夏に出やすいデリケートゾーンのかゆみ|原因を徹底解説します!

「夏になるとデリケートゾーンのかゆみが気になる…!」

このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか?
夏はたくさん汗をかき、デリケートにかゆみがでやすい季節です。

しかし、恥ずかしくてなかなか相談できない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回は、夏に気にdなるデリケートゾーンのかゆみの原因を徹底解説します!

□夏になるとかゆみが出る原因

夏になるとデリケートゾーンがかゆくなるのは、汗によるムレが原因です。
デリケートゾーンにはたくさん汗腺があり、かなり汗をかくのです。
そのため、気温や湿度が高い夏場は汗によって蒸れやすくなります。
そしてムレた肌がかぶれることで、デリケートゾーンにかゆみを引き起こすのです。

□シーン別の汗の量

日常生活における、シーン別の汗の量を見てみましょう。

座る  23℃/約4時間 約200ml
通勤  27℃/約1時間 約200ml
睡眠  29℃/約8時間 約500ml
入浴  43℃/約10分 約400ml

座っているだけでも人間は汗をかくことに驚いた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そして座っている状態は、椅子に密着しているため通気性が非常に悪く、デリケートゾーンにかゆみが出やすいです。

また通勤でも汗をかきます。
出勤し、汗が止まらぬまま椅子に座って仕事をするような状況では、なおさらデリケートゾーンにかゆみが出やすくなりますよね。
では、どのように対策したら良いのでしょうか?

□対策

*ショーツをこまめに変える

夏場はショーツが汗で濡れます。
着替え用のショーツを携帯しておくと良いでしょう。

*通気性の良い下着にする

化学繊維ではなく、綿やシルクのような通気性の良い下着にすると良いでしょう。

*生理中はタンポンを使用する

生理中はさらにムレがひどくなります。
膣で血を止めるタンポンを使用すれば、生理によるムレを軽減できます。

□かゆみが出てしまったら…

かゆみが出ても、強くこするのはやめましょう。
こすることによってデリケートゾーンが刺激され黒ずんでしまいます。
正しいケアによって自然にかゆみを直しましょう。
また、我慢できないほどのかゆみであれば、病院の診察を受け、薬を処方してもらうと良いでしょう。

□正しいデリケートゾーンのケア

デリケートゾーンは非常に敏感なため、ケアはデリケートゾーン専用の商品を使って行いましょう。
膣は自浄作用があり、酸性に保たれています。
洗う時は膣口ではなく、大陰唇と小陰唇の間や肛門を優しく洗いましょう。
また、デリケートゾーンは保湿も大切です。
お風呂上りに専用のクリームで保湿を行うと良いでしょう。

□まとめ

今回は、夏に気になるかゆみについてご説明しました。
夏場のかゆみはしっかりとケアすることで、防ぐことができます。
ぜひ、紹介したケアを試して快適な夏をお過ごしくださいね!

当社から夏のデリケートゾーンケアに最適なサマーキットの販売を開始しました。

下記サマーキットのリンクをチェックしてみてください。