植物療法士・森田敦子が開発したデリケートゾーン&パーツケアブランド

        【期間限定】持ち運びできる、トラベルキット販売中

「梅雨になるとデリケートゾーンのかゆみが気になる…」 「色が黒くて恥ずかしい…」 「デリケートゾーンの臭いを何とかしたい!」 気になるデリケートゾーンの悩みは、なんとかしたいと思っても、人に相談しづらいですよね。 そこで今回は、デリケートゾーンによくあるお悩みの対策方法を紹介します!

□デリケートゾーンのムレ、かゆみ

梅雨になると湿度が高まり、下着の中がムレやすくなります。 また、ムレはかゆみを引き起こす原因となるので、ムレ対策をすることが大切です。 ムレには以下の対策が有効です。

*下着をコットンや綿のような通気性の良いものにする

*アンダーヘアを処理する

*生理中はタンポンを使用する

*正しくデリケートゾーンのケア(洗浄、保湿)を行う

□デリケートゾーンの臭い

デリケートゾーンの臭いは、恥垢(ちこう)というアカが原因です。 恥垢は梅雨や夏の汗をかく時期にできやすく、大陰唇と小陰唇のヒダの間にたまりやすいです。 デリケートゾーンの臭いを防ぐためには、正しい洗浄方法で恥垢を洗い落とすことが必要です。

□デリケートゾーンの正しい洗浄方法

デリケートゾーンは非常に敏感ですので、洗浄には専用のソープを使用しましょう。 洗浄する際のポイントは、大陰唇と小陰唇を優しくつまむようにして洗うことです。 そして膣口は洗わないようにしましょう。 膣口は自浄作用があるため、洗う必要がありません。 またタオルで拭く際は、ごしごしと強く拭かず、ポンポンと軽くあてるように拭くと良いでしょう。

□デリケートゾーンの黒ずみ

デリケートゾーンは刺激されると、メラニン色素が生成され黒ずんでしまいます。 刺激とは具体的に、下着のこすれ、洗いすぎが考えられます。 黒ずみを防ぐために、下着はゆったりしたものを選び、正しい方法で洗浄するようにしましょう。 また、一度黒ずんでしまった肌は、肌のターンオーバー(新陳代謝)によって回復することができます。 肌のターンオーバーが正常に行われるためには、お風呂あがりの保湿ケアが重要です。 お顔と同じように保湿のケアを行うことで、肌のターンオーバーが促進され、きれいなデリケートゾーンを手に入れることができます。 最近は、専門のケアアイテムが増えてきたので、植物由来の成分がたっぷり使われたオーガニックのものを選ぶと良いでしょう。

□まとめ

今回は気になるデリケートゾーンの悩みの対処方を紹介しました。 顔をしっかりとケアするように、デリケートゾーンもケアが必要です。 正しい洗浄と保湿を行うことで、デリケートゾーンの悩みを解決しましょう! また、当社はデリケートゾーン専用のケア商品を販売しております。 植物由来の成分にこだわった肌に優しい商品になっていますので、興味のある方はぜひお試しください! 当社から夏のデリケートゾーンケアに最適なサマーキットの販売を開始しました。 下記サマーキットのリンクをチェックしてみてください。
LINEで送る

植物療法の第一人者・森田敦子が開発したデリケートゾーン&パーツケアブランド Intime Organique(アンティームオーガニック)公式オンラインショップ。

Copyright (c) Intime Organique all rights reserved.