植物療法士・森田敦子が開発したデリケートゾーン&パーツケアブランド

        【購入者全員】バーシングオイルサンプル3包プレゼント

「デリケートゾーンが、なんだかカサカサしている・・・」 「黒ずんでいるのが気になる・・・」 このようなお悩みを抱えている方がいらっしゃると思います。 なかなか人に相談することもできず、1人で悩み続けているという方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、デリケートゾーンの乾燥、黒ずみを解決する方法についてご紹介します。

□膣の粘膜は潤っていなければいけない!

デリケートゾーンと言われる膣の粘膜部分は、例えるなら口の中の粘膜のようにぷるぷると潤っているのが正常な状態です。 肌のように角質層がないので、外部ダメージから守ってくれるものがなく、無防備です。 もちろん乾燥にも弱く、きちんと保湿していないと粘膜はすぐに黒ずんでしまいます。 そのため、デリケートゾーンの乾燥や黒ずみが気になるという方は、お風呂からあがったら顔より先に、まずは膣のケアをするようにしましょう。

□膣ケアは難しい?

お風呂からあがったら顔より先に膣のケアをしましょう、とご紹介しましたが、膣ケアの方法とはどういうものなのでしょうか。 「膣のケアなんて聞いたことないから、きっと特別な方法なんだろうな。面倒なのかな、難しいのかな・・・」 そんな風に不安に思いましたか? 実は、膣ケアはとっても簡単です。 顔の肌に関しては、洗顔料で洗った後に化粧水と乳液を付けて保湿ケアするのが一般的かと思いますが、膣のケア方法も似ています。 顔と同じで保湿してあげれば良いだけなのです。 ただ、先ほどもご紹介したように粘膜には角質がないため、顔の肌よりもずっとデリケートです。 一瞬も乾燥させないように気をつける必要があります。

□膣ケアの方法

ケアするタイミングとしておすすめなのが、お風呂上がりです。 お風呂あがりは、身体の表面に水分がたっぷりある状態です。 このタイミングで水分を逃さず、保湿できたら一番理想的ですよね。 特に膣粘膜は、一瞬たりとも乾燥させたくないパーツです。 お風呂からあがった後も、バスタオルで水分を拭き取ることはしないでおきましょう。 湿っているままで、デリケートゾーン用のローションを塗り込むのです。 そうすることで、しっかりと保湿することが可能となります。

□最後に

今回は、デリケートゾーンの乾燥、黒ずみを解決する方法についてご紹介しました。 デリケートゾーンの乾燥や黒ずみの問題は、意外に簡単な方法で解決できることをお分かりいただけたでしょうか。 この記事を参考に、デリケートゾーンのケアを意識してみてはいかがでしょうか。 ▶︎INTIME ORGANIQUE オンラインストア
LINEで送る

植物療法の第一人者・森田敦子が開発したデリケートゾーン&パーツケアブランド Intime Organique(アンティームオーガニック)公式オンラインショップ。

Copyright (c) Intime Organique all rights reserved.