植物療法士・森田敦子が開発したデリケートゾーン&パーツケアブランド

        【購入者全員】バーシングオイルサンプル3包プレゼント

デリケートゾーンはその名の通りデリケートで、ケアがうまくいかないとすぐ乾燥してかゆくなります。 アンダーヘアの脱毛の後、保湿をしないと下着と擦れてかゆくなってしまうこともあるかもしれません。 人に言いにくい箇所のかゆみに悩んでいる方も少なくないのではないでしょうか。 そこで今回はデリケートゾーンのかゆみを防ぐための保湿方法をご紹介します。

□洗浄方法

保湿ケアをする前には毎日のお風呂で綺麗にデリケートゾーンを洗うことが必要です。 刺激に少ない専用の石鹸を使うのが理想的です。 泡を使って優しく手で洗いましょう。 刺激の強い石鹸でゴシゴシ洗ってしまうとバリア機能が落ちてカサカサする原因になるので要注意です。  

□清潔に保つ

雑菌を繁殖させないように清潔に保つこともバリア機能を損なわず乾燥させないために効果的です。 ナプキンやオリモノ用シートはこまめに交換するようにしましょう。  

□肌に優しいナプキンやシートを使う

生理用ナプキンやオリモノ用シートなどの直接デリケートゾーンに触れるものは化学繊維ではなく自然素材のものを選んで刺激を少なくすることも乾燥させないコツです。 コットン100パーセントのものを選ぶことをおすすめします。 紙製品に使われている薬剤も乾燥や痒みの原因になるので刺激の少ないものを意識して選ぶことが重要でしょう。

□クリームを塗る

お風呂の後にデリケートゾーンに保湿効果のあるクリームを塗ることもおすすめです。 塗りすぎは蒸れにつながるので要注意です。 指の腹にクリームを取り優しくなじませます。 ベタつきが気になる方は一度ティッシュでオフするといいでしょう。 オイルタイプの保湿剤を使う場合は指を三本使ってオイルをすくうように取り、全体に塗り広げます。 こちらもティッシュオフすればベタつきが軽減します。 普段使っているボディクリームやワセリンで保湿することが可能です。 水分の多いさらっとしたタイプの化粧水は油分が足りず蒸れることもあるので避けるようにしてください。 デリケートゾーン専用の保湿クリームやオイルはデリケートゾーンの肌質にも合い刺激が少ないのでなお効果的です。 敏感肌の方や、匂い・黒ずみといったデリケートゾーン特有のケアも合わせてしたいという方は特に専用のものを使うことをおすすめします。 アンティーム ホワイトクリーム

□まとめ

今回はデリケートゾーンの保湿方法について解説しました。 デリケートゾーンの保湿方法をしっかり知っておけば、脱毛後のかゆみを防ぐことができます。 ぜひ一度脱毛後に、敏感な肌にしっかり保湿をしてかゆみの予防をしてみてください。 ▶︎INTIME ORGANIQUE オンラインストア
LINEで送る

植物療法の第一人者・森田敦子が開発したデリケートゾーン&パーツケアブランド Intime Organique(アンティームオーガニック)公式オンラインショップ。

Copyright (c) Intime Organique all rights reserved.