植物療法士・森田敦子が開発したデリケートゾーン&パーツケアブランド

◆holiday collection 第2弾スタート◆

バレンタインを前にして、肌の調子を気にしている方も多いのではないでしょうか。 冬の乾燥は、バレンタインに気合いを入れたい女性の大敵です。 そこで今回は冬の乾燥を乗り切るためのスキンケア方法についてご紹介します。  

□クレンジング

保湿に注目することも大事ですが、まずは汚れをしっかり落としつつ肌の水分を流してしまわないクレンジングを意識することが大事です。 乾燥に悩む方にはバームのクレンジングがオススメです。 クレンジングを均一に肌にのせ、力をかけすぎずに丁寧に洗ってみてください。  

□クリーム

保湿効果の高い化粧水などをつけた後にしっかり蓋をしてくれるクリームにも気を遣ってみてはいかがでしょうか。 特に乾燥が気になるところには重点的に塗り込んでみてください。 最後に手のひらでプッシュして肌に浸透させましょう。

□食事に注意する

乾燥した肌には洗顔後のケアで解決しようと思いがちですが、生活習慣の見直しが案外一番効くことも多いです。 乾燥した肌には、肌の土台になるタンパク質を意識的に摂取することが大事でしょう。 タンパク質には、コラーゲンやヒアルロン酸といった代表的な美肌に良い栄養を始め、イソフラボンやビタミンも豊富に含まれています。 乳製品・肉・大豆製品・卵・魚といったタンパク質をバランスよく摂取するようにしてみてください。 特に、皮のついた鶏肉や、魚の水煮はコラーゲン豊富なためおすすめです。 どうしても食べきれない部分はサプリなどで無理せず補填することも続けるコツのひとつかもしれません。  

□睡眠をしっかりとる

肌の水分保持力を底上げするには、睡眠が欠かせません。 日中は脳に集まっている血液が、睡眠の間は全身に行き渡り、肌に栄養を行き渡らせることのできる時間だからです。 深い睡眠とされているノンレム睡眠の間に細胞の修復や再生が行われるため、健康的な肌のために効果的な睡眠が必要です。 できるだけ十分な睡眠時間を固定してとるようにしましょう。 7〜8時間が肌にも体にもいいと言われている睡眠時間です。 わかっていても忙しくて時間がないという方も多いかもしれません。 肌のゴールデンタイムとも言われる22時から2時の間で睡眠をとることが最も理想的ですが、22時に寝るのは難しい人も、少しでもこの間の睡眠時間が増えるように時間帯に注意してみてください。 どうしても時間のないときでも、睡眠の質を上げるために寝る前の携帯電話や照明にも気を配り、よりリラックスした状態で眠りに落ちることができるようにすることも効果的です。  

□まとめ

今回は冬の乾燥肌に効果的な肌ケア方法をご紹介しました。 乾燥に対して保湿だけではなく、生活習慣の改善からもケアを行ってみてください。 カサカサ肌でバレンタイン当日を迎えることのないように、ぜひ今回の記事を参考に肌ケアを見直してみてください。 ▶︎INTIME ORGANIQUE オンラインストア
LINEで送る

植物療法の第一人者・森田敦子が開発したデリケートゾーン&パーツケアブランド Intime Organique(アンティームオーガニック)公式オンラインショップ。

Copyright (c) Intime Organique all rights reserved.