植物療法士・森田敦子が開発したデリケートゾーン&パーツケアブランド

        【購入者全員】バーシングオイルサンプル3包プレゼント

「春に肌を焼きたくない!」 「春の紫外線対策について知りたい!」 このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか? 急に日差しが強くなる季節だからこそ、紫外線対策には特に気をつけたいもの。 そんな春の紫外線で肌トラブルを起こさないためにも、対策はしっかり講じておきましょう。 今回は春の紫外線対策について詳しくお話します。

◻︎紫外線とは?

  紫外線とはそもそも何なのか一度整理しておきましょう。 ここでは紫外線の種類と違いについて、詳しく見ていきます。 紫外線は大きく分けて紫外線A波、紫外線B波の2種類に分けられます。 前者がいわゆるUVA、後者がUVBですね。

*UVAについて

  UVAは地表に届く紫外線の5%を占めます。 UVBほどエネルギーは強くないのですが、一年中を通して地表に降り注ぎ、肌の深層奥深くにも届く紫外線なので注意が必要。 このUVAは肌の真皮にある細胞にも届きます。 有害な紫外線を受けた細胞は働きが鈍くなり、コラーゲンやヒアルロン酸など肌を若く保つ成分が十分に生成されません。 結果、肌の老化が早くなってしまうのです。

*UVBについて

  UVBは地表に届く紫外線のほとんどを占める強力な紫外線です。 エネルギーが強く、肌の炎症や火傷、シミやそばかすの原因にもなります。 一年間のうち、太陽が最も高くなる夏至周辺に多く降り注ぎます。 まさに夏の紫外線ですね。 UVBも一年を通して降り注ぎますが、冬場はピーク時の5分の1程度の量しか地表に届きません。

◻︎春の紫外線対策とは?

  春に特に気をつけたいのは、UVAですね。 UVBは冬が終わって春にかけて徐々に量が増え、夏前にピークを迎えます。 一方のUVAは冬が終わると急激に量が増え、5月頃にピークに達すると言われています。 ではUVAを肌に浸透させないために、具体的な対策を見ていきましょう。

*日焼け止めを使用する

  紫外線対策において、日焼け止めは強い味方ですよね。 じりじりした日差しがない日でも、油断せずに日焼け止めを使用しましょう。 日焼け止めを購入する際は、UVBだけでなく、UVAにも効果がある商品を選んで下さいね。 また、UV効果のある化粧品(下地/ファンデーション)の使用など、普段から紫外線対策に効果がある物を使ってみてはいかがでしょうか?

*サングラス/日傘などの使用

  紫外線を浴びないために、これらのアイテムを使用するのも効果的です。 UVAは一年中を通して降り注いでいるので、冬でも日差しの強い日は使用するのがおすすめ。 運転をする時はハンドカバーなどを付けるのも、手のシワやシミ対策として効果的です。

◻︎まとめ

  今回は春の紫外線対策について詳しくお話しました。 春には特にUVAに気をつけてください。 冬が終わって、春の兆しが見えた頃から日焼け止めを本格的に使用するのがおすすめですよ! しっかりと紫外線対策をして、春の日々をお過ごし下さい。
LINEで送る

植物療法の第一人者・森田敦子が開発したデリケートゾーン&パーツケアブランド Intime Organique(アンティームオーガニック)公式オンラインショップ。

Copyright (c) Intime Organique all rights reserved.