植物療法士・森田敦子が開発したデリケートゾーン&パーツケアブランド

        【購入者全員】バーシングオイルサンプル3包プレゼント

海外におけるデリケートゾーンのケアについて、疑問をお持ちの方も多いかもしれません。 ・日本ではあまり話題に上らないが、海外ではどうなのかを知りたい。 ・日本のデリケートゾーンのケアに対する意識は、世界規模で見ると遅れているのだろうか? 親しい外国人の友達がいない限り、外国人の方に直接尋ねるのは困難です。 また、現地に行くことも大変ですので、なかなか海外のデリケートゾーンのケアについて知ることは少ないと思います。 今回は、デリケートゾーンに関する海外と日本の意識の差についてご紹介します。

□海外と日本の意識の差

*デリケートゾーンのケアに対する考え

日本では、顔や腕、足など見える部分のケアは入念に行われます。 しかし、デリケートゾーンのケアを行う人は少ないと思います。 何か特別な理由があり、ケアをしないのではなく、デリケートゾーンはケアをすべき部分という意識がそもそもないようです。 一方、海外では、デリケートゾーンのケアは積極的に行われています。 ケアを行うことが普通で、エチケットのひとつとして捉えられているようです。

*教育面

日本では、性について詳しく学ぶことは珍しいでしょう。 学校や親子間でも、デリケートゾーンに関わる話題は避けられる傾向にあります。 一方で海外では、第二次成長期頃に学校で、性行為や妊娠について詳しく学びます。 さらに、同時期に母親がデリケートゾーンのケアなどについて家庭で教えます。

*意識が高い国フランス

フランスでは、デリケートゾーンのケアは当たり前のことと認識されており、ケア用品が豊富に販売されています。 フランスでは、有名な高級デパートでもデリケートゾーン専用のケア用品を購入できます。 また、それらは特別な売り場が設けられているわけではなく、化粧品などと並んで販売されています。 売り場では、若い女性から80代のご高齢の方まで幅広い年代の方が、デリケートゾーンのケア用品を選んでいる様子が見受けられます。 さらに、フランスでは、普段だけではなく妊娠中もデリケートゾーンのケアを行うことが一般的です。 ケア方法の1つに、オイルマッサージがあります。 オイルマッサージによって、膣まわりをやわらかくすることで、出産時の負担が減ると言われています。

□オススメのケア用品

日本では、デリケートゾーン専用のケア用品を見かけることは少ない傾向にあります。 しかし、ケア用品が全くないわけではありません。 素晴らしいケア用品もたくさんあります。 その中でも、オススメのデリケートゾーン専用のケア用品を紹介していきます。

アンティーム フェミニン ウォッシュ

デリケートゾーン用のリキッドソープです。 リキッドソープとは、石鹸由来でお肌に優しい液体石鹸のことを指します。 ボディーソープなどは、大きく石鹸ベースと石油由来の洗剤ベースの2つに分けられます。 一般的にスーパーなどで売られているボディーソープは、石油由来のものがほとんどです。 つまり、ソープという名前で呼ばれていますが、実際は洗剤に近いものなのです。 一方で、リキッドソープは天然の植物原料にこだわった女性のお肌にも優しい石鹸です。 固形石鹸は使いにくいと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、リキッドソープは液体のため、手軽に使用できます。 デリケートゾーンのケア用品には、原料までこだわりたい方にお勧めです 下記画像をクリックすると商品情報をご覧いただけます。 ぜひご覧ください。

アンティーム ホワイトクリーム

デリケートゾーン用で、保湿や美白効果のあるクリームです。 乳首やワキ、Vラインなど、デリケートな部分のケアに使用できます。 オリーブオイルから抽出された天然原料が配合されているため、お肌にうるおいや柔軟性を与えてくれるでしょう。 また、美白効果が期待できるため、デリケートゾーンの気になる黒ずみを改善できる可能性があります。 上記でご紹介した「アンティーム フェミニン ウォッシュ」と「アンティーム ホワイトクリーム」がGLOW 『40代が選ぶBeauty itemグランプリ〜デリケートゾーンケア部門〜』で1位に選ばれています。 下記画像をクリックすると商品情報をご覧いただけます。 ぜひご覧ください。

アンティーム ローズローション

デリケートゾーンにうるおいを与えてくれるジェルローションです。 テクスチャーはとろみがあり、植物の力でお肌をぷるぷるに保ってくれるでしょう。 使用する際には、すり合わせて温めた手に「アンティーム ローズローション」を適量とります。 それをデリケートゾーンに塗布することで、うるおいを感じられることでしょう。 下記画像をクリックすると商品情報をご覧いただけます。 ぜひご覧ください。

□まとめ

今回は、デリケートゾーンに関する海外と日本の意識の差や、オススメのデリケートゾーンのケア用品についてご紹介しました。 フランスなどでは、デリケートゾーンのケアが当たり前のように行われています。 一方で、現在の日本では、デリケートゾーンのケアについては、話すことが恥ずかしい話題のひとつかもしれません。 しかし、デリケートゾーンのケアは自分の為にも、愛する人のためにも大切なことです。 今回ご紹介したケア用品を、使用してみてはいかがですか?   ▶︎INTIME ORGANIQUE オンラインストア https://intime-cosme.com/
LINEで送る

植物療法の第一人者・森田敦子が開発したデリケートゾーン&パーツケアブランド Intime Organique(アンティームオーガニック)公式オンラインショップ。

Copyright (c) Intime Organique all rights reserved.