知っておくべき!膣まわりを清潔で健康的に保つための方法!

「デリケートゾーンを清潔に保つためには、どのようなことに注意すればいいのだろう?」
「膣まわりはどのように洗えばよいのかを、教えてほしい。」
など、デリケートゾーンをきれいにする方法について、お悩みの方も多いと思います。
自分の体のためにも、デリケートゾーンのケアは大切です。
しかし、どのようにケアを行うかについて教えてもらうことって、なかなかないですよね。
また、オープンに話すことが難しい話題のため、友達とも恥ずかしくて情報交換できないかもしれません。
今回は、膣まわりを清潔で健康的に保つための方法についてご紹介します。

□肛門まわりの汚れを残さない

*お尻の正しい拭き方

肛門は膣の近くにあるため、お尻も丁寧に拭く必要があります。
大切なことは、ゴシゴシと強く拭き取るのではなく、やさしく拭き取ることです。
強い力を加えると、肛門まわりの皮膚を傷つけてしまうかもしれません。
しかし、便が残ってしまうと、臭いだけでなくムレやかゆみの原因になってしまいます。
そのため、お尻はやさしく、しっかりと拭き取る必要があるでしょう。
日本では普及しているウォシュレットを、活用するのも良いでしょう。
ウォシュレットを正しく使用することで、お尻の穴をしっかりと洗浄できます。
お尻の穴だけでなく、そのまわりの汚れを落とすために、ウォシュレットの洗浄水を肛門まわり全体に当てるように意識すると良いでしょう。

□洗う時に注意すべきお尻の特徴

普段見えない場所のため、どのような特徴があるのかを知らない人も多いのではないでしょうか。
肛門まわりの特徴を知り、適切な方法で清潔に保ちましょう。

*毛が生えている

見えづらい場所のため、気づかないかもしれませんが、お尻の穴のまわりには毛がたくさん生えています。
排便の際に、それらの毛に便が付いてしまう場合があります。
また、拭き取るときに使うトイレットペーパーが毛に絡んでしまい、トイレットペーパーのカスが残ってしまうかもしれません。
便やトイレットペーパーが残っていると、臭いが強くなる可能性があるので、注意が必要です。

*放射線状のシワ

お尻の穴を中心として、外へ広がるような形のシワがあります。
つまり、肛門まわりはデコボコになっているということです。
溝となる場所には、トイレットペーパーや便が溜まりやすい傾向にあります。
そのため、表面だけでなく、シワの間も忘れずに洗うようにしましょう。

□デリケートゾーン全体をきれいに保つための注意点

膣まわりを清潔で健康を保つためには、肛門まわりをきれいにするだけでは、不十分です。
デリケートゾーン全体をきれいする必要があります。
そのために、注意すべき点についてご紹介します。

*お湯だけでは汚れを落としきれない

「ボディーソープを使って、ゴシゴシと強めに洗う。」
「デリケートなところだからと、石鹸などを使わずお湯だけで洗う。」
以上のような洗い方は、膣まわりにとって避けるべき洗い方です。
デリケートゾーンは敏感なため、手で洗うことは鉄則ですが、お湯だけでは汚れを落としきれない場合があります。

*ボディーソープは刺激が強い

顔や腕、足など体の大部分は、肌を守る役目を果たす角層というバリアがあります。
しかし、膣まわりには角層がありません。
そのため、体を洗うために作られている、ボディーソープや石鹸の洗浄力は、デリケートゾーンには刺激が強すぎるようです。
刺激の強い洗浄剤を使うことで、汚れだけでなくうるおいまでも、洗い流されてしまうかもしれません。
そのため、膣まわりを洗う際は、デリケートゾーン専用のソープを使うことをオススメします。
頭はシャンプーで、体はボディーソープで洗うことと同じように、デリケートゾーンの特徴にあった洗浄剤を使用しましょう。

□ハイジーンシートの活用

*ハイジーンシートとは

ハイジーンシートとは、デリケートゾーン専用のウェットティッシュです。
肛門まわりや膣まわりなど、拭き取り方に注意すべき点が多い場所の拭き取りにぴったりのシートです。
携帯できるものが発売されている商品もあります。
ハイジーンシートを活用することで、デリケートゾーンを清潔に保てるだけでなく、乾燥を防いでくれるでしょう。
また、おりものが多いときに活用することで、かゆみや臭いを抑えられるかもしれません。

*おすすめの商品

「アンティーム ハイジーンシート」

デリケートゾーンを優しく洗浄するためのシートです。
たくさんのご要望により、開発されました。
パッケージもおしゃれで、携帯できるようになっています。
このシートがあれば、外出中にムレやニオイが気になっても、さっと拭き取れるでしょう。
また、使用後はトイレに流せるため、とても簡単に使用できます。
相手と距離が近くなるデートの前や、生理の時、また旅行の時などに使用しましょう。

下記画像をクリックすると商品情報をご覧いただけます。
ぜひご覧ください。

□まとめ

今回は、膣まわりを清潔で健康的に保つための方法についてご紹介しました。
デリケートゾーンは他の体の部分とは異なるケアが必要です。
また、お尻は汚れが残ってしまいやすい部分です。
正しい洗い方を知ることで、膣まわりを清潔に保ちましょう。

 

▶︎INTIME ORGANIQUE オンラインストア
https://intime-cosme.com/

デリケートゾーンのケア不足が原因!?3つの症状とは?

デリケートゾーンのケアを怠ることが原因となって、起こるトラブルや
ケアを行うことで得られるメリットについて教えてほしい!!
上記のようにデリケートゾーンのケアの効果について、疑問をお持ちの方も多いと思います。
海外では当たり前のように、デリケートゾーンのケアが行われていますが、
日本のデリケートゾーンのケアに対する意識は低い傾向にあります。
意識を高めるためには、デリケートゾーンのケアの重要性を知ることが大切です。
そこで今回は、デリケートゾーンのケア不足によって引き起こされるトラブルや症状、オススメのケア商品などについて詳しくご紹介します。

□引き起こされる3つの症状

*不妊

膣まわりのケアを怠っていると、膣が委縮してしまう可能性があります。
膣が萎縮してしまっている状態では、妊娠しやすいとは言えません。
妊娠しやすいからだにするためには、生活習慣や食生活を正すだけではなく、膣まわりのケアも大切です。
膣まわりのケアを行うことで膣力を高められるかもしれません。
締め付ける膣力があれば、お互いの感度も高まり、妊娠しやすい状態につながるでしょう。
また、良い粘液を出す膣力があれば、粘度の高い粘液がたくさん分泌され、パートナーの精子が受精することを助けてくれます。

*セックスレス

加齢とともに膣は乾燥しやすくなります。
しかし、現代では若い女性でも膣が乾燥し、萎縮してしまうことが増えている傾向にあります。
膣が萎縮している状態では、膣液が分泌されにくくなり、セックスの際に痛みを感じてしまうでしょう。
その痛みから、セックスをしたいと思わなくなってしまう可能性もあります。
性的に興奮することがなくなり、さらに乾燥が進むという悪循環に陥ってしまいセックスレスにつながるかもしれません。

*出産時の負担の増加

普段膣口は2~3センチメートルほどの小さな穴です。
出産の時には、その穴から約3000グラムの赤ちゃんが出てきます。
その際、膣まわりが硬い状態だと、膣が広がりにくく苦しい出産になるかもしれません。
普段から、オイルマッサージなどの膣まわりのケアをしておくことで、出産時の出血や痛みを抑えられる可能性があります。
また、出産で大きなダメージを受けた膣を、ケアすることも大切です。
保湿効果のあるラベンダーのエッセンシャルオイルなどが含まれたオイルでケアすることで、痛みが早くおさまる傾向にあります。

□オススメのケア用品

デリケートゾーンのケアを始める際、まずケア用品を手に入れましょう。
しかし、日本では、デリケートゾーン専用のケア用品を見かけることは、少ないです。
しかし、店頭に並んでいなくても、素晴らしい商品はたくさんあります。
中でも、オススメのデリケートゾーン専用のケア用品を挙げていきます。

*アンティーム フェミニン ウォッシュ

デリケートゾーン用のリキッドソープです。
ボディーソープなどは、大きく石鹸ベースと石油由来の洗剤ベースの2つに分けられます。
一般的にスーパーなどで売られているボディーソープは、石油由来のものがほとんどです。
つまり、ソープという名前で呼ばれていますが、実際は洗剤に近いものです。
一方で、リキッドソープは石鹸ベースの女性のお肌にも優しい石鹸です。
固形石鹸は使いにくいと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、リキッドソープは液体のため、手軽に使用できます。

下記画像をクリックすると商品情報をご覧いただけます。
ぜひご覧ください。

*アンティーム ホワイトクリーム

デリケートゾーン用で、保湿や美白効果のあるクリームです。
乳首やワキ、Vラインなど、デリケートな部分のケアに使用できます。
オリーブオイルから抽出された天然原料が配合されているため、お肌にうるおいや柔軟性を与えてくれるでしょう。
また、美白効果が期待できるため、デリケートゾーンの気になる黒ずみを改善できる可能性があります。

下記画像をクリックすると商品情報をご覧いただけます。
ぜひご覧ください。

*アンティーム ローズローション

デリケートゾーンにうるおいを与えてくれるジェルローションです。
とろみがある肌触りで、植物の力でお肌をぷるぷるに保ってくれるでしょう。
使用する際には、すり合わせて温めた手に、アンティーム ローズローションを適量とります。
それを塗布することで、デリケートゾーンにうるおいを与えられることでしょう。

下記画像をクリックすると商品情報をご覧いただけます。
ぜひご覧ください。

 

□まとめ

今回は、デリケートゾーンのケア不足によって引き起こされる症状や、オススメのケア用品についてご紹介しました。
現在の日本では、デリケートゾーンのケアというと、恥ずかしい話題のひとつかもしれません。
そのため、デリケートゾーンに関する情報が不足し、日本人女性のデリケートゾーンのケアに対する意識は低いままになっています。
このままでは、将来デリケートゾーンに関わる症状で悩まれる方が、増加する可能性があります。
自分の将来のためにも、デリケートゾーンのケアはとても大切なことです。
症状が現れることの防止や症状の緩和のために、今回ご紹介したケア用品を使用してみてはいかがでしょうか。

 

▶︎INTIME ORGANIQUE オンラインストア
https://intime-cosme.com/

海外のデリケートゾーンのケア事情!日本は遅れている?!

海外におけるデリケートゾーンのケアについて、疑問をお持ちの方も多いかもしれません。

・日本ではあまり話題に上らないが、海外ではどうなのかを知りたい。

・日本のデリケートゾーンのケアに対する意識は、世界規模で見ると遅れているのだろうか?

親しい外国人の友達がいない限り、外国人の方に直接尋ねるのは困難です。
また、現地に行くことも大変ですので、なかなか海外のデリケートゾーンのケアについて知ることは少ないと思います。
今回は、デリケートゾーンに関する海外と日本の意識の差についてご紹介します。

□海外と日本の意識の差

*デリケートゾーンのケアに対する考え

日本では、顔や腕、足など見える部分のケアは入念に行われます。
しかし、デリケートゾーンのケアを行う人は少ないと思います。
何か特別な理由があり、ケアをしないのではなく、デリケートゾーンはケアをすべき部分という意識がそもそもないようです。
一方、海外では、デリケートゾーンのケアは積極的に行われています。
ケアを行うことが普通で、エチケットのひとつとして捉えられているようです。

*教育面

日本では、性について詳しく学ぶことは珍しいでしょう。
学校や親子間でも、デリケートゾーンに関わる話題は避けられる傾向にあります。
一方で海外では、第二次成長期頃に学校で、性行為や妊娠について詳しく学びます。
さらに、同時期に母親がデリケートゾーンのケアなどについて家庭で教えます。

*意識が高い国フランス

フランスでは、デリケートゾーンのケアは当たり前のことと認識されており、ケア用品が豊富に販売されています。
フランスでは、有名な高級デパートでもデリケートゾーン専用のケア用品を購入できます。
また、それらは特別な売り場が設けられているわけではなく、化粧品などと並んで販売されています。
売り場では、若い女性から80代のご高齢の方まで幅広い年代の方が、デリケートゾーンのケア用品を選んでいる様子が見受けられます。
さらに、フランスでは、普段だけではなく妊娠中もデリケートゾーンのケアを行うことが一般的です。
ケア方法の1つに、オイルマッサージがあります。
オイルマッサージによって、膣まわりをやわらかくすることで、出産時の負担が減ると言われています。

□オススメのケア用品

日本では、デリケートゾーン専用のケア用品を見かけることは少ない傾向にあります。
しかし、ケア用品が全くないわけではありません。
素晴らしいケア用品もたくさんあります。
その中でも、オススメのデリケートゾーン専用のケア用品を紹介していきます。

*アンティーム フェミニン ウォッシュ

デリケートゾーン用のリキッドソープです。
リキッドソープとは、石鹸由来でお肌に優しい液体石鹸のことを指します。
ボディーソープなどは、大きく石鹸ベースと石油由来の洗剤ベースの2つに分けられます。
一般的にスーパーなどで売られているボディーソープは、石油由来のものがほとんどです。
つまり、ソープという名前で呼ばれていますが、実際は洗剤に近いものなのです。
一方で、リキッドソープは天然の植物原料にこだわった女性のお肌にも優しい石鹸です。
固形石鹸は使いにくいと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、リキッドソープは液体のため、手軽に使用できます。
デリケートゾーンのケア用品には、原料までこだわりたい方にお勧めです

下記画像をクリックすると商品情報をご覧いただけます。
ぜひご覧ください。

*アンティーム ホワイトクリーム

デリケートゾーン用で、保湿や美白効果のあるクリームです。
乳首やワキ、Vラインなど、デリケートな部分のケアに使用できます。
オリーブオイルから抽出された天然原料が配合されているため、お肌にうるおいや柔軟性を与えてくれるでしょう。
また、美白効果が期待できるため、デリケートゾーンの気になる黒ずみを改善できる可能性があります。
上記でご紹介した「アンティーム フェミニン ウォッシュ」と「アンティーム ホワイトクリーム」がGLOW 『40代が選ぶBeauty itemグランプリ〜デリケートゾーンケア部門〜』で1位に選ばれています。

下記画像をクリックすると商品情報をご覧いただけます。
ぜひご覧ください。

*アンティーム ローズローション

デリケートゾーンにうるおいを与えてくれるジェルローションです。
テクスチャーはとろみがあり、植物の力でお肌をぷるぷるに保ってくれるでしょう。
使用する際には、すり合わせて温めた手に「アンティーム ローズローション」を適量とります。
それをデリケートゾーンに塗布することで、うるおいを感じられることでしょう。

下記画像をクリックすると商品情報をご覧いただけます。
ぜひご覧ください。

□まとめ

今回は、デリケートゾーンに関する海外と日本の意識の差や、オススメのデリケートゾーンのケア用品についてご紹介しました。
フランスなどでは、デリケートゾーンのケアが当たり前のように行われています。
一方で、現在の日本では、デリケートゾーンのケアについては、話すことが恥ずかしい話題のひとつかもしれません。
しかし、デリケートゾーンのケアは自分の為にも、愛する人のためにも大切なことです。
今回ご紹介したケア用品を、使用してみてはいかがですか?

 

▶︎INTIME ORGANIQUE オンラインストア
https://intime-cosme.com/

デリケートゾーンのマッサージについて解説します!

最近、エイジングケアのためにデリケートゾーンのお手入れをする方が増えてきています。

デリケートゾーンは、女性の最も大切な部分です。

欧州では、デリケートゾーン専用のケアをするのは当たり前となっています。

イギリスの医学会では「face」を顔ではなくデリケートゾーンと解釈することがあるように、顔のスキンケアと同じようにデリケートゾーンのケアを行います。

しかし、日本ではケアをしない人がほとんどです。

デリケートゾーンのケアは、セックスレスの原因にもつながってしまいます。

デリケートゾーン専用のソープを購入して洗ったり、専用のクリームやオイルなどでマッサージをしたりしましょう。

今回は、デリケートゾーンのマッサージケアについてご説明します。

 

□デリケートゾーンってどういう状態が良いの?

デリケートゾーンは普段あまり人に見せる部分ではありませんが、女性にとってとても大切な部分です。

年齢を重ねるごとに膣粘液の分泌量は低下します。

更年期になるにつれて膣内は乾燥し、膣壁が薄くなるということもあり得ます。

膣が乾燥すると、皮膚がシワシワになってしまったり、粘膜が薄くなったりしてしまいます。

そのために、ケアをして膣粘液がしっかりと分泌され潤いを保つことが必要です。

これにより、エイジングケアにもつながるだけでなく、ムレやかゆみなどの日々の悩みの解消につながります。

また、日々のケアとして専用のアイテムを使うことで、単に汚れが落ちるだけではなく、潤いなど美容面での効果が得られます。

ボディーソープで洗うだけの方も多いと思いますが、専用のローションでマッサージをすることによって、膣に潤いを与え、ローションの成分が体に浸透していきます。

デリケートゾーンを「乾燥させない」だけでなく、「潤いを与える」という点も意識してみてください。

□何を使ってマッサージすればいいの?

*アンティーム ローズローション

とろみのあるテクスチャーでべたつかず、デリケートゾーンをプルプルにしてくれる商品です。

オーガニック原料にこだわっているためお肌に優しく、食用香料を使用したローズの香りで癒されます。

また、コラーゲンの生成をサポートしたり、代謝を促進して皮膚の修復力を高めたりする作用のあるザクロ種子油が配合してあるため、アンチエイジングの効果もあります。

この商品を使うことで、デリケートゾーンのもっちりとした粘性、高い保湿効果を期待できます。

 

この商品を使って、膣周りをマッサージしていきましょう。

□どうやってデリケートゾーンをマッサージするの?

膣をより潤し、やわらかくするには洗うだけではなく、マッサージをする必要もあります。

デリケートゾーンをマッサージするには、専用のオイルやローションがおすすめです。

繊細な部分ですので、なるべく化学成分が使用されておらず安全なオイルを選ぶようにしましょう。

*膣周りの構造

まず、正しくケアができるように膣周りの構造についてご説明します。

膣というのは挿入できる部分で、膣口というのはその入り口です。

その膣口を両サイドで囲むビラビラのヒダのようなものが小陰唇、その周りにある外側の大きなヒダは、大陰唇です。

膣口の前の部分にあるものが尿道口、また小陰唇の上部分についているのが快感をもたらすクリトリスです。

 

*マッサージの方法

デリケートゾーンは乾燥させてはいけない部分ではありますが、最も乾燥しやすい部分でもあります。

そのためお風呂あがりに体を拭く前、デリケートゾーンに専用のオイルやローションを塗ります。

その際水分は、軽く払う程度で大丈夫です。

水分とほどよく混ざりあい、乾燥を防ぐことができるからです。

デリケートゾーンに塗り込むようにマッサージをしていきましょう。

2日から3日に1度だけでも大丈夫ですので行いましょう。

*マッサージの効果

マッサージをすることで、膣の敵である乾燥を防ぐことができます。

膣が乾燥してしまっていては、指が1本も入らなくなってしまうことがあります。

すると、デリケートゾーンの老化や、セックスをした時に痛みを感じるようになってしまいます。

また、膣をマッサージすることで、出産の時の膣の痛みが軽減され、赤ちゃんが出やすくなるという効果もあります。

 

□まとめ

今回は、デリケートゾーンのマッサージケアについてご説明しました。

デリケートゾーンを丁寧にケアすることで、老化を防ぐことができます。

女性として輝くためには、デリケートゾーンのケアをしっかりとすることが重要です。

80代でもデリケートゾーンのケアをしている方がいるように、年齢は関係なく女性であればケアを怠らないようにしましょう。

更年期障害の影響はこんなところにも!デリケートゾーンのケア、始めませんか?

「最近体調がよくないな…」

体調不良の原因は様々ですが、女性ならではの問題としては体の変化が考えられます。

その一つとして年齢を重ねるにつれて起こるデリケートゾーンの老化です。

このお悩みは、日々のデリケートゾーンケアを見直すことで改善できるかもしれません。

デリケートゾーンのケアをあまり意識していなかった方も中にはおられるかと思います。

そんな方にもお役立ていただけるようデリケートゾーンケアの必要性から簡単な方法までをご紹介します。

□デリケートゾーンのケアはどうして必要なの?

 

日本ではあまりデリケートゾーンのケアは一般的ではありません。

ケアと言っても具体的に何を使ってどうすればいいのかがわからない方がほとんどだと思います。

しかし、女性にとってデリケートゾーンは体調や美容も含めて非常に重要な部位です。

排泄や月経だけでなく、恋人とのコミュニケーションや出産などいつも膣周りが重要な役目を果たしています。

膣周りの環境が女性の体の健康を担っている一つだと言っても過言ではありません。

こういった意識から欧米ではデリケートゾーンケア用品がデパートの化粧品売り場と並んで売られていたりと一般的です。

デリケートゾーンも肌や髪と同様に、きちんと洗って、クリームやローションで保湿、オイルでマッサージなど日々のメンテナンスしておく必要があります。

では実際に、デリケートゾーンのケアが不足してしまうとどういった影響が出てくるのでしょうか?

*気になるあの蒸れやニオイはデリケートゾーンのケア不足から

 

デリケートゾーンのケア不足で一番多く認識されているのが、蒸れやニオイです。

これはケア不足もありますが、実はそもそものデリケートゾーンケアの方法が間違っている可能性が高いのです。

例えばデリケートゾーンのヘアはどのように処理していますか?

下着から見えないよう、Vラインをきれいに整えている方は最近では多いですよね。

Vラインこそ増えてきていますが、膣周辺のIラインや肛門周辺のOラインはどうでしょうか?

あまりIライン、Oラインをきれいに整えている方は少ないと思います。

Iライン、Oラインのヘアが残っていることで、拭き残しなど汚れが溜まってしまうことで蒸れや臭いが発生します。

また、膣周辺の恥垢と呼ばれる白い垢は臭いの元です。

後にご紹介する方法で、日々正しいケアを意識してみてください。

 

*膣の乾燥は更年期障害につながる!?

 

膣粘液が分泌される量には、女性ホルモンの影響が大きく関係しています。

そのため、年を重ね更年期に近づいてくると、だんだん膣は乾燥しやすくなってしまいます。

実は膣が乾燥すると、粘膜が薄くなってしまうため、膣周りの皮膚がたるんでしわの目立つデリケートゾーンになってしまうのです。

さらに膣が乾燥すると、血の流れが悪くなり、指さえも入らない事態となる危険性があります。

 

□デリケートゾーンの正しいケア方法

ここまで、デリケートゾーンのケア不足がどのような問題を引き起こすのかについてご紹介しました。

ご自身の日ごろのケアを思い返して不安になった方もいるかもしれません。

では実際に、デリケートゾーンはどのようにケアするのが正解なのでしょうか。

*デリケートゾーンの汚れの落とし方

 

まずはデリケートゾーン用のソープを用意し、よく泡立てていきます。

膣から一番遠くにあるひだを大陰唇と呼び、膣のすぐ外にあるひだは小陰唇と呼びます。

大陰唇、小陰唇のひだを指先でつまみ、丁寧に洗っていきましょう。

このとき、力を入れすぎたり、爪を立ててしまったりしないようにすると安全です。

この時、ひだの裏側の汚れに注意してください。

裏側にある白い汚れは恥垢と呼ばれる垢で、デリケートゾーンのニオイの原因となってしまいます。

放置してしまうとかゆみの元にもつながるので、きれいにするようにしましょう。

 

*デリケートゾーンに潤いを与える

デリケートゾーンは粘膜に覆われています。

そのため、粘液が出にくくなっているのは健康に問題があるサインです。

粘液が十分に出る「粘液力」の高い状態を保つことで、異物の侵入を防ぎ、ホルモンバランスを整える手助けをしてくれます。

デリケートゾーンを洗った後は、専用のローションを適量とり、手で温めてから塗布するようにしましょう。

 

□デリケートゾーンのケアは洗うだけではない!

*マッサージをしてデリケートゾーンの萎縮を防ぐ

ローションで保湿するだけでなく、オイルでマッサージをすることも効果的です。

膣が萎縮してしまうと更年期での不調の原因にもつながります。

ヘアケアをする際には、頭皮用のシャンプーを使い、コンディショナーやトリートメントをします。

フェイスケアであれば、肌に使うのに適した化粧水や乳液を使います。

これらと同じように、デリケートゾーンのケアにはデリケートゾーン専用のものを使う必要があります。

当社の製品の中でもデリケートゾーンの保湿におすすめなのが、「アンティーム ローズローション」です。

植物由来の成分を利用し、乾燥したデリケートゾーンに潤いを与えることができます。

使い方としては、オイルを丁寧にデリケートゾーンに塗り、指先でゆっくりなじませていきます。

毎日行わなくても2〜3日に1回のくらいで約1分間マッサージしてください。

□まとめ

今回は、デリケートゾーンのケアについて詳しくご紹介しました。

デリケートゾーンを適切にケアすることで、更年期障害や精神的なストレスからくる膣の乾燥を防ぎ、より健やかで美しくいることができますよ。

この記事を読んだ方が、女性にとって重要なデリケートゾーンを適切にケアし、今よりいきいきと生活することができれば幸いです。

ゆらぎ世代のデリケートゾーンケア。方法は?

「デリケートゾーンも老化する」

このような話を耳にしたことがある方はいませんか?

中にはこの情報について、半信半疑である方もいるかもしれません。

デリケートゾーンが老化すると、様々なトラブルが起きてしまいます。

しかし、それをどう対処すれば良いのかわからない方も多くいらっしゃいます。

そこで今回は、ゆらぎ世代のデリケートゾーン老化を防止するためにどのようなケアができるのかについてお話しします。

□ヨーロッパと日本のデリケートゾーンケアについて

ヨーロッパや欧米諸国などの国に比べ、日本の女性のデリケートゾーンに対する意識は低いと言われていることをご存知ですか?

デリケートゾーンは、女性の暮らしにおいてとても重要な場所です。

毎日の排泄はもちろん、毎月来る月経や恋人とのコミュニケーション、妊娠から出産までに関わっている部位なのです。

これほど私たちの生活に密接に関係しているデリケートゾーンですが、そのケアにまつわる知識は日本ではほとんど教育されていません。

学校はもちろん、自身が教えられた経験がないためか、母親が娘に教えないことも多くあります。

一方、ヨーロッパではデリケートゾーンについてきちんと教育が行われていることが多いです。

母親が娘に、デリケートゾーンを専用の洗剤で丁寧に洗ったり、クリームやオイルを使って保湿、さらにマッサージしたりすることを教えるのは非常に一般的なことです。

近年では、日本のカップルや夫婦が多くセックスレスを経験しています。

対するヨーロッパのカップルや夫婦は、年を重ねてもセックスレスにはなりづらい傾向があります。

だからこそ、ヨーロッパではいくつになってもデリケートゾーンに対する意識が高いのかもしれません。

 

□デリケートゾーンも年齢とともに変化する?

 

冒頭で、「ゆらぎ世代のデリケートゾーンケア」ということについて触れました。

デリケートゾーンがお肌や髪、体型と同じように年を重ねるにつれて変化していくのは事実です。

では、デリケートゾーンが老化するとどうなるのでしょうか?

実は、膣周りが老化すると、膣は乾燥しやすくなっていくのです。

本来であればデリケートゾーンは粘膜に覆われ、分泌された粘液で潤っている状態にあります。

この粘液は体の中に細菌やウイルスが入ってくることを防ぎ、免疫力を高めてくれます。

加齢に伴ってこの膣分泌液の量が少なくなり、膣が乾燥してくることで、免疫力が下がってしまうのです。

また、この粘液は女性ホルモンの分泌にもかかわっているため、膣の乾燥は老化をさらに早めることにつながります。

この膣の乾燥は、放置しておくとさらに他の症状を引き起こします。

まず、膣の乾燥が進んで粘膜が薄くなることで、デリケートゾーンの皮膚がたるんでしわができてしまいます。

さらに、血の巡りが悪くなって膣が委縮し、指さえ入らなくなってしまう危険性もあるのです。

□デリケートゾーンの正しいケア方法

*デリケートゾーンにも専用ソープを

まずはデリケートゾーン用のソープをしっかり泡立てましょう。

膣から一番遠くにあるひだは大陰唇、その内側にあるひだは小陰唇と呼ばれています。

この大陰唇と小陰唇のひだを指先でやさしくつまむように洗いましょう。

このようなひだの裏側は、恥垢と呼ばれる白い垢がたまりやすい場所でもあります。

恥垢をそのままにすることは、かゆみやニオイの原因につながってしまいます。

強く洗ったり、爪が立ったりして傷つかないようにしながら丁寧に洗うのがポイントです。

 

デリケートゾーンは繊細な部位なので、専用の洗剤を使って洗うようにしましょう。

当社の製品の中で洗浄におすすめなのは、「アンティーム フェミニンウォッシュ」です。

洗いすぎて常在菌まで失ってしまうことのない、やさしい洗いあがりのデリケートゾーン用ソープです。

 

*デリケートゾーンの保湿

入浴を済ませた後は、体や顔のお肌に化粧水や乳液を塗る方が多いですよね。

これと同様に、デリケートゾーンにも保湿が必要なのです。

デリケートゾーンを保湿するのに当社の製品の中でおすすめなのは「アンティーム ローズローション」や「アンティーム ホワイトクリーム」です。

植物由来の成分を使用しており、やさしく保湿することができます。

どちらも適量取り、温めた手で塗布しましょう。

ホワイトクリームはバストトップや脇にも使用でき、黒ずみをケアすることもできます。

*デリケートゾーンのマッサージ

デリケートゾーンは、オイルを使ってマッサージすることもできます。

全体にオイルを塗り、指先を使ってなじませながらマッサージしましょう。

このオイルも、デリケートゾーンに使える専用のものを使ってくださいね。

 

□まとめ

今回は、膣の老化を防ぐための適切なデリケートゾーンのケア方法についてご紹介しました。

健康的で美しく自信のある自分でいるためにも、デリケートゾーンのケアは慎重に行うのが重要です。

ぜひ正しいケア方法をさっそく試し、デリケートゾーンの老化防止に努めていきましょう。

膣まわりのエイジング?正しいケアの方法を知って健康な状態を目指しましょう

「膣まわりのケアは、したほうがいいのかな」

「ケアはどうやってしたらいいのだろう」

こういったお悩みを抱えている女性の方は、いらっしゃいませんか?

「ケアを、きちんとしていますか?」といった質問に対して、自信をもって「はい」と答えることができる女性は、あまり多くはありません。

女性にとってデリケートゾーンは、顔よりも大切なものです。

生理、排泄、セックス、妊娠、出産に加えて、更年期から介護に至るまで、女性にとって切っても切り離せないですよね。

だからこそ、きちんとしたケアが必要となります。

そこで今回は、女性にとって大切な膣まわりのケアについて、ご紹介いたします。

 

□ケアの必要性

*膣も老化する

「膣まわりのケア」について、知らない方も多いのではないでしょうか。

世界の国々と比較すると、日本人女性のケアに対する意識は、あまり高くないと言われています。

しかし、年齢とともにデリケートゾーンも老化が進みます。

年を重ねるとともに、膣は乾燥しやすく、硬くなり、膣壁も薄くなっていく傾向にあります。

 

*30代女性こそ正しいケアを

「膣が乾燥するといっても、まだ大丈夫では・・・?」

こういったように思いがちですが、30代の女性であっても膣の乾燥は進んでいる方が増えているのです。

特に現代女性はストレスが多いために、プレ更年期に悩まされる方も・・・。

その予防としても、膣のケアは有効と言えます。

また、お風呂でボディソープを使って、ゴシゴシと洗い、お風呂から出た後にはさっと拭いて終わりにされる方がほとんどではないでしょうか。

こうしたケアによって20代、30代女性であっても、膣の粘膜が乾燥してしまうのです。

*まずは自身で確認しましょう

膣まわり、ご自身でチェックすることができます。

方法としては、入浴した後の清潔な状態で表面が乾燥していないか、鏡を使って確認してみましょう。

また、清潔な指を使って、膣内で粘液が分泌されているかもチェックしましょう。

潤いがない場合、体内に菌を侵入させないバリア機能が低下していると言えます。

 

*健康な状態とは?

健康な膣は、まずは清潔な状態であること、そして表面の皮膚が保湿されて乾燥しておらず、膣内も粘液で潤っている状態であることが条件です。

また、膣や肛門周りの筋力があることも健康な膣まわりには大切です。

*デリケートゾーンにも専用のアイテムを使用しよう

デリケートゾーンは、身体の中でも特に繊細な部分です。

ボディソープで同じように洗ってしまうと、肌本来がもっている常在菌まで洗い流してしまい、トラブルの原因となってしまうこともあります。

顔は顔専用の石鹸で、髪の毛はシャンプーを使って洗う方がほとんどですよね。

それと同じように、専用のアイテムを使って洗うことが大切です。

今回は、それぞれのケア方法とご一緒に、おすすめのアイテムもご紹介いたします。

ここまでケアの必要性について、ご説明いたしました。

では、実際にどういった方法でケアしていけばいいのでしょうか?

ここでは、ケアに重要な「洗い方」、「保湿」、「マッサージ」についてご紹介いたします。

 

□洗い方

専用のソープをよく泡立てましょう。

大陰唇から小陰唇、膣まわり、そして大陰唇と小陰唇のヒダを指でやさしくつまむようにして洗うようにしましょう。

ヒダの裏側に恥垢は溜まりやすいため、念入りにしっかり取り除くことがおすすめです。

*アンティーム フェミニン ウォッシュ

こちらは、デリケートゾーンケア専用のリキッドソープです。

肌本来がもっている常在菌や、潤いを保ったまま、すっきりと洗うことができます。

繊細なデリケートゾーンのために、適した天然ハーブやオーガニック成分を配合します。

天然の植物原料にこだわり、日本人女性の肌に優しいだけでなく、環境にも配慮した設計です。120mL/ 2,160円(税込)

□保湿

膣まわりは何よりも乾燥させてはいけません。

お風呂から出た後は、顔よりも先に保湿を行いましょう。

タオルでゴシゴシ拭くことはせずに、残っている水分も一緒に専用商品で保湿します。

 

*アンティーム ホワイトクリーム

デリケートゾーン用の、美白を兼ねた保湿クリームです。

Vラインだけでなく、ワキや乳首などにも使用することができます。

オリーブオイルといった自然原料を使用し、皮膚に栄養と柔軟性、そして潤いを与えます。100g/ 2,808円(税込)

 

□マッサージ

ケアするにあたって、保湿と同じくらい大切なのがオイルマッサージです。

保湿効果が得られるだけでなく、マッサージをすることで血行も促進され、膣の粘膜を修復する効果も期待できます。

弾力も生まれ、膣が萎縮しないように予防するだけでなく、改善にも効果的です。

妊娠した際には、マッサージを取り入れることで出産が楽になることも期待できます。

方法としては、大陰唇、小陰唇そして膣口にオイルをやさしく塗りこます。

慣れてきたら人指し指と中指にオイルをつけ、第二関節ぐらいまで膣の中にいれて馴染ませます。

指の腹の部分を膣壁に密着させ、ゆっくりと回しながらマッサージしましょう。

回数としては、1日に1回、1分ほど行うことを目安に行ってください。

□まとめ

今回は、女性にとって大切な膣まわりのケアについて、ご紹介いたしました。

女性の人生にとって、大切な膣まわり。

きちんとケアをすることで、健康な状態を維持することを目指していきましょう。

何歳になっても清潔かつ健康な状態を維持することは、美容面だけでなく健康面でも、年齢にしばられない女性としての幸せをもたらしてくれるでしょう。

ぜひ今回の記事を参考に、膣まわりのケアを始めてみましょう。

気になる生理中のデリケートゾーン、きちんとケアできてますか?

「生理中でニオイが気になる」
「ムレてかゆみがでてきた・・・」
こういった悩みをお持ちの方は、いらっしゃいませんか?
女性にとって生理は、きってもきれない悩みの種ですよね。
しかし、案外生理中のケアの大切さについて、理解している人は少ないもの。
ムレをケアせずに放っておけば、最悪婦人科系のトラブルに発展することも・・・。
そこで今回は、生理中にするべきデリケートゾーンのケアについて、ご紹介します。

□きちんとしたケアが大切

女性にとって、毎月のことである生理。
どうしてもニオイが気になってしまったり、ムレてかゆみが起きてしまったりと、トラブルがつきものですよね。
これらの悩みは、きちんとケアをすることで軽減されます。
生理中だからこそ、デリケートゾーンのケアをしっかりとしましょう。

*生理用品はこまめに替えよう

ナプキンは、直接デリケートゾーンに接していることもあり、湿気がこもりやすくムレてしまいます。
それが原因でかゆみに発展してしまった方も、多いのではないでしょうか。
タンポンのひもも同様に、皮膚の刺激になります。
生理中は、通常よりもさらに湿気やすく、ムレてしまうため、こまめにナプキンやタンポンを取り換えるようにしましょう。

*下着を見直そう

生理中にムレてしまうという方の中には、レーヨン生地の下着を身につけているケースが多いです。
まずはコットン生地の下着に変えてみましょう。
通気性と吸水性に優れており、ムレがだいぶ改善されるはずです。
また、ぴったりとしたスキニータイプのジーンズや、ガードルなどの生理中の着用は、あまりおすすめしません。
これらはデリケートゾーンを覆ってしまうため、非常に通気性が悪いのです。
ムレやニオイが気になる方は、着用しないことをおすすめします。

*ビデが効果的

生理の終わりかけは、意識されていますか?
実は、終わりかけに関して、あまり気にされない方も多くはありません。
しかし、終わりかけはビデを使用し、膣内にこびり付いてしまった経血をしっかりと出し切るようにしましょう。
ビデは薬局などで販売されており、厚生労働省で承認されている医療品のため、安心して使うことができます。
きちんと出さないと、経血が逆流してしまう恐れがあり、膣内に溜まったことで雑菌が増殖し、婦人科系のトラブルに発展してしまうケースも少なくありません。
それを予防するためにも、終わりかけこそケアをきちんと行うようにしましょう。

*デリケートゾーンは清潔に

入浴時は、通常のときよりも念入りに汚れを丁寧に落とすようにしましょう。
また、汗をかいたと感じるときは、できるだけこまめにシャワーを浴びたり、温水便座を使用することを、おすすめします。

*専用のソープを使おう

ボディーソープをそのまま使用している方が多いデリケートゾーン。
しかし、膣内はもともと自浄作用があるため、ボディーソープでは必要な菌も一緒に洗い流してしまい、結果としてトラブルの原因となってしまうことも。
頭を洗うときはシャンプーを使うように、、デリケートゾーンには、それ専用のものを使うようにしましょう。
特に生理中はムレやすく、雑菌が繁殖してしまうことで、ニオイやかゆみの原因となります。
まずはきちんと洗い、清潔に保つように心がけましょう。

*専用のシートがおすすめ

生理中は、どうしても経血によってニオイが発生してしまうものですよね。
日々を気持ちよく過ごすためにも、これは予防しておきたいもの。
そんな方におすすめしたいのが、デリケートゾーン専用のウェットシートです。
生理中に気になるとき、さっとふき取ることができます。
それだけでも、ニオイはだいぶ軽減されます。
また、スポーツ後のムレやニオイの際にも、使用することができます。

□シートにはこだわりのものを

生理中のニオイやムレを解消するのに、もっとも手軽なウェットシート。
敏感なデリケートゾーンにしようするものだからこそ、こだわりのものを使いませんか?
そういった方におすすめしたいのが「アンティーム ハイジーンシート」です。

肌にやさしいデリケートゾーン専用の、洗浄ウェットシート。
抗炎症作用があり、美白効果も期待できるユキノシタエキスや、保湿作用が期待できるハトムギ種子エキスが配合されており、炎症を抑えつつ肌を整えることができます。
二オイやムレが気になったときに、トイレでさっとやさしく拭いて使うことができるため、生理中はもちろん、旅行先でも重宝されますね。
また、使用後はそのまま水に流すことが可能です。
せっかくケアを意識するなら、こだわりのものを使って肌をいたわってあげませんか。

下記画像をクリックすると商品情報をご覧いただけます。
ぜひご覧ください。

□まとめ

今回は、生理中にするべきデリケートゾーンのケアについて、ご紹介しました。
生理の日は、ただでさえ憂鬱な気分になりがちですよね。
ほんの少しケアを意識するだけで、悩みの種はぐっと減るはずです。
大切な自分自身のことだからこそ、きちんとケアをしてあげて、身も心もいきいきとした状態にしていきましょう。

メリットたくさん!妊娠中のデリケートゾーンケア

「会陰切開したくないな・・・」
「妊娠中にしておくべきデリケートゾーンのケアってあるのかな」
こういった考えをお持ちの方は、いらっしゃいませんか?
順調に妊娠が進んでいても、心配事は尽きないもの。
初めて出産される妊婦さんにとっては、特に会陰切開など、不安に感じてしまうことも多いですよね。
そこで今回は、そういった方に向けて、出産中に行うべきデリケートゾーンのケアをご紹介します。

□会陰切開とは?

会陰とは、外陰部と肛門の間にある部分のことを指します。
出産の際には、この部分が伸びることで出口が広がり、赤ちゃんが出てくることができます。
しかし、その際に十分に伸びない場合、はさみで切る必要があります。
これを「会陰切開」と呼ぶのです。
母体と赤ちゃんの双方の安全のことを考え、行われる処置です。
しかし、その後のケアなどを考えると、できるだけ会陰切開したくないという方も少なくありません。
そういった方におすすめしたいのが、会陰マッサージです。

□会陰マッサージとは?

会陰マッサージとは、デリケートゾーンをマッサージすることです。
出産前に会陰部分などのデリケートゾーンを柔らかくすることで、会陰切開の可能性を軽減させる効果が期待できます。
また、会陰の伸びが良くなっていることで、出産時に傷つきにくくなるメリットも。
傷が少なくなることで、出産後の会陰の痛みも少なくなるため、その分だけ回復が早まる効果も期待できます。

□やり方は?

マッサージは、以下の2つの動きを交互に行います。
通常、指を使って行いますが、爪が長い人や直接指で触ることに抵抗がある方は、コットンを使用してみることをおすすめします。

*Uの字を意識しよう

指1~2本にオイルをつけ、膣内の壁を、Uの字を描くようにマッサージしましょう。

*くるくる円を描くように

オイルを再びつけたら、その指で会陰と肛門の間を、横方向にマッサージしましょう。
その際には、細かく円を描くようにくるくると動かすと、より効果的です。
この2つのマッサージを、交互に行いましょう。
また、週に2~3回が目安です。
毎日すればするほど柔らかくなるというわけではないため、無理のない範囲で、マッサージを続けてくださいね。
行うタイミングとしては、入浴中または入浴直後がおすすめです。
皮膚が柔らかい分、マッサージがしやすくなります。

※注意点

デリケートゾーン、とくに会陰部分のマッサージを行うのは、体が健康な状態のときに行いましょう。
お腹が張っている、体調がすぐれないといった際には、無理をせずに控えましょう。
また、清潔な手でマッサージすることを忘れずにしましょう。
そして、デリケートゾーンのケアをするときには、肛門に指が触れないように注意しましょう。
一旦触れてしまえば、不衛生ですよね。
そういったときはマッサージをやめて、しっかりと手を洗ってから再開しましょう。

□マッサージオイルは?

できるだけ植物由来のものを使用するようにしましょう。
敏感なデリケートゾーンは、刺激の強いオイルを使えば肌荒れしてしまう可能性もあります。
「インティメール バーシングオイル」は植物由来のオイルで、肌を整え、うるおいを与えます。
出産後のサポートにも使用することができます。

下記画像をクリックすると商品情報をご覧いただけます。
ぜひご覧ください。

*主な配合植物

ブドウ種子油は、肌の保水力を高めることで角質を保ってくれます。
優しい成分のため、敏感肌の方でも、安心して使うことができます。
また、抗酸化力に優れているビタミンEが多く含まれており、皮膚細胞の酸化を抑制してくれます。
アンズ核油の原料であるアンズは、中国では古代から、食用はもちろん、薬用として使用されていました。
柔軟作用に優れており、新陳代謝を高めることで肌の老化を防ぐ効果もあります。
マンゴー種子は、柔軟作用に優れ、酸化しにくいオイルです。
皮膚へ早く浸透し、潤いを与える効果があります。

*使用方法

適量を指にとって、デリケートゾーン部分にまんべんなく伸ばしてください。
くるくると円を描くようにマッサージすることで、やわらかく保つことができます。

*使用上の注意

・体調に不安があるときは、主治医や助産師に相談してください。
・おなかが張ったり、体調に不安があるときには無理せずおやすみしてください。
・妊娠中はお肌が敏感になりやすいため、使う前には必ずパッチテストをしてください。
・清潔な手でご使用ください。

□まとめ

今回は、出産中に行うべきデリケートゾーンのケアをご紹介しました。
出産は誰にとっても不安なもの。
デリケートゾーン、特に会陰部分のケアをきちんと行うことは、会陰切開の可能性を軽減したり、産後の回復を早めたりと、メリットが多いです。
ぜひ今回の記事を参考に、自身のペースで行ってみてくださいね。
また、Intimere(インティメール)は、植物療法の第一人者である森田敦子が、女性たちのために開発したこれまでにないマタニティケアシリーズです。
興味がある方は、一度サイトを見てみてください。

大切なのは保湿だった!デリケートゾーンのセルフケア

「デリケートゾーンのセルフケアってなにをしたらいいの?」
「洗うだけでいいのかな・・・?」
こういった疑問をお持ちの方は、いらっしゃいませんか?
デリケートゾーンのケアと言えば、入浴時に洗う程度の方がほとんどですよね。
実は、それだけでは足りないのです。
しかし、実際どうしたらいいのか分からないもの。
そこで今回は、デリケートゾーンに対して習慣としてどのようなケアをしないといけないのか、そして自分自身でできるデリケートゾーンのマッサージ方法を、紹介します。

□セルフケアはなぜ大事?

では、デリケートゾーンのケアは、なぜしたほうがいいのでしょうか?

*大敵は乾燥すること

最大の理由として、乾燥を防ぐ必要があるからです。
デリケートゾーン、特に膣まわりは粘膜に覆われ、粘液で潤っていることが正しい状態です。
この粘液によって、細菌やウイルスなどの病原体から、体は守られているのです。
粘液が不足していれば、病原体をきちんとブロックすることができず、結果として感染症にかかるリスクも高まってしまいます。
さらに、粘膜が乾燥していることで、子宮にまで影響を及ぼし、女性ホルモンのバランスがくずれてしまいます。
これによって、老化のスピードが早まってしまうとも言われているのです。

*デリケートゾーンのトラブル予防にも重要

ムレやニオイ、かゆみといったトラブルがつきものの、デリケートゾーン。
これらの対策にもセルフケアは効果的です。
近年では、アンダーヘアを整える方も増えてきています。
こういったことも、トラブルの軽減には効果的です。
また同様に、丁寧に洗い、保湿することでも予防することが期待できるのです。

□なにをしたらいいの?

では、セルフケアはなにをしたらいいのでしょうか。
デリケートゾーンのケアは、専用のソープで丁寧に洗うことの他にも、専用のクリームを塗って保湿したり、オイルでマッサージしたりすることが大切です。
実はこれらのセルフケアは、ヨーロッパでは当たり前のこと。
まずは一つひとつ見ていきましょう。

*洗浄

ボディーソープや石鹸でゴシゴシこすってはいませんか?
実は、正しい洗い方ができている方は多くありません。
デリケートゾーンはとても敏感なため、優しく洗うようにしましょう。
また、髪の毛はシャンプーで洗うのと同じく、デリケートゾーンもまた、専用のソープを使用することをおすすめします。

*保湿

お風呂上りには、ローションや保湿クリームを使ってスキンケアをする習慣をつけましょう。
デリケートゾーンには、肌のバリアをしてくれる角質層がないため、顔よりも乾燥しやすいです。
そのため、すぐにローションやクリームを塗ることをおすすめします。
その際には、デリケートゾーン専用のものを使うようにしましょう。

*オイルマッサージ

デリケートゾーンのオイルマッサージをしてみましょう。
血行が促進されることで、潤いと弾力を取り戻すことができます。
まず、オイルを手に取ったら、デリケートゾーン全体に優しく塗りこむように、マッサージしましょう。
次に、指にもオイルを付けたら、膣壁に指の腹を密着させ、ゆっくりとまわしながらマッサージしてください。
これを1日1回、1分ほど行いましょう。
この際に使用するオイルも、洗浄や保湿同様、なるべく自然由来のものを使うことをおすすめします。

□まずは保湿の習慣を!

ここまで、習慣にすべきセルフケアを紹介しました。
日本人女性に最も足りていないのは、「保湿」です。
まずは、きちんと専用の保湿クリームを使って、保湿ケアを行うことから始めてみましょう。
しかし実際には、どの商品を買ったらいいのか悩んでしまうもの。
そういった方におすすめしたいのが、「アンティーム ホワイトクリーム」です。

*アンティーム ホワイトクリーム

このデリケートゾーン専用の保湿クリームは、Vラインはもちろん、ワキなどのデリケートな部分のケアに使うことができます。
オリーブオイルから抽出されている自然原料を使用しているため、肌に優しくケアすることができます。
また、それだけでなく、皮膚に栄養と柔軟性、うるおいを与えてくれるのです。
使い方としては、すりあわせて温めた手に適量の(500円玉大くらいの)をとり、デリケートゾーンや黒ずみなど、気になる箇所に塗布してください。
美白エキスも配合しているため、美しい肌へと導きます。

下記画像をクリックすると商品情報をご覧いただけます。
ぜひご覧ください。

□まとめ

今回は、デリケートゾーンに対して習慣としてどのようなケアをしないといけないのか、そして自分自身でできるデリケートゾーンのマッサージ方法を、紹介しました。
洗浄、保湿、マッサージと、実はどれも簡単で、ほんの少し意識するだけなのです。
できる範囲から習慣にしていきましょう。
また、Intimere(インティメール)は、植物療法の第一人者である森田敦子が、女性たちのために開発したこれまでにないマタニティケアシリーズです。
興味がある方は、一度サイトを見てみてください。