、栄養に偏りがあったりすると肌の乾燥の大きな要因になります。

*入浴方法

湯船の温度や洗い方によっては入浴が肌の乾燥を悪化させているケースもあります。
暑すぎるお湯や力をかけて擦る洗い方だと、拭き方で皮脂が奪われて乾燥肌の悪化につながります。

 

□できる対策

上記のような乾燥肌の原因にどのような対策が有効なのか解説します。

*部屋の湿度管理

部屋の温度を適切に保つことも重要ですが、湿度にも十分に気をつけましょう。
エアコンの風は弱めにし、直接当たることのないように調整してみてください。
暖房器具の併用は最小限にして、空気の乾燥をなるべく防ぐようにしましょう。
加湿器や加湿アイテムを活用して部屋の湿度を高く保つようにすることもおすすめです。

*十分な睡眠

毎日同じ時間に規則正しく睡眠をとりましょう。
7〜8時間の睡眠を、22時から2時の間を含めてとるのが理想的ですが、難しいという人もできる範囲で時間帯の調節を心がけてみてください。
時間の融通には限度がある方も、照明や香りなどで最大限にリラックスした状態で睡眠に入れる工夫で効果を高めることができます。

*ビタミン摂取

バランスを考えて、栄養豊富な食材を摂る意識をすることが大事です。
健康的な肌に欠かせないビタミンを様々な食材から摂るようにしてみましょう。
どうしても毎日十分に摂るのは大変な栄養素もあると思います。
無理せずにサプリメントなども活用して、毎日続けることが一番重要です。

*ダメージの少ない入浴

湯船や洗顔に使う水の温度は40度以下にして、肌を擦らないようにしてください。
洗うときも体を拭くときも軽く撫でるように優しく肌に触れることがダメージを抑えるコツです。

 

□まとめ

今回は冬の乾燥肌について解説しました。
一年の中で乾燥が一段とひどくなるという方は、ぜひ今回の記事を参考に対策をしてみてください。

アンダーヘアの脱毛をする方必見!アンダーヘアの形は何がいいの?


「アンダーヘアを今までなんとなく自分で処理していたけれど、レーザー脱毛に切り替えよう」

デリケートな部分であるからこそ、プロのレーザー脱毛の処理へ移行するという方は最近増えています。
そんな時、迷うポイントの一つにアンダーヘアの形があるのではないでしょうか。
今回はアンダーヘアの形にどんなものがあるのかご紹介します。

 

□逆三角

一番シンプルで男性にも人気のナチュラルな形です。
脱毛したという主張が強くなく自然に見えるので、整えすぎることに不安がある人も挑戦しやすいのではないでしょうか。
大きさも選べますが、まずは大きめで一度整えてみてから小さくしていくという調整をする方も多いようです。

 

□スクエア

正方形の形は元々生えている形に近いので、抵抗が少なく選ばれています。
一度脱毛すると簡単には戻せないことから、ナチュラルタイプは女性からも男性からも人気です。

 

□オーバル

ナチュラルな形の中でも少し整える範囲が広くなる楕円形の形です。
逆三角やスクエアよりも上部を広く脱毛しますが、自然な縦長の丸みを持たせることで違和感は少なくなります。

 

□扇型

上部はオーバルと同様丸みを持たせ、下部は逆三角形のように角を作ります。
逆三角形のナチュラルさと丸みのある上部のデザイン性を兼ね備えた形です。
少しデザイン性を持たせつつ、ナチュラル感も残したい人におすすめです。

 

□Iライン

縦に長い長方形の形です。
細めにするほど脱毛で整えた感じは強くなりますが、その分スッキリして見えるというメリットもあります。
左右から広く脱毛するので水着などから毛がはみ出してしまう心配もありません。

 

□ハイジニーナ

日本では挑戦するのに勇気が必要な人も多いかもしれませんが、ハイジニーナとはデリケートゾーンの毛を全て脱毛する形です。
海外では衛生を理由に人気で珍しくはなく、日本でも徐々に増えてきています。
生理の時にも蒸れにくく、案外便利かもしれません。
清潔感から男性人気もある程度はあり、検討してみるのもいいのではないでしょうか。

 

□ハート

ハート形や星形など個性的な形に脱毛することも可能です。
サロンによってできるデザインに限定がかかるので、もしこだわりの形があるのなら前もって問い合わせておくのがいいかもしれません。

 

□まとめ

脱毛はカミソリでの処理と違い、時間が経っても元の状態に戻らないことを目指した処置のため、どんな形に脱毛するか決めるのに迷う方も多いのではないでしょうか。
サロンに行く前に、どんな形があるのか知ってあらかじめ考えておくといいかもしれません。
ぜひ今回紹介したアンダーヘアの形を参考に、検討してみてください。

【冬なのに汗くさい】気になる匂いの対策方法とは?

いくら薄着でも汗をかく暑い夏と反対に、寒くて着込む冬にも汗の匂いに困ることはありませんか?
外気の侵入と熱の保持に効果的なインナーは寒い冬に欠かせないアイテムですが、その分汗をかきやすく蒸れてしまいます。
冬の汗の匂いに悩んでいる方に向けて、対策方法をご紹介します。

 

□こまめな洗濯を行う

冬の洋服は、ニットなど夏よりも洗濯の頻度を低くしがちな衣服が多くなります。
とはいえ、暑い時期よりも蒸れやすい素材の服が多く、雑菌の繁殖は匂いの原因になるのでこまめな洗濯を心がけましょう。
ニットを洗っても傷みにくい洗剤やネット、洗濯機のおしゃれ着モードなど工夫をすればこまめに洗っても案外服を長持ちさせることもできるかもしれません。

 

□脇汗パッドを使う

そうはいってもかさばって傷みやすい冬服を夏服と全く同じよう洗濯し続けるのは難しいと思う方もいるのではないでしょうか。
脇汗パッドはシミの気になる薄着の季節のイメージがあるかもしれませんが、冬服の蒸れにも有効です。

 

□脇毛の処理も徹底する

脇の露出がなくなる冬には脇毛の処理をしないという方も多いかもしれません。
しかし、これを放置しすぎると雑菌の繁殖の温床になってしまいます。
匂いが気になる方はこまめに処理をするようにするといいでしょう。

 

□制汗ケアも行う

夏のようにたくさん汗をかかない分、冬には制汗剤を使わなくなる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
汗の量が少ないと代謝が落ちて汗の質が悪くなり、匂いがより気になるようになります。
冬でも汗拭くシートで肌を清潔にし制汗剤を塗れば、汗を抑えることができ匂いの対策になります。
いい香りの制汗剤を使えば、汗を抑えて匂いも気にならなくなりますね。

 

□薄着になれるようにする

寒い冬ですが、厚着をしているだけあって軽い運動で暑くなってしまったり、暖房が効いていて暑くなったりするものです。
防寒は大切ですが、暑くなったときや暖かい部屋に入ったときに簡単に薄着になれる格好を心がけておくと汗の蒸れを改善できます。

 

□食生活を改善する

冬はクリスマスや年末年始などのイベントも多く、食生活が荒れがちな季節でもあります。
ただでさえ代謝の落ちる季節なので、バランスを意識した生活を意識することも効果的です。
汗の量が減る冬は水分補給もおろそかになりやすいので、水分を意識的に多く摂るようにして汗の質を向上させましょう。

 

□入浴はしっかりする

寒さで入浴が億劫になってしまう冬でもしっかり欠かさないようにしましょう。
雑菌が繁殖しにくい環境を作るためにも毎日の入浴は大切です。
また湯船に浸かると汗腺を鍛えることができるので、匂いの強いベタベタ汗を防ぐためにも効果的です。
半身浴で汗をかいておけば、匂いの強い低質な汗を日中かかないようになるため非常におすすめです。

 

□まとめ

今回は冬の汗の匂いに、効果的な対策方法をお伝えしました。
防寒しつつも汗の悩みを解消するためには、案外日頃の手入れから気をつけておくことが重要かもしれません。
ぜひ今回の記事を参考に、冬の汗の匂い対策を試してみてはいかがでしょうか。

バレンタインデートのための肌ケア!乾燥に負けない肌作りのポイントを教えます

バレンタインを前にして、肌の調子を気にしている方も多いのではないでしょうか。
冬の乾燥は、バレンタインに気合いを入れたい女性の大敵です。
そこで今回は冬の乾燥を乗り切るためのスキンケア方法についてご紹介します。

 

□クレンジング

保湿に注目することも大事ですが、まずは汚れをしっかり落としつつ肌の水分を流してしまわないクレンジングを意識することが大事です。
乾燥に悩む方にはバームのクレンジングがオススメです。
クレンジングを均一に肌にのせ、力をかけすぎずに丁寧に洗ってみてください。

 

□クリーム

保湿効果の高い化粧水などをつけた後にしっかり蓋をしてくれるクリームにも気を遣ってみてはいかがでしょうか。
特に乾燥が気になるところには重点的に塗り込んでみてください。
最後に手のひらでプッシュして肌に浸透させましょう。

□食事に注意する

乾燥した肌には洗顔後のケアで解決しようと思いがちですが、生活習慣の見直しが案外一番効くことも多いです。
乾燥した肌には、肌の土台になるタンパク質を意識的に摂取することが大事でしょう。
タンパク質には、コラーゲンやヒアルロン酸といった代表的な美肌に良い栄養を始め、イソフラボンやビタミンも豊富に含まれています。
乳製品・肉・大豆製品・卵・魚といったタンパク質をバランスよく摂取するようにしてみてください。
特に、皮のついた鶏肉や、魚の水煮はコラーゲン豊富なためおすすめです。
どうしても食べきれない部分はサプリなどで無理せず補填することも続けるコツのひとつかもしれません。

 

□睡眠をしっかりとる

肌の水分保持力を底上げするには、睡眠が欠かせません。
日中は脳に集まっている血液が、睡眠の間は全身に行き渡り、肌に栄養を行き渡らせることのできる時間だからです。
深い睡眠とされているノンレム睡眠の間に細胞の修復や再生が行われるため、健康的な肌のために効果的な睡眠が必要です。
できるだけ十分な睡眠時間を固定してとるようにしましょう。
7〜8時間が肌にも体にもいいと言われている睡眠時間です。
わかっていても忙しくて時間がないという方も多いかもしれません。
肌のゴールデンタイムとも言われる22時から2時の間で睡眠をとることが最も理想的ですが、22時に寝るのは難しい人も、少しでもこの間の睡眠時間が増えるように時間帯に注意してみてください。
どうしても時間のないときでも、睡眠の質を上げるために寝る前の携帯電話や照明にも気を配り、よりリラックスした状態で眠りに落ちることができるようにすることも効果的です。

 

□まとめ

今回は冬の乾燥肌に効果的な肌ケア方法をご紹介しました。
乾燥に対して保湿だけではなく、生活習慣の改善からもケアを行ってみてください。
カサカサ肌でバレンタイン当日を迎えることのないように、ぜひ今回の記事を参考に肌ケアを見直してみてください。