老化に悩む女性必見!|やっておきたい日々のケアとは?

「最近、若い時と比べて明らかに体が衰えているのを感じる。」
「一つ一つの行動で、歳をとったことを感じるようになった。」
「老化は感じているけど、具体的に何をするべきなのかわからない。」
人間誰しも必ず歳をとりますが、日常生活の行動一つで老化を感じる機会が増えた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
できる限り若い自分でありたいと考える方がほとんどだと思います。
膣の老化は、体の老化と密接に関係していることはご存知でしょうか。
膣の老化を防ぐことは、体の老化を防ぐことにつながります。
そこで今回は、膣の老化のアラートとその要因を列挙し、日々のケア方法について詳しく解説します。

□膣の老化のアラート

そもそも膣の老化現象について詳しく知らない方も多いのではないでしょうか。
主な膣の老化現象は膣粘膜の厚みが減少することに伴って、膣が萎縮することです。
更年期障害によるホットフラッシュや目眩(めまい)などが起こりやすくなったと感じた際には、膣の老化が始まっていることが多いです。

 

□膣の老化はなぜ起こるのか

膣老化の症状は、女性が更年期を迎えた時期ぐらいで起こることが多いです。
しかし、最近では20代から40代の若い女性にも膣老化の症状が出ることがあるのはご存知でしたか。
膣の老化は、女性ホルモンであるエストロゲンが減少することによって起こります。
エストロゲンが減少することによって、膣の内部が乾燥して硬くなります。
硬くなると、膣壁の弾力が弱まり、膣粘膜の厚みが減少します。
これが膣の老化です。
また、エストロゲンが減少すると、常在菌の活動が弱まるので、膣の自浄作用が低下します。
自浄作用が低下した膣は、性感染症にかかりやすくなります。
20代から40代の方で、膣の老化が起こっている方は、日常生活のストレスが主な原因であると考えられています。
日常のストレスで疲れてしまった結果、セックスレスが進み、さらに膣の老化が進むといった悪循環に陥っている方も多いです。

 

□膣の老化を抑える日々のケア方法

これまでで、膣の老化が起こった際の症状や原因について詳しく解説しました。
さまざまな要因が絡み合って起こる膣の老化ですが、ケアをすることで抑えられる場合もあります。
以下に膣の老化を防ぐためのケア方法について解説します。

*骨盤底筋トレーニングを行う

骨盤底筋の低下は、膣が固くなり、萎縮の原因に繋がることも多いです。
無理のない範囲で定期的に骨盤底筋トレーニングを行うことは、膣の老化を抑えることにつながります。

*VIOゾーンの脱毛をする

VIOゾーンに毛が生えていると、蒸れやすくなるため、かゆくなったりニオイがきつくなったりします。
膣周りの清潔感を保つことは、膣の老化を防ぐことにつながります。

*膣の洗浄と保湿を行う

膣の洗浄では、通常のボディーソープは洗浄力が強すぎるのでデリケートゾーン専用のソープを使用する必要があります。
保湿の際も、通常の保湿剤は避けた方が良いです。
膣は女性にとって大切な子宮に繋がる部分なので、オーガニックのからだに優しい保湿剤を使用するようにしましょう。

 

□それでも症状が治らない場合は

上でご紹介したケアを行っても、あまり症状が改善されない場合もあります。
ケアの効果は個人差があるので、症状が改善されなかったからといって落ち込む必要はないです。
ケアの効果をあまり感じられなかった方は、一度婦人科で診てもらうことをおすすめします。
老化の症状と原因を判断した上で、最適な治療を施してくれるはずです。

 

□女性におすすめの1冊

ここまで、老化を感じ始めた女性に膣の老化のアラートとその要因を列挙し、日々のケア方法について詳しく解説しました。
50代前後で女性は誰しもが更年期を迎え、心身ともに大きな変化が起こります。
更年期を迎えれば、今まで以上に体や心のケアが必要になります。
また、日本では性に関する話はオープンに話すことが難しく、性に関する知識が少ない方も多くいらっしゃると思います。
そのような女性に向けて、いつまでも心身ともに健康であるための情報が載った本が「枯れないからだ」です。
「枯れないからだ」では、正しいデリケートゾーンのケア方法や更年期症状の緩和法が詳しく解説されています。
今回ご紹介した内容はもちろん、もっとためになる情報が解説されています。
これからも美しい女性であり続けるためには、自分のからだについて正しく理解することが重要です。
興味のある方は、下記URLから詳細をご覧ください。
https://intime-cosme.com/shopdetail/000000000113/book/page1/order/

 

□まとめ

今回は、老化を感じ始めた女性に膣の老化のアラートとその要因を列挙し、日々のケア方法について詳しく解説しました。
歳をとるにつれて老化を感じる機会は増えていきますが、できるだけ若い自分でありたいと考える方がほとんどだと思います。
今回の記事で解説したように、膣の老化について理解し、正しい膣のケア方法を理解することで若い状態を維持しやすくなります。
老化を実感し始めた際は、ぜひ本記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す