デリケートゾーンはアンティームオーガニックでケアを! デリケートゾーンケア用品をお届けするアンティームオーガニック

 
 
アンティームオーガニック > 枯れないからだ
書籍 > 枯れないからだ
  • 枯れないからだ

    閉経・更年期・セックスレス・介護問題……
    すべての問題は「女性のからだ」を正しく知ることで解決されていく。
    腟まわりのケア、していますか?

     

    大人女性の新常識!!

    これはセクシャルな話ではなく、サイエンスの話。

     

    50代前後のすべての女性はいわゆる「更年期」を迎え、心も体も大きなターニングポイントを迎えます。
    何もしなくても十分に女性ホルモンが分泌されていた時期を終えたら、女性は自分の体をこれまで以上に丁寧に扱い、正しく適切なケアを実践することで「女性性を育んでいく」必要に迫られるのです。

    本書ではいつまでも「枯れないからだ」であるために欠かせない「正しいデリケートゾーンのケア方法」やフィトテラピーによる「更年期特有の症状の緩和法」をお伝えするとともに、腟まわりのケアの実践が「更年期以降の性のあり方」や「介護問題の緩和」、そして「新しい時代の女性の生き方」にまでつながることを提唱する、すべての女性にお届けしたい処方箋のような一冊です。

    【目次 Contents】
    はじめに
    腟まわりの正しいケアとは 他
    プロローグ:自分を思う心が、枯れないからだを作る
    Chapter1:更年期も閉経も怖くない。腟まわりのケアこそ最高のエイジングケア
    Chapter2:50代からはじめる腟まわりのケア
    Chapter3:ゆらぎ世代の悩みが解消する「うるおい」習慣
    Chapter4:腟まわりのケアからはじまる幸せな老後・幸せな介護



    私は植物療法士として活動しています。植物療法(フィトテラピー)は非常に優れた人類の叡智で、私は今でも学び続けていますが、私の学んでいるフランスでは、そもそも医学や医療の中心に「性医学(セクソロジー)」というものが核として存在しています。本書で主にお伝えする「腟まわりのケア」とは、女性の性医学の基礎知識であり、植物療法の適用法の一つです。
    健康は、バランスのとれた食事と運動、睡眠等によって維持され、その土台があれば病院に行くほどではない不調や、加齢によって生じる不調はフィトテラピーの活用で軽減することができます。しかし、フィトテラピーがどんなに優れていても、私たちの命の根源である「性(セクシュアリティ)」の部分が健全でなければ、その効果を十分に体感することはできません。これは私自身の実体験でもあります。
    日本人である私たちは「性」に関する話をためらいがちです。しかし、そのためらいや恥じらいが行きすぎた結果、少子化(不妊)・孤独死などが社会問題となり、「世界一のセックスレス国」という調査結果も出ています。これらの問題を解決するのは容易なことではありません。しかし、まずは女性一人ひとりが「女性の体」を正しく理解することが、小さいようで大きな一歩になるのです。
    そのきっかけが「腟まわりのケア」。今までこの問題に蓋をしていた方ほど、本書の内容に驚くかもしれませんが、心配は要りません。日本人女性のほとんどが自分の体を理解しておらず、ほとんどの人が同じようなことに悩んでいるからです。決してあなただけではありません。
    あなたの体の中には、あなたがもっともっと健康に、美しく、そしてもっともっと幸せになるパワーや秘密が宿っています。本書によって、一人でも多くの方が、秘めている女性性を認識するきっかけになれば、これ以上の喜びはありません。
    植物療法士 森田敦子
    (『枯れないからだ』はじめにより)

    価格 : 1,296円(税込)
    ポイント : 12
    数量
     
    カートにいれる お気に入り

    ポイントサービス

    ポイントサービスは、アンティームオーガニック・オンラインショップでお買い物するたびに、ポイントがたまるネット会員限定のサービスです。
    お支払い金額100円=1ポイントを還元、次回ご購入時より1ポイント=1円としてご利用いただけます。

    著者:森田 敦子(もりた あつこ)
    植物療法士。日本におけるフィトテラピーの第一人者。サンルイ・インターナッショナル代表。
    大学を卒業して、念願だった航空会社の客室乗務員の仕事に就くも、ダストアレルギー気管支喘息を発病。
    症状を緩和させるためステロイドと気管支拡張剤を長年にわたって使用し続け、副作用にも苦しむ中、治療として植物療法に出会い、驚くほどの効果を実感。本場のフランスで学びたいと、航空会社を退職し渡仏。フランスでは4年間滞在し、フランス国立パリ13大学で植物薬理学を本格的に学び、症状が劇的に改善。2003年には日本バイオベンチャー大賞近畿バイオインダストリー振興会議賞受賞。帰国後は、植物療法に基づいた商品とサービスを社会に提供するため会社を設立し、女性のためのデリケートゾーン&パーツケアブランド『アンティームオーガニック』『インティメール』の商品開発や、中目黒にて日本で唯一の「フランス フィトテラピー普及医学協会(AMPP)」認定・植物療法専門校「ルボアフィトテラピースクール」を主宰。