植物療法士・森田敦子が開発したデリケートゾーン&パーツケアブランド

◆holiday collection 第2弾スタート◆

アンダーヘアの処理はなぜしたほうがいい? 
メリットと正しいケア方法

  • #デリケートゾーン
  • #アンダーヘアケア
  • #脱毛
  • #アンティームオーガニック

最近は医療脱毛の普及などにより、VIO脱毛をする人も増えてきています。その一方で、アンダーヘアの処理に興味はあるものの、どんな方法で行ったらいいのか、なかなか周りの人に相談しづらいもの。そこで今回は、アンダーヘアの処理が必要な理由と、正しくケアするための方法をご紹介します。

TOPIC 1

アンダーヘアを処理したほうがいい理由

日本はもちろんアジア圏では、アンダーヘアがあるほうがセクシーであるという文化があったり、膣周りを守るためにアンダーヘアは必要であると考える方も多いようです。しかし、アンダーヘアを全て処理したとしても下着で守られているので特に問題はないとされています。ムレやすく不衛生になりがちなデリケートゾーンを清潔に保つためには、アンダーヘアは取り除くことをおすすめします。

アンダーヘアを処理したほうがよい理由は、膣まわりには汗や皮脂などが分泌される汗腺があるため、汗でムレたり匂いが発生しやすく、さらに毛があるとムレが悪化する可能性もあります。 そして、毛の生え際などに皮脂がたまると酸化していやな匂いや炎症を引き起こす原因になることも。また、 排泄時にアンダーヘアに尿や便が絡まりやすいため、不衛生になりやすいです。

衛生面だけでなく、アンダーヘアがあると動くたびに毛がデリケートゾーンを摩擦しデリケートゾーンの黒ずみの原因にもなります。また、摩擦ダメージによって膣まわりの乾燥を招きやすくなるとも考えられます。

TOPIC 2

正しいアンダーヘア処理の方法

夏場の水着を着る時などには、はみ出さないようにVラインや長さをセルフで処理している方もいると思います。しかし、デリケートゾーンを清潔に保ち摩擦を軽減するために重視すべきなのは、膣周りのIラインと、肛門を覆い隠しているOライン。

清潔に保ちケアをラクにすることを重視すると、デリケートゾーン全体の毛を取り除くことがベストですが、毛を全部取り除くことに抵抗がある方もいるはず。その場合は、Vラインだけを残すことをおすすめします。海外では、Vラインを丸い形やハート形にしてみたりと自分好みの形にする方もいるので、お洒落感覚でアンダーヘアの処理を楽しんでみるのもいいかもしれません。

VIO脱毛を行う際、レーザー脱毛ではレーザーが毛の黒い色素に反応することで脱毛効果が期待できるため、白髪になってしまうと効果が現れません。個人差はありますが白髪は20代から出てくる場合もあるため、できるだけ早めにケアを始めたほうがよいでしょう。

近年では、脱毛を専門的に扱っているサロンなどでプロによるレーザー脱毛、ブラジリアンワックスなど、VIOラインの脱毛にはさまざまな方法があります。施術方法によって所要時間や費用も変わり、毛量や毛質、毛の量などによっても人それぞれに適した方法があるので、自分に合った処理方法を見つけましょう。

TOPIC 3

VIO脱毛後のセルフケア

アンダーヘアがなくなると、デリケートゾーンのお手入れが格段にラクになります。 デリケートゾーンは皮膚を保護する角層がないため、処理のあとは必ずきちんと保湿をしてあげましょう。特にVIO脱毛ではレーザーやワックスなどによる刺激で熱を持っていたり、水分が失われて乾燥し、粘液力が減少するなど、いつも以上にデリケートな状態です。そのため、デリケートゾーン用のケア用品でうるおいを与えることが大切です。

デリケートゾーン用保湿・潤滑ジェルローション「アンティームローズローション」は、化粧水のようにみずみずしいテクスチャーでヒアルロン酸、シロキクラゲ多糖体などで水分をたっぷり与え、アルガンオイルで肌を保護してくれます。さらに和漢エキスで肌の状態やホルモンバランスを整えます。

ローションでうるおいを与えた後には、さらに「アンティームホワイトクリーム」で保湿をし、デリケートゾーンの刺激から肌を守りましょう。VIO脱毛後のデリケートな状態の膣まわりは摩擦による刺激を受けやすく、肌荒れや黒ずみにつながる場合もあります。保湿、くすみケア、エイジングケア効果をサポートする和漢の植物エキスを12種類配合し、11種類の天然精油が心地よい香りを演出します。香りあり・香りなしがあるので、お好みに合わせて使い分けてくださいね。

TOPIC 4

まとめ

今回は、正しいアンダーヘアの処理方法についてご紹介しました。 アンダーヘアのケアを行うことでデリケートゾーンのケアが手軽になり、膣まわりへの意識を高めるきっかけにもなるでしょう。日本は海外と比べるとアンダーヘアのケアに対する意識が低いといわれていますが、デリケートゾーンを清潔で健やかな状態に保つことは将来の自分のためにもなります。ぜひ始めてみてはいかがでしょうか。

LINEで送る

植物療法の第一人者・森田敦子が開発したデリケートゾーン&パーツケアブランド Intime Organique(アンティームオーガニック)公式オンラインショップ。

Copyright (c) Intime Organique all rights reserved.