植物療法士・森田敦子が開発したデリケートゾーン&パーツケアブランド

        【期間限定】持ち運びできる、トラベルキット販売中

「アンダーヘアを今までなんとなく自分で処理していたけれど、レーザー脱毛に切り替えよう」 デリケートな部分であるからこそ、プロのレーザー脱毛の処理へ移行するという方は最近増えています。 そんな時、迷うポイントの一つにアンダーヘアの形があるのではないでしょうか。 今回はアンダーヘアの形にどんなものがあるのかご紹介します。  

□逆三角

一番シンプルで男性にも人気のナチュラルな形です。 脱毛したという主張が強くなく自然に見えるので、整えすぎることに不安がある人も挑戦しやすいのではないでしょうか。 大きさも選べますが、まずは大きめで一度整えてみてから小さくしていくという調整をする方も多いようです。  

□スクエア

正方形の形は元々生えている形に近いので、抵抗が少なく選ばれています。 一度脱毛すると簡単には戻せないことから、ナチュラルタイプは女性からも男性からも人気です。  

□オーバル

ナチュラルな形の中でも少し整える範囲が広くなる楕円形の形です。 逆三角やスクエアよりも上部を広く脱毛しますが、自然な縦長の丸みを持たせることで違和感は少なくなります。  

□扇型

上部はオーバルと同様丸みを持たせ、下部は逆三角形のように角を作ります。 逆三角形のナチュラルさと丸みのある上部のデザイン性を兼ね備えた形です。 少しデザイン性を持たせつつ、ナチュラル感も残したい人におすすめです。  

□Iライン

縦に長い長方形の形です。 細めにするほど脱毛で整えた感じは強くなりますが、その分スッキリして見えるというメリットもあります。 左右から広く脱毛するので水着などから毛がはみ出してしまう心配もありません。  

□ハイジニーナ

日本では挑戦するのに勇気が必要な人も多いかもしれませんが、ハイジニーナとはデリケートゾーンの毛を全て脱毛する形です。 海外では衛生を理由に人気で珍しくはなく、日本でも徐々に増えてきています。 生理の時にも蒸れにくく、案外便利かもしれません。 清潔感から男性人気もある程度はあり、検討してみるのもいいのではないでしょうか。  

□ハート

ハート形や星形など個性的な形に脱毛することも可能です。 サロンによってできるデザインに限定がかかるので、もしこだわりの形があるのなら前もって問い合わせておくのがいいかもしれません。  

□まとめ

脱毛はカミソリでの処理と違い、時間が経っても元の状態に戻らないことを目指した処置のため、どんな形に脱毛するか決めるのに迷う方も多いのではないでしょうか。 サロンに行く前に、どんな形があるのか知ってあらかじめ考えておくといいかもしれません。 ぜひ今回紹介したアンダーヘアの形を参考に、検討してみてください。 ▶︎INTIME ORGANIQUE オンラインストア
LINEで送る

植物療法の第一人者・森田敦子が開発したデリケートゾーン&パーツケアブランド Intime Organique(アンティームオーガニック)公式オンラインショップ。

Copyright (c) Intime Organique all rights reserved.