膣ケアにおすすめのオイルや成分を詳しく解説します!

「結婚してそろそろ子供が欲しいと考えている。」
「妊娠や出産について考えている中、どのようなものが体に良いのか知りたい。」
「デリケートゾーンをケアするとどのような効果があるのかな。」
結婚した後、子供が欲しいと考える方も多いのではないでしょうか。
妊娠や出産について考える際、どのようなことやものが体に良い効果があるのか調べる方もいらっしゃると思います。
膣ケアが、出産を控えた方や出産後の女性に効果的であることはご存知でしょうか。
膣ケアをする際、マッサージオイルを使用するとより高い効果が得られます。
そこで今回は、デリケートゾーンのケア用品として、マッサージオイルが効果的な理由と、どのような成分を含んだオイルが膣ケアには効果的なのか詳しく解説します。

 

□膣ケアが効果的な理由

膣ケアは出産の前後でとても力になってくれることはご存知でしたか。
膣ケアには膣トレやデリケートゾーン周りの毛の処理、マッサージなどが挙げられます。
膣トレを出産前にしておくと出産時の骨盤底筋へのダメージを抑えられます。
また、出産後に行うことでダメージを受けた骨盤底筋を早く回復させられます。
デリケートゾーン周りの毛の処理は怠られがちですが、非常に大切です。
汗や尿で蒸れて、細菌が繁殖しやいデリケートゾーンを清潔な状態に保ちやすくなるからです。

 

□デリケートゾーンの具体的なケア方法

デリケートゾーンのケアといっても具体的に何をしたら良いのかわからない方も多いと思います。
そこでデリケートゾーンのケアの手順と、それぞれで意識すべきことを解説します。

*洗う

デリケートゾーンでは、常在菌が病原菌の侵入を防いでいます。
病原菌の侵入を防ぐ際、バリア機能を正常に機能させるために、常在菌がpHのバランスを保っています。
膣の内部には自浄作用があり、洗う必要はないのですが、外陰部は汚れや病原菌を落とすために洗う必要があります。
この際、外陰部周りのpHのバランスに配慮した、デリケートゾーン専用のソープを使うことが重要です。

*保湿する

デリケートゾーンまできちんと保湿を行なっている方は少ないのではないでしょうか。
潤を保ち、清潔なデリケートゾーンを目指すためには、保湿することが重要です。
デリケートゾーンに使用する保湿剤は、ソープ同様pHのバランスに配慮したものを選ぶことが大切です。
また、なかなか手の届きにくい部分であるので、塗りやすい素材の保湿剤がおすすめです。

*オイルマッサージをする

膣のオイルマッサージは、膣を潤し、ほぐしてくれるだけではなく、閉経後に起こりやすい膣萎縮の予防や改善にも効果があると考えられています。
清潔な指にオイルを垂らし、膣の形に沿ってやさしくマッサージします。
時間がない方は、膣壁をゆっくりと1周なぞるだけでも効果が期待できます。
膣の内部を傷つけないよう、しっかりと爪を切ってから行うことが大切です。

□マッサージオイルに含まれていると良い成分

*モリンガ種子のオイル

モリンガ種子のオイルは非常に栄養価が高く、角質層に速やかに浸透し肌の柔軟性を高めてくれます。

 

*マンゴー種子オイル

マンゴー種子オイルは保湿成分が多く含まれており、上記で紹介したモリンガ種子のオイルと一緒に使用する事で、より高い効果が期待できます。
また、膣粘液と親和性が高く、使いやすいのも特徴です。

 

□膣トレに適したオイル

これまでで、デリケートゾーンのケアにオイルマッサージが効果的な理由と、どのような成分が含まれているマッサージオイルがケアに適しているのか紹介しました。
マッサージオイルはたくさんあり、どれが良いのかわからない方も多いのではないでしょうか。
そのような方におすすめできるマッサージオイルが、「インティメール バーシングオイル」です。
こちらの商品は、出産前に使用できるセルフマッサージオイルです。
植物療法の第一人者である森田敦子が開発した、これまでにないマタニティケアシリーズであり、女性にやさしい商品となっています。
出産32週目以降に会陰(えいん)部分をマッサージすることで肌の調子を整え、保湿する効果があります。
また、出産後に日に日に増す体の負担をやわらげ、出産後の回復をサポートしてくれる優れた効果があります。
内容量は30mLで、税込11,000円です。
気になった方は、こちらのURLからぜひ確認してみてください。
https://intime-cosme.com/shopdetail/000000000010/delicate/page1/order/

 

□まとめ

今回は、デリケートゾーンのケアにオイルマッサージが効果的な理由と、どのような成分が含まれたマッサージオイルが膣ケアには適しているのか詳しく解説しました。
デリケートゾーンをケアする際は、pHのバランスに特に気をつけるよう心がけましょう。
日本は性に関してオープンにしにくく、膣トレの効果や重要性があまり知られていないです。
膣の健康は体全身の健康と密接に関連しており、正しく膣トレを行えば老化の進行を抑えられます。
今回の記事をきっかけにデリケートゾーンのケアについて知り、健康を今まで以上に意識してみてはいかがでしょうか。