知っておくべき!膣まわりを清潔で健康的に保つための方法!

「デリケートゾーンを清潔に保つためには、どのようなことに注意すればいいのだろう?」
「膣まわりはどのように洗えばよいのかを、教えてほしい。」
など、デリケートゾーンをきれいにする方法について、お悩みの方も多いと思います。
自分の体のためにも、デリケートゾーンのケアは大切です。
しかし、どのようにケアを行うかについて教えてもらうことって、なかなかないですよね。
また、オープンに話すことが難しい話題のため、友達とも恥ずかしくて情報交換できないかもしれません。
今回は、膣まわりを清潔で健康的に保つための方法についてご紹介します。

□肛門まわりの汚れを残さない

*お尻の正しい拭き方

肛門は膣の近くにあるため、お尻も丁寧に拭く必要があります。
大切なことは、ゴシゴシと強く拭き取るのではなく、やさしく拭き取ることです。
強い力を加えると、肛門まわりの皮膚を傷つけてしまうかもしれません。
しかし、便が残ってしまうと、臭いだけでなくムレやかゆみの原因になってしまいます。
そのため、お尻はやさしく、しっかりと拭き取る必要があるでしょう。
日本では普及しているウォシュレットを、活用するのも良いでしょう。
ウォシュレットを正しく使用することで、お尻の穴をしっかりと洗浄できます。
お尻の穴だけでなく、そのまわりの汚れを落とすために、ウォシュレットの洗浄水を肛門まわり全体に当てるように意識すると良いでしょう。

□洗う時に注意すべきお尻の特徴

普段見えない場所のため、どのような特徴があるのかを知らない人も多いのではないでしょうか。
肛門まわりの特徴を知り、適切な方法で清潔に保ちましょう。

*毛が生えている

見えづらい場所のため、気づかないかもしれませんが、お尻の穴のまわりには毛がたくさん生えています。
排便の際に、それらの毛に便が付いてしまう場合があります。
また、拭き取るときに使うトイレットペーパーが毛に絡んでしまい、トイレットペーパーのカスが残ってしまうかもしれません。
便やトイレットペーパーが残っていると、臭いが強くなる可能性があるので、注意が必要です。

*放射線状のシワ

お尻の穴を中心として、外へ広がるような形のシワがあります。
つまり、肛門まわりはデコボコになっているということです。
溝となる場所には、トイレットペーパーや便が溜まりやすい傾向にあります。
そのため、表面だけでなく、シワの間も忘れずに洗うようにしましょう。

□デリケートゾーン全体をきれいに保つための注意点

膣まわりを清潔で健康を保つためには、肛門まわりをきれいにするだけでは、不十分です。
デリケートゾーン全体をきれいする必要があります。
そのために、注意すべき点についてご紹介します。

*お湯だけでは汚れを落としきれない

「ボディーソープを使って、ゴシゴシと強めに洗う。」
「デリケートなところだからと、石鹸などを使わずお湯だけで洗う。」
以上のような洗い方は、膣まわりにとって避けるべき洗い方です。
デリケートゾーンは敏感なため、手で洗うことは鉄則ですが、お湯だけでは汚れを落としきれない場合があります。

*ボディーソープは刺激が強い

顔や腕、足など体の大部分は、肌を守る役目を果たす角層というバリアがあります。
しかし、膣まわりには角層がありません。
そのため、体を洗うために作られている、ボディーソープや石鹸の洗浄力は、デリケートゾーンには刺激が強すぎるようです。
刺激の強い洗浄剤を使うことで、汚れだけでなくうるおいまでも、洗い流されてしまうかもしれません。
そのため、膣まわりを洗う際は、デリケートゾーン専用のソープを使うことをオススメします。
頭はシャンプーで、体はボディーソープで洗うことと同じように、デリケートゾーンの特徴にあった洗浄剤を使用しましょう。

□ハイジーンシートの活用

*ハイジーンシートとは

ハイジーンシートとは、デリケートゾーン専用のウェットティッシュです。
肛門まわりや膣まわりなど、拭き取り方に注意すべき点が多い場所の拭き取りにぴったりのシートです。
携帯できるものが発売されている商品もあります。
ハイジーンシートを活用することで、デリケートゾーンを清潔に保てるだけでなく、乾燥を防いでくれるでしょう。
また、おりものが多いときに活用することで、かゆみや臭いを抑えられるかもしれません。

*おすすめの商品

「アンティーム ハイジーンシート」

デリケートゾーンを優しく洗浄するためのシートです。
たくさんのご要望により、開発されました。
パッケージもおしゃれで、携帯できるようになっています。
このシートがあれば、外出中にムレやニオイが気になっても、さっと拭き取れるでしょう。
また、使用後はトイレに流せるため、とても簡単に使用できます。
相手と距離が近くなるデートの前や、生理の時、また旅行の時などに使用しましょう。

下記画像をクリックすると商品情報をご覧いただけます。
ぜひご覧ください。

□まとめ

今回は、膣まわりを清潔で健康的に保つための方法についてご紹介しました。
デリケートゾーンは他の体の部分とは異なるケアが必要です。
また、お尻は汚れが残ってしまいやすい部分です。
正しい洗い方を知ることで、膣まわりを清潔に保ちましょう。

 

▶︎INTIME ORGANIQUE オンラインストア
https://intime-cosme.com/

デリケートゾーンのケア不足が原因!?3つの症状とは?

デリケートゾーンのケアを怠ることが原因となって、起こるトラブルや
ケアを行うことで得られるメリットについて教えてほしい!!
上記のようにデリケートゾーンのケアの効果について、疑問をお持ちの方も多いと思います。
海外では当たり前のように、デリケートゾーンのケアが行われていますが、
日本のデリケートゾーンのケアに対する意識は低い傾向にあります。
意識を高めるためには、デリケートゾーンのケアの重要性を知ることが大切です。
そこで今回は、デリケートゾーンのケア不足によって引き起こされるトラブルや症状、オススメのケア商品などについて詳しくご紹介します。

□引き起こされる3つの症状

*不妊

膣まわりのケアを怠っていると、膣が委縮してしまう可能性があります。
膣が萎縮してしまっている状態では、妊娠しやすいとは言えません。
妊娠しやすいからだにするためには、生活習慣や食生活を正すだけではなく、膣まわりのケアも大切です。
膣まわりのケアを行うことで膣力を高められるかもしれません。
締め付ける膣力があれば、お互いの感度も高まり、妊娠しやすい状態につながるでしょう。
また、良い粘液を出す膣力があれば、粘度の高い粘液がたくさん分泌され、パートナーの精子が受精することを助けてくれます。

*セックスレス

加齢とともに膣は乾燥しやすくなります。
しかし、現代では若い女性でも膣が乾燥し、萎縮してしまうことが増えている傾向にあります。
膣が萎縮している状態では、膣液が分泌されにくくなり、セックスの際に痛みを感じてしまうでしょう。
その痛みから、セックスをしたいと思わなくなってしまう可能性もあります。
性的に興奮することがなくなり、さらに乾燥が進むという悪循環に陥ってしまいセックスレスにつながるかもしれません。

*出産時の負担の増加

普段膣口は2~3センチメートルほどの小さな穴です。
出産の時には、その穴から約3000グラムの赤ちゃんが出てきます。
その際、膣まわりが硬い状態だと、膣が広がりにくく苦しい出産になるかもしれません。
普段から、オイルマッサージなどの膣まわりのケアをしておくことで、出産時の出血や痛みを抑えられる可能性があります。
また、出産で大きなダメージを受けた膣を、ケアすることも大切です。
保湿効果のあるラベンダーのエッセンシャルオイルなどが含まれたオイルでケアすることで、痛みが早くおさまる傾向にあります。

□オススメのケア用品

デリケートゾーンのケアを始める際、まずケア用品を手に入れましょう。
しかし、日本では、デリケートゾーン専用のケア用品を見かけることは、少ないです。
しかし、店頭に並んでいなくても、素晴らしい商品はたくさんあります。
中でも、オススメのデリケートゾーン専用のケア用品を挙げていきます。

*アンティーム フェミニン ウォッシュ

デリケートゾーン用のリキッドソープです。
ボディーソープなどは、大きく石鹸ベースと石油由来の洗剤ベースの2つに分けられます。
一般的にスーパーなどで売られているボディーソープは、石油由来のものがほとんどです。
つまり、ソープという名前で呼ばれていますが、実際は洗剤に近いものです。
一方で、リキッドソープは石鹸ベースの女性のお肌にも優しい石鹸です。
固形石鹸は使いにくいと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、リキッドソープは液体のため、手軽に使用できます。

下記画像をクリックすると商品情報をご覧いただけます。
ぜひご覧ください。

*アンティーム ホワイトクリーム

デリケートゾーン用で、保湿や美白効果のあるクリームです。
乳首やワキ、Vラインなど、デリケートな部分のケアに使用できます。
オリーブオイルから抽出された天然原料が配合されているため、お肌にうるおいや柔軟性を与えてくれるでしょう。
また、美白効果が期待できるため、デリケートゾーンの気になる黒ずみを改善できる可能性があります。

下記画像をクリックすると商品情報をご覧いただけます。
ぜひご覧ください。

*アンティーム ローズローション

デリケートゾーンにうるおいを与えてくれるジェルローションです。
とろみがある肌触りで、植物の力でお肌をぷるぷるに保ってくれるでしょう。
使用する際には、すり合わせて温めた手に、アンティーム ローズローションを適量とります。
それを塗布することで、デリケートゾーンにうるおいを与えられることでしょう。

下記画像をクリックすると商品情報をご覧いただけます。
ぜひご覧ください。

 

□まとめ

今回は、デリケートゾーンのケア不足によって引き起こされる症状や、オススメのケア用品についてご紹介しました。
現在の日本では、デリケートゾーンのケアというと、恥ずかしい話題のひとつかもしれません。
そのため、デリケートゾーンに関する情報が不足し、日本人女性のデリケートゾーンのケアに対する意識は低いままになっています。
このままでは、将来デリケートゾーンに関わる症状で悩まれる方が、増加する可能性があります。
自分の将来のためにも、デリケートゾーンのケアはとても大切なことです。
症状が現れることの防止や症状の緩和のために、今回ご紹介したケア用品を使用してみてはいかがでしょうか。

 

▶︎INTIME ORGANIQUE オンラインストア
https://intime-cosme.com/

海外のデリケートゾーンのケア事情!日本は遅れている?!

海外におけるデリケートゾーンのケアについて、疑問をお持ちの方も多いかもしれません。

・日本ではあまり話題に上らないが、海外ではどうなのかを知りたい。

・日本のデリケートゾーンのケアに対する意識は、世界規模で見ると遅れているのだろうか?

親しい外国人の友達がいない限り、外国人の方に直接尋ねるのは困難です。
また、現地に行くことも大変ですので、なかなか海外のデリケートゾーンのケアについて知ることは少ないと思います。
今回は、デリケートゾーンに関する海外と日本の意識の差についてご紹介します。

□海外と日本の意識の差

*デリケートゾーンのケアに対する考え

日本では、顔や腕、足など見える部分のケアは入念に行われます。
しかし、デリケートゾーンのケアを行う人は少ないと思います。
何か特別な理由があり、ケアをしないのではなく、デリケートゾーンはケアをすべき部分という意識がそもそもないようです。
一方、海外では、デリケートゾーンのケアは積極的に行われています。
ケアを行うことが普通で、エチケットのひとつとして捉えられているようです。

*教育面

日本では、性について詳しく学ぶことは珍しいでしょう。
学校や親子間でも、デリケートゾーンに関わる話題は避けられる傾向にあります。
一方で海外では、第二次成長期頃に学校で、性行為や妊娠について詳しく学びます。
さらに、同時期に母親がデリケートゾーンのケアなどについて家庭で教えます。

*意識が高い国フランス

フランスでは、デリケートゾーンのケアは当たり前のことと認識されており、ケア用品が豊富に販売されています。
フランスでは、有名な高級デパートでもデリケートゾーン専用のケア用品を購入できます。
また、それらは特別な売り場が設けられているわけではなく、化粧品などと並んで販売されています。
売り場では、若い女性から80代のご高齢の方まで幅広い年代の方が、デリケートゾーンのケア用品を選んでいる様子が見受けられます。
さらに、フランスでは、普段だけではなく妊娠中もデリケートゾーンのケアを行うことが一般的です。
ケア方法の1つに、オイルマッサージがあります。
オイルマッサージによって、膣まわりをやわらかくすることで、出産時の負担が減ると言われています。

□オススメのケア用品

日本では、デリケートゾーン専用のケア用品を見かけることは少ない傾向にあります。
しかし、ケア用品が全くないわけではありません。
素晴らしいケア用品もたくさんあります。
その中でも、オススメのデリケートゾーン専用のケア用品を紹介していきます。

*アンティーム フェミニン ウォッシュ

デリケートゾーン用のリキッドソープです。
リキッドソープとは、石鹸由来でお肌に優しい液体石鹸のことを指します。
ボディーソープなどは、大きく石鹸ベースと石油由来の洗剤ベースの2つに分けられます。
一般的にスーパーなどで売られているボディーソープは、石油由来のものがほとんどです。
つまり、ソープという名前で呼ばれていますが、実際は洗剤に近いものなのです。
一方で、リキッドソープは天然の植物原料にこだわった女性のお肌にも優しい石鹸です。
固形石鹸は使いにくいと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、リキッドソープは液体のため、手軽に使用できます。
デリケートゾーンのケア用品には、原料までこだわりたい方にお勧めです

下記画像をクリックすると商品情報をご覧いただけます。
ぜひご覧ください。

*アンティーム ホワイトクリーム

デリケートゾーン用で、保湿や美白効果のあるクリームです。
乳首やワキ、Vラインなど、デリケートな部分のケアに使用できます。
オリーブオイルから抽出された天然原料が配合されているため、お肌にうるおいや柔軟性を与えてくれるでしょう。
また、美白効果が期待できるため、デリケートゾーンの気になる黒ずみを改善できる可能性があります。
上記でご紹介した「アンティーム フェミニン ウォッシュ」と「アンティーム ホワイトクリーム」がGLOW 『40代が選ぶBeauty itemグランプリ〜デリケートゾーンケア部門〜』で1位に選ばれています。

下記画像をクリックすると商品情報をご覧いただけます。
ぜひご覧ください。

*アンティーム ローズローション

デリケートゾーンにうるおいを与えてくれるジェルローションです。
テクスチャーはとろみがあり、植物の力でお肌をぷるぷるに保ってくれるでしょう。
使用する際には、すり合わせて温めた手に「アンティーム ローズローション」を適量とります。
それをデリケートゾーンに塗布することで、うるおいを感じられることでしょう。

下記画像をクリックすると商品情報をご覧いただけます。
ぜひご覧ください。

□まとめ

今回は、デリケートゾーンに関する海外と日本の意識の差や、オススメのデリケートゾーンのケア用品についてご紹介しました。
フランスなどでは、デリケートゾーンのケアが当たり前のように行われています。
一方で、現在の日本では、デリケートゾーンのケアについては、話すことが恥ずかしい話題のひとつかもしれません。
しかし、デリケートゾーンのケアは自分の為にも、愛する人のためにも大切なことです。
今回ご紹介したケア用品を、使用してみてはいかがですか?

 

▶︎INTIME ORGANIQUE オンラインストア
https://intime-cosme.com/