膣ケアにおすすめのオイルや成分を詳しく解説します!

「結婚してそろそろ子供が欲しいと考えている。」
「妊娠や出産について考えている中、どのようなものが体に良いのか知りたい。」
「デリケートゾーンをケアするとどのような効果があるのかな。」
結婚した後、子供が欲しいと考える方も多いのではないでしょうか。
妊娠や出産について考える際、どのようなことやものが体に良い効果があるのか調べる方もいらっしゃると思います。
膣ケアが、出産を控えた方や出産後の女性に効果的であることはご存知でしょうか。
膣ケアをする際、マッサージオイルを使用するとより高い効果が得られます。
そこで今回は、デリケートゾーンのケア用品として、マッサージオイルが効果的な理由と、どのような成分を含んだオイルが膣ケアには効果的なのか詳しく解説します。

 

□膣ケアが効果的な理由

膣ケアは出産の前後でとても力になってくれることはご存知でしたか。
膣ケアには膣トレやデリケートゾーン周りの毛の処理、マッサージなどが挙げられます。
膣トレを出産前にしておくと出産時の骨盤底筋へのダメージを抑えられます。
また、出産後に行うことでダメージを受けた骨盤底筋を早く回復させられます。
デリケートゾーン周りの毛の処理は怠られがちですが、非常に大切です。
汗や尿で蒸れて、細菌が繁殖しやいデリケートゾーンを清潔な状態に保ちやすくなるからです。

 

□デリケートゾーンの具体的なケア方法

デリケートゾーンのケアといっても具体的に何をしたら良いのかわからない方も多いと思います。
そこでデリケートゾーンのケアの手順と、それぞれで意識すべきことを解説します。

*洗う

デリケートゾーンでは、常在菌が病原菌の侵入を防いでいます。
病原菌の侵入を防ぐ際、バリア機能を正常に機能させるために、常在菌がpHのバランスを保っています。
膣の内部には自浄作用があり、洗う必要はないのですが、外陰部は汚れや病原菌を落とすために洗う必要があります。
この際、外陰部周りのpHのバランスに配慮した、デリケートゾーン専用のソープを使うことが重要です。

*保湿する

デリケートゾーンまできちんと保湿を行なっている方は少ないのではないでしょうか。
潤を保ち、清潔なデリケートゾーンを目指すためには、保湿することが重要です。
デリケートゾーンに使用する保湿剤は、ソープ同様pHのバランスに配慮したものを選ぶことが大切です。
また、なかなか手の届きにくい部分であるので、塗りやすい素材の保湿剤がおすすめです。

*オイルマッサージをする

膣のオイルマッサージは、膣を潤し、ほぐしてくれるだけではなく、閉経後に起こりやすい膣萎縮の予防や改善にも効果があると考えられています。
清潔な指にオイルを垂らし、膣の形に沿ってやさしくマッサージします。
時間がない方は、膣壁をゆっくりと1周なぞるだけでも効果が期待できます。
膣の内部を傷つけないよう、しっかりと爪を切ってから行うことが大切です。

□マッサージオイルに含まれていると良い成分

*モリンガ種子のオイル

モリンガ種子のオイルは非常に栄養価が高く、角質層に速やかに浸透し肌の柔軟性を高めてくれます。

 

*マンゴー種子オイル

マンゴー種子オイルは保湿成分が多く含まれており、上記で紹介したモリンガ種子のオイルと一緒に使用する事で、より高い効果が期待できます。
また、膣粘液と親和性が高く、使いやすいのも特徴です。

 

□膣トレに適したオイル

これまでで、デリケートゾーンのケアにオイルマッサージが効果的な理由と、どのような成分が含まれているマッサージオイルがケアに適しているのか紹介しました。
マッサージオイルはたくさんあり、どれが良いのかわからない方も多いのではないでしょうか。
そのような方におすすめできるマッサージオイルが、「インティメール バーシングオイル」です。
こちらの商品は、出産前に使用できるセルフマッサージオイルです。
植物療法の第一人者である森田敦子が開発した、これまでにないマタニティケアシリーズであり、女性にやさしい商品となっています。
出産32週目以降に会陰(えいん)部分をマッサージすることで肌の調子を整え、保湿する効果があります。
また、出産後に日に日に増す体の負担をやわらげ、出産後の回復をサポートしてくれる優れた効果があります。
内容量は30mLで、税込11,000円です。
気になった方は、こちらのURLからぜひ確認してみてください。
https://intime-cosme.com/shopdetail/000000000010/delicate/page1/order/

 

□まとめ

今回は、デリケートゾーンのケアにオイルマッサージが効果的な理由と、どのような成分が含まれたマッサージオイルが膣ケアには適しているのか詳しく解説しました。
デリケートゾーンをケアする際は、pHのバランスに特に気をつけるよう心がけましょう。
日本は性に関してオープンにしにくく、膣トレの効果や重要性があまり知られていないです。
膣の健康は体全身の健康と密接に関連しており、正しく膣トレを行えば老化の進行を抑えられます。
今回の記事をきっかけにデリケートゾーンのケアについて知り、健康を今まで以上に意識してみてはいかがでしょうか。

老化に悩む女性必見!|やっておきたい日々のケアとは?

「最近、若い時と比べて明らかに体が衰えているのを感じる。」
「一つ一つの行動で、歳をとったことを感じるようになった。」
「老化は感じているけど、具体的に何をするべきなのかわからない。」
人間誰しも必ず歳をとりますが、日常生活の行動一つで老化を感じる機会が増えた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
できる限り若い自分でありたいと考える方がほとんどだと思います。
膣の老化は、体の老化と密接に関係していることはご存知でしょうか。
膣の老化を防ぐことは、体の老化を防ぐことにつながります。
そこで今回は、膣の老化のアラートとその要因を列挙し、日々のケア方法について詳しく解説します。

□膣の老化のアラート

そもそも膣の老化現象について詳しく知らない方も多いのではないでしょうか。
主な膣の老化現象は膣粘膜の厚みが減少することに伴って、膣が萎縮することです。
更年期障害によるホットフラッシュや目眩(めまい)などが起こりやすくなったと感じた際には、膣の老化が始まっていることが多いです。

 

□膣の老化はなぜ起こるのか

膣老化の症状は、女性が更年期を迎えた時期ぐらいで起こることが多いです。
しかし、最近では20代から40代の若い女性にも膣老化の症状が出ることがあるのはご存知でしたか。
膣の老化は、女性ホルモンであるエストロゲンが減少することによって起こります。
エストロゲンが減少することによって、膣の内部が乾燥して硬くなります。
硬くなると、膣壁の弾力が弱まり、膣粘膜の厚みが減少します。
これが膣の老化です。
また、エストロゲンが減少すると、常在菌の活動が弱まるので、膣の自浄作用が低下します。
自浄作用が低下した膣は、性感染症にかかりやすくなります。
20代から40代の方で、膣の老化が起こっている方は、日常生活のストレスが主な原因であると考えられています。
日常のストレスで疲れてしまった結果、セックスレスが進み、さらに膣の老化が進むといった悪循環に陥っている方も多いです。

 

□膣の老化を抑える日々のケア方法

これまでで、膣の老化が起こった際の症状や原因について詳しく解説しました。
さまざまな要因が絡み合って起こる膣の老化ですが、ケアをすることで抑えられる場合もあります。
以下に膣の老化を防ぐためのケア方法について解説します。

*骨盤底筋トレーニングを行う

骨盤底筋の低下は、膣が固くなり、萎縮の原因に繋がることも多いです。
無理のない範囲で定期的に骨盤底筋トレーニングを行うことは、膣の老化を抑えることにつながります。

*VIOゾーンの脱毛をする

VIOゾーンに毛が生えていると、蒸れやすくなるため、かゆくなったりニオイがきつくなったりします。
膣周りの清潔感を保つことは、膣の老化を防ぐことにつながります。

*膣の洗浄と保湿を行う

膣の洗浄では、通常のボディーソープは洗浄力が強すぎるのでデリケートゾーン専用のソープを使用する必要があります。
保湿の際も、通常の保湿剤は避けた方が良いです。
膣は女性にとって大切な子宮に繋がる部分なので、オーガニックのからだに優しい保湿剤を使用するようにしましょう。

 

□それでも症状が治らない場合は

上でご紹介したケアを行っても、あまり症状が改善されない場合もあります。
ケアの効果は個人差があるので、症状が改善されなかったからといって落ち込む必要はないです。
ケアの効果をあまり感じられなかった方は、一度婦人科で診てもらうことをおすすめします。
老化の症状と原因を判断した上で、最適な治療を施してくれるはずです。

 

□女性におすすめの1冊

ここまで、老化を感じ始めた女性に膣の老化のアラートとその要因を列挙し、日々のケア方法について詳しく解説しました。
50代前後で女性は誰しもが更年期を迎え、心身ともに大きな変化が起こります。
更年期を迎えれば、今まで以上に体や心のケアが必要になります。
また、日本では性に関する話はオープンに話すことが難しく、性に関する知識が少ない方も多くいらっしゃると思います。
そのような女性に向けて、いつまでも心身ともに健康であるための情報が載った本が「枯れないからだ」です。
「枯れないからだ」では、正しいデリケートゾーンのケア方法や更年期症状の緩和法が詳しく解説されています。
今回ご紹介した内容はもちろん、もっとためになる情報が解説されています。
これからも美しい女性であり続けるためには、自分のからだについて正しく理解することが重要です。
興味のある方は、下記URLから詳細をご覧ください。
https://intime-cosme.com/shopdetail/000000000113/book/page1/order/

 

□まとめ

今回は、老化を感じ始めた女性に膣の老化のアラートとその要因を列挙し、日々のケア方法について詳しく解説しました。
歳をとるにつれて老化を感じる機会は増えていきますが、できるだけ若い自分でありたいと考える方がほとんどだと思います。
今回の記事で解説したように、膣の老化について理解し、正しい膣のケア方法を理解することで若い状態を維持しやすくなります。
老化を実感し始めた際は、ぜひ本記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。

美しさを保つ!日々のケアとマイ産婦人科で自分のからだについて知る!

「からだの変化が最近気になるので、早めにケアしたい!」
「自分のからだやその変化について、よく知りたい!」
このようなことをお考えの方はいらっしゃいませんか。
仕事や妊娠、出産を経ると、女性のからだは少しずつ変化していくものです。
しかし、いつまでも若くて美しいからだでいたいですよね。
そのためには、日々のケアがとても大切です。
そこで今回は、美しさと健康を保つためのセルフケアとマイ産婦人科について解説します!
自分のからだについてよく知る重要性、自身のからだとこころの健康を保つ方法などを見ていきましょう。

 

□セクシャルセルフケア

*セックスの重要性

日本人の中で、セックスなどの話題はタブーであることは暗黙の了解となっています。
しかし実は海外では、もっと活発にそのような性の話が交わされることが多いです。
人前で話すことは恥ずかしいことだと言って、話すことを避けるような兆候は、性についてのコミュニケーション不足に繋がるので大変もったいないこと。
しかし、この問題よりもっと危惧されるべきなのが、「性欲を感じない」とおっしゃる方が日本人に多いことです。
性欲は本来、人間の三大欲求の一つであり、それを満たすことは大きな幸福感に繋がります。
また、セックスをしないと、膣の乾きや委縮など、からだの変化を引き起こし、からだに潤いがなくなってしまうことにも繋がります。
フランスの女性は疲れた時こそ、セックスをするそうです。
セックスを通して分泌される、幸福に繋がるホルモンで疲れたからだを癒し、からだの潤いを保っています。
これは医学的にも理にかなった行為で、日本人にも大切な考え方と言えるのではないでしょうか。
すなわち、女性としての幸福を語る上で、セックスの頻度やその充実感などは欠かせない話題なのです。

*セクシャルセルフケアの推奨

前述の通り、女性として若く美しいからだを保つために、セックスは有効な方法です。
しかし、パートナーがいないなどの理由でセックスをする機会が十分にないという方もいらっしゃるかと思います。
そういった方には、セクシャルセルフケアをおすすめします。
自分でエクスタシーを起こしてあげることで、幸福ホルモンはきちんと分泌されますし、潤いのある健康的なからだを保てます。
また、セクシャルセルフケアは、自身のからだについて知る、とても良い機会です。
ぜひ、自身が快感を感じる場所を知っておきましょう。
自身のからだについてよく知っておくことで、セクシャルセルフケアの時も、パートナーとのセックスの時も、より良い幸福感を追求できるでしょう。
方法については、手を使用しても、道具を使っても良いです。
そういった道具を購入することは、日本でははばかられることが多いかもしれませんが、フランスでは普通にデパートなどで販売されています。
こそこそと人目を気にする必要はありません。
自身のからだについて知り、若くて美しいからだを保つために、セクシャルセルフケアを有効に行ってみてください。

□マイ産婦人科を持つことの推奨

デリケートゾーンや膣周りの女性の悩みを相談する相手となると、少し悩む方もいらっしゃるのではないでしょうか。
女性の方には、ぜひかかりつけのマイ産婦人科を持つことを推奨します。
膣周りの不快感、更年期障害、美容領域を含むアンチエイジング全般、女性特有の疾病の相談や検査など、さまざまな悩みを解決してくれます。
産婦人科を通して、普段からそういったお手入れをしていれば、小さな異変にもすぐ気付き、病気の早期発見や早期治療が可能です。
また、異変に気付いた時にも、自分のことをよく知っており、信頼できるマイ産婦人科があればとても安心ですよね。
自身のからだの健康と精神的な安心のために、マイ産婦人科を持つことは大変有効な手段と言えます。

 

□読んでおきたい2冊

これまで、セクシャルセルフケアの大切さや方法、マイ産婦人科を持つことの推奨などを通して、自身のケアの重要性をお伝えしてきました。
最後に、これからあなたが自身のケアに取り組んで行くにあたって、参考になるであろう書籍をご紹介したいと思います。

*『潤うからだ

女性のデリケートゾーンは、自身の健康や精神バランスを推し量る大切な判断材料です。
デリケートゾーンのケアは、なかなか話に挙がりにくいトピックです。
そのような中でしっかりと向き合い、正しい知識に基づいた正しいケアを通して、女性としてからだの潤いを保つことの重要性を説いた本です。
デリケートゾーンのケアについて考え始めるきっかけになると思います。
興味がございましたら、以下のURLよりぜひ詳細を確認してみてください。
https://intime-cosme.com/shopdetail/000000000014/book/page1/order/

*『感じるところ

生理不順やPMS、セックスレスや不妊、腟のケアと繋がってきます。デリケートゾーンのケアについての重要性や方法、さらには女性のからだと心の関係などについて綴られたエッセイです。
ぜひ本書を、女性として生きていく上で大切なことを知る機会にしてください。
こちらも、興味がございましたら、以下のURLよりぜひ詳細を確認してみてください。
https://intime-cosme.com/shopdetail/000000000121/book/page1/order/

 

□まとめ

今回は、美しさと健康を保つためのセルフケアとマイ産婦人科について解説しました。
セクシャルセルフケアやマイ産婦人科を持つことの重要性についてご理解いただけたでしょうか。
女性として、からだに潤いを保ち、幸福感を持って暮らすために、自身の性について考えることは重要なことです。
恥ずかしく感じることもあるかと思いますが、この記事をぜひ今後のご自身の性について考えるきっかけにしてみてください。

プレ更年期の方必見|植物療法のメリットを詳しく解説します!

「これからも子育てをしていかなければならないけど、そろそろ更年期が心配だな。」
「そもそも更年期の始まりの症状に何があるのかわからない。」
「プレ更年期に効果的な対策法を知りたいな。」
40歳を超えた女性で、更年期について意識し始める方もいらっしゃるのではないでしょうか。
更年期は、50歳前後から始まると言われております。
プレ更年期に植物療法が効果的であることはご存知でしょうか。
今回の記事では、更年期の各症状に対して、効果的な薬草や植物療法のメリットを詳しく解説します。

 

□植物療法のメリット

現在、更年期症状を抑える方法はたくさんあります。
植物療法のメリットはご存知でしょうか。
植物療法はフィトテラピーとも呼ばれている天然の植物を使用した治療方法です。
化学の力で作られた薬とは異なり、即効性は低いのが特徴です。
しかし、ゆっくりと時間をかけながら体調を整え、体の自然治癒力を高めてくれる効果があります。
そのため、長期的に更年期の症状を改善できたり、症状を予防できたりするのが植物療法のメリットです。
また、化学物質を含まない植物を使用しているので、安心して服用できるというメリットもあります。
薬と比べて副作用が出にくいということも嬉しいポイントです。

 

□更年期の症状に効果的な薬草

更年期の症状によって効果のある薬草は異なります。
更年期の改善や予防に効果のある薬草をいくつかご紹介します。

*火照った顔に効く

更年期の症状に、顔の火照りがあります。
火照りの症状には、チェストベリーとブラックコホシュが効果的です。
2つを組み合わせることによって、より効果を発揮できます。

*不安定な気持ちを安定させる

更年期の症状は身体的にも心理的にも辛いものが多いです。
更年期の症状や不安などによって感情が不安定になる場合もあると思います。
そこでおすすめは、メリッサとラズベリーリーフです。
緩和のトランキライザーとも呼ばれるほど効果があります。
メリッサだけでも十分な効果が期待できますが、2つを合わせることで、より効果が高まります。

*悩みを解消してくれる

更年期では、悩むことも多いですよね。
セントジョンズワート(メルパフェチュイ)は、天然の抗うつ剤とも呼ばれるほど、精神を安定させる効果があります。

*不眠症を改善する

更年期の症状によっては、眠りにくくなる方もいらっしゃると思います。
そこでおすすめの薬草は、バレリアン。
バレリアンには睡眠導入の効果があり、精神を落ち着かせて眠りやすい状況を作り出してくれます。

*免疫力を向上させてくれる

更年期のさまざまな症状が重なった結果、疲労が溜まったり免疫力が低下したりすることが多いです。
免疫力が低下した状況では、風邪もひきやすくなり、さらに元気を無くしてしまいます。
そのような時におすすめなのがエキナセアです。
エキナセアにはウイルスを撃退してくれる効果があるので、病原菌から弱った体を守ってくれます。

*頭痛を改善する

更年期の症状で特に多いのは頭痛ではないでしょうか。
グルフォニアは頭痛を和らげる効果があります。

□女性におすすめの1冊

ここまで、更年期の症状に効果的な薬草や、植物療法のメリットについて詳しく解説しました。
50代前後で女性は誰しもが更年期を迎え、心にも体にも大きな変化が起こります。
更年期を迎えれば、今まで以上に体や心のケアが必要になります。
また、日本では性に関する話はオープンに話すことが難しく、性に関する知識が少ない方も多くいらっしゃるかと思います。
そのような女性に向けて、いつまでも心身ともに健康であるための情報が載った本が「枯れないからだ」です。
「枯れないからだ」では、正しいデリケートゾーンのケア方法や更年期症状の緩和法が詳しく解説されています。
今回ご紹介した内容はもちろん、もっとためになる情報が解説されています。
これからも美しい女性であり続けるためには、自分のからだについて正しく理解することが重要です。
下記URLから詳細をご覧ください。
https://intime-cosme.com/shopdetail/000000000113/book/page1/order/

 

□まとめ

今回は、更年期の症状が心配な女性の方にプレ更年期の症状に効果的な薬草や植物療法のメリットについて詳しく解説しました。
更年期は、女性の方なら誰しも通る道であり、悩まされる方も多いです。
しかし、今回の記事で解説したように、薬物療法であれば更年期の症状を抑えたり、改善したりできます。
更年期についてお悩みの際は、ぜひ本記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。