植物療法士・森田敦子が開発したデリケートゾーン&パーツケアブランド

◆holiday collection 第2弾スタート◆

一年の中で冬は特に乾燥に悩まされる女性は多いのではないでしょうか。 寒い上に肌もパリパリになってしまうと憂鬱ですよね。 なぜ冬になると乾燥してしまうのかご存知ですか? 乾燥する理由を理解して、効果的に対策をすることが重要です。 そこで今回は冬の乾燥の原因と対策方法についてご紹介します。  

□主な原因

気温が低い冬は空気自体が乾燥し、肌がカサカサしてしまう季節です。 その中でも冬の乾燥肌を悪化させている恐れのある原因をいくつかご紹介します。

*暖房器具

エアコンから出る乾燥した風は部屋の空気を乾燥させる大きな原因です。 電気ヒーターやコタツも湿度を下げる要因になります。

*ストレス

ストレスが原因で肌のターンオーバーが乱れ、皮脂の分泌が適正に行われなくなると乾燥肌の悪化の原因になります。

*睡眠

睡眠時間の不足や不安定な睡眠習慣は細胞の再生や修復が正常に行えなくさせます。

*食事の偏り

十分な栄養が摂取できていないと、肌に栄養が行き届かず乾燥した不健康な肌になってしまいます。 食生活が乱れていたり、栄養に偏りがあったりすると肌の乾燥の大きな要因になります。

*入浴方法

湯船の温度や洗い方によっては入浴が肌の乾燥を悪化させているケースもあります。 暑すぎるお湯や力をかけて擦る洗い方だと、拭き方で皮脂が奪われて乾燥肌の悪化につながります。  

□できる対策

上記のような乾燥肌の原因にどのような対策が有効なのか解説します。

*部屋の湿度管理

部屋の温度を適切に保つことも重要ですが、湿度にも十分に気をつけましょう。 エアコンの風は弱めにし、直接当たることのないように調整してみてください。 暖房器具の併用は最小限にして、空気の乾燥をなるべく防ぐようにしましょう。 加湿器や加湿アイテムを活用して部屋の湿度を高く保つようにすることもおすすめです。

*十分な睡眠

毎日同じ時間に規則正しく睡眠をとりましょう。 7〜8時間の睡眠を、22時から2時の間を含めてとるのが理想的ですが、難しいという人もできる範囲で時間帯の調節を心がけてみてください。 時間の融通には限度がある方も、照明や香りなどで最大限にリラックスした状態で睡眠に入れる工夫で効果を高めることができます。

*ビタミン摂取

バランスを考えて、栄養豊富な食材を摂る意識をすることが大事です。 健康的な肌に欠かせないビタミンを様々な食材から摂るようにしてみましょう。 どうしても毎日十分に摂るのは大変な栄養素もあると思います。 無理せずにサプリメントなども活用して、毎日続けることが一番重要です。

*ダメージの少ない入浴

湯船や洗顔に使う水の温度は40度以下にして、肌を擦らないようにしてください。 洗うときも体を拭くときも軽く撫でるように優しく肌に触れることがダメージを抑えるコツです。  

□まとめ

今回は冬の乾燥肌について解説しました。 一年の中で乾燥が一段とひどくなるという方は、ぜひ今回の記事を参考に対策をしてみてください。 ▶︎INTIME ORGANIQUE オンラインストア
LINEで送る

植物療法の第一人者・森田敦子が開発したデリケートゾーン&パーツケアブランド Intime Organique(アンティームオーガニック)公式オンラインショップ。

Copyright (c) Intime Organique all rights reserved.