植物療法士・森田敦子が開発したデリケートゾーン&パーツケアブランド

◆holiday collection 第2弾スタート◆

「春先になると、なんだか肌が痒い…。」 「肌のかゆみを軽減する方法ってないの?」 このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか? 普段は敏感肌じゃないのに、春の期間だけ肌が痒くなってしまうこともあるかもしれません。 実は、春限定でこのような肌の揺らぎに悩む方は少なくありません。 今回は、そのような方に向けて、春先の肌のかゆみの原因と対策についてお話します!

◻︎春は肌がゆらぐ季節

肌のかゆみの原因は様々ですが、主な原因として乾燥肌と敏感肌が挙げられます。 普段は敏感肌じゃない方も、春になるとなぜか肌が弱くなったという経験はありませんか? 一般的に春は肌の調子が揺らぐ季節と言われており、「春の揺らぎ肌」という言葉もあるほど。 もとから敏感肌の人はもちろん、そうでない方も苦しむ肌の不調とは一体何が原因なのでしょうか?

◻︎原因と対策

春の肌の揺らぎの原因は、寒暖差による肌の乾燥、紫外線や花粉による敏感肌が挙げられます。 肌が乾燥している状態や、刺激に敏感になってしまうと、肌にかゆみを感じることが多くなります。 では具体的に、乾燥肌と敏感肌の原因と対策を見ていきましょう。

*肌の乾燥

春は急に温度が上昇するため、肌表面から蒸発する水分量も多くなります。 その急激な温度の上昇に肌の機能がついていけず、肌表面から水分が失われ、肌が乾燥状態に陥ってしまうのです。 また、春のお天気をもたらす移動性高気圧は、乾燥した空気を多く含んでいるので、春の肌は冬よりも乾燥した状態になってしまうことも…。 「乾燥肌対策」 肌の乾燥肌対策には、肌の保湿を十分に行うことが最も重要です。 加湿器などを使って部屋の湿度を一定に保ちましょう。 また、冬が終わったからと油断せずに化粧水や乳液に加えて、保湿クリームなどを毎日のスキンケアに使用してみてはいかがでしょうか?

*敏感肌のかゆみ

春には急激に紫外線量が増加し、花粉も飛びます。 冬の気候に慣れた肌はこれらの刺激に対して、過剰な反応を起こしてしまいます。 これが敏感肌の人が感じるかゆみの正体ですね。 「敏感肌対策」 敏感肌のならないために重要なのは、紫外線や花粉などの原因をブロックすること。 紫外線から肌を守るためには、春から日焼け止めを使用しましょう。 春先だからと油断せずに、普段からUV効果のある化粧品を使ってみてもいいかもしれません。 花粉を肌に付着させないためには、マスクやサングラスの着用をおすすめします。 それでも花粉は顔のどこかには付いてしまうもの。 帰宅したら洗顔料を細かく泡立てて、念入りに顔を洗って下さいね。

◻︎まとめ

今回は春先の肌のかゆみに悩む方に向けて、原因と対策にをご紹介しました。 春先は多くの人が肌の不調を感じるもの。 ですが、しっかり対策をすれば、乱れた肌の調子は整えることができます。 春の肌の揺らぎにお悩みの方は、ぜひこの記事を参考にして下さいね。
LINEで送る

植物療法の第一人者・森田敦子が開発したデリケートゾーン&パーツケアブランド Intime Organique(アンティームオーガニック)公式オンラインショップ。

Copyright (c) Intime Organique all rights reserved.