【デリケートゾーンケアの冷えに悩む方へ】女性特有の健康面を改善する方法をご紹介

「最近デリケートゾーンをケアしたのですが、冷えが気になってる。どう対処したらいいのだろう?」
「デリケートゾーンをケアすると、健康面にどんないいことがあるのだろう?」
「デリケートゾーンでおすすめのケアの方法があれば、教えてほしい。」
上記のようなお悩みを抱えていらっしゃいませんか?
デリケートゾーンの経皮吸収率は頬や顎の3倍以上もあり、しっかりケアしないとすぐに肌荒れや乾燥が起きます。
デリケートゾーンは角質層がなく、粘膜です。
保湿ケアをはじめ、美容液をきちんと塗ってケアしておかないと、細菌やウイルスが体内に入って健康面に大きく影響します。
そこで今回は、デリケートゾーンのケアが健康面にどう影響するのかを解説し、仕事でとても忙しい方でもデリケートゾーンのケアができる方法をご紹介します。

□デリケートゾーンのケアと健康面の関係

デリケートゾーン、すなわち膣は角質層がなく粘液です。
以下では、デリケートゾーンを膣と表現します。
角質層は、皮膚の表面にあり、バリア機能を果たすものです。
このバリア機能が膣にはありませんので、粘液力が健康に大きく関わってきます。
また粘液力は、体の水分が主成分の粘液を用いて、体内に入った細菌やウイルスなどのような異物を体外に出す力のことです。
以下では膣粘液や免疫力への影響について解説します。

*膣粘液

膣粘液の量や粘度が高いと効果的なポイントは以下の通りです。

・膣内のうるおいを保ち、清浄効果がある

膣は将来、子供が生まれるためのとても大事な場所です。
しかし、膣は加齢と共に弾力や潤いがなくなってきます。
その結果、月経が止まったりして、妊娠しにくい体に変化していくのです。
うるおいを常に保つことで、膣の老化を防ぎ、妊活にも励んで新しい命を授かりやすくなるでしょう。
また膣のかゆみや乾燥、尿もれといった、恥ずかしさから人になかなか相談しにくい問題の改善にもつながります。

・性交しているときの潤滑油のはたらきをして、痛みを軽減する

膣粘液が十分に分泌されていない状態で性交すると、男性器が膣内をそのまま刺激してしまうため、気持ちよさよりも痛さを感じてしまう場合があります。
また女性は、膣粘液は性交しているときは、性的刺激や愛撫などによって膣壁から分泌されるので、十分に分泌されないと焦りを感じてしまい、かえって逆効果になるかもしれません。
その結果、性交に対して前向きになれず、子供ができない焦りなどから男女間でうまくいかないケースもあります。
この痛みを軽減するために、ローションや潤滑ゼリーを使う方もいらっしゃるようです。
しかし、女性の中ではこれらを化学物質と捉えてしまい、自分の膣内に入れることに抵抗がある方もいらっしゃいます。
そのため、普段のデリケートゾーンケアがとても重要です。

・子宮の中に入ってしまった異物をきちんと体外に出す

子宮も何らかの経緯で異物が侵入します。
この異物がホルモンの分泌に影響すれば、髪質の低下、肌荒れなど、美容面で大きな変化をもたらす可能性があります。
また月経周期の乱れ、イライラが止まらない、判断力低下、不眠といった症状を引き起こすこともあります。
女性にとって、ホルモンバランスはとても重要なことですので、分泌量を増やすことはとても重要です。

・膣内の冷えを解消する

膣内に潤いを保つことで、膣内に温かさを届けられます。
その結果、膣の冷えを防いでくれます。
こういった下腹部の冷えはさまざまな症状を引き起こすので、膣内の冷えを解消することでそういった弊害をまとめて解決につなげられるでしょう。

□デリケートゾーンケアの方法

膣粘液の分泌の改善はもちろんのこと、やはりデリケートゾーンのニオイやムレも気になると思います。
そんな方には「アンティーム フェミニン ウォッシュ」がおすすめです。
気になるニオイやムレをしっかりと洗えます。
またデリケートゾーンの保湿にお悩みの方は「アンティーム ホワイトクリーム」がおすすめです。
デリケートな部分でもしっかりとうるおいを与えられるので、肌荒れを改善したいときに効果的です。
最後に、膣の潤いに関するバイブル本として「潤うからだ」という本があります。
こちらは当記事の内容をさらに深掘りし、知識を根底から身につけられるように構成されています。
空いた時間にぜひこの本を読んでみてください。
きっと読む前と読んだ後では、気持ちに大きな変化が生まれているでしょう。

□まとめ

今回は、デリケートゾーンのケアが健康面にどう影響するのかを解説し、仕事でとても忙しい方でもデリケートゾーンのケアができる方法をご紹介しました。
デリケートゾーンケアによって膣粘液力を向上させることがとても重要であることをお分りいただけたでしょうか?
女性の体は男性の体に比べてとても繊細で、さまざまな症状が出やすいです。
自分の体のことをきちんと知ることで、健康な体になれるだけでなく美容面でも改善し、妊娠しやすい体になります。
ぜひこの記事を読んで、膣粘液力を高めていきましょう。

 

▶︎INTIME ORGANIQUE オンラインストア
https://intime-cosme.com/