更年期障害の影響はこんなところにも!デリケートゾーンのケア、始めませんか?

「最近体調がよくないな…」

体調不良の原因は様々ですが、女性ならではの問題としては体の変化が考えられます。

その一つとして年齢を重ねるにつれて起こるデリケートゾーンの老化です。

このお悩みは、日々のデリケートゾーンケアを見直すことで改善できるかもしれません。

デリケートゾーンのケアをあまり意識していなかった方も中にはおられるかと思います。

そんな方にもお役立ていただけるようデリケートゾーンケアの必要性から簡単な方法までをご紹介します。

□デリケートゾーンのケアはどうして必要なの?

 

日本ではあまりデリケートゾーンのケアは一般的ではありません。

ケアと言っても具体的に何を使ってどうすればいいのかがわからない方がほとんどだと思います。

しかし、女性にとってデリケートゾーンは体調や美容も含めて非常に重要な部位です。

排泄や月経だけでなく、恋人とのコミュニケーションや出産などいつも膣周りが重要な役目を果たしています。

膣周りの環境が女性の体の健康を担っている一つだと言っても過言ではありません。

こういった意識から欧米ではデリケートゾーンケア用品がデパートの化粧品売り場と並んで売られていたりと一般的です。

デリケートゾーンも肌や髪と同様に、きちんと洗って、クリームやローションで保湿、オイルでマッサージなど日々のメンテナンスしておく必要があります。

では実際に、デリケートゾーンのケアが不足してしまうとどういった影響が出てくるのでしょうか?

*気になるあの蒸れやニオイはデリケートゾーンのケア不足から

 

デリケートゾーンのケア不足で一番多く認識されているのが、蒸れやニオイです。

これはケア不足もありますが、実はそもそものデリケートゾーンケアの方法が間違っている可能性が高いのです。

例えばデリケートゾーンのヘアはどのように処理していますか?

下着から見えないよう、Vラインをきれいに整えている方は最近では多いですよね。

Vラインこそ増えてきていますが、膣周辺のIラインや肛門周辺のOラインはどうでしょうか?

あまりIライン、Oラインをきれいに整えている方は少ないと思います。

Iライン、Oラインのヘアが残っていることで、拭き残しなど汚れが溜まってしまうことで蒸れや臭いが発生します。

また、膣周辺の恥垢と呼ばれる白い垢は臭いの元です。

後にご紹介する方法で、日々正しいケアを意識してみてください。

 

*膣の乾燥は更年期障害につながる!?

 

膣粘液が分泌される量には、女性ホルモンの影響が大きく関係しています。

そのため、年を重ね更年期に近づいてくると、だんだん膣は乾燥しやすくなってしまいます。

実は膣が乾燥すると、粘膜が薄くなってしまうため、膣周りの皮膚がたるんでしわの目立つデリケートゾーンになってしまうのです。

さらに膣が乾燥すると、血の流れが悪くなり、指さえも入らない事態となる危険性があります。

 

□デリケートゾーンの正しいケア方法

ここまで、デリケートゾーンのケア不足がどのような問題を引き起こすのかについてご紹介しました。

ご自身の日ごろのケアを思い返して不安になった方もいるかもしれません。

では実際に、デリケートゾーンはどのようにケアするのが正解なのでしょうか。

*デリケートゾーンの汚れの落とし方

 

まずはデリケートゾーン用のソープを用意し、よく泡立てていきます。

膣から一番遠くにあるひだを大陰唇と呼び、膣のすぐ外にあるひだは小陰唇と呼びます。

大陰唇、小陰唇のひだを指先でつまみ、丁寧に洗っていきましょう。

このとき、力を入れすぎたり、爪を立ててしまったりしないようにすると安全です。

この時、ひだの裏側の汚れに注意してください。

裏側にある白い汚れは恥垢と呼ばれる垢で、デリケートゾーンのニオイの原因となってしまいます。

放置してしまうとかゆみの元にもつながるので、きれいにするようにしましょう。

 

*デリケートゾーンに潤いを与える

デリケートゾーンは粘膜に覆われています。

そのため、粘液が出にくくなっているのは健康に問題があるサインです。

粘液が十分に出る「粘液力」の高い状態を保つことで、異物の侵入を防ぎ、ホルモンバランスを整える手助けをしてくれます。

デリケートゾーンを洗った後は、専用のローションを適量とり、手で温めてから塗布するようにしましょう。

 

□デリケートゾーンのケアは洗うだけではない!

*マッサージをしてデリケートゾーンの萎縮を防ぐ

ローションで保湿するだけでなく、オイルでマッサージをすることも効果的です。

膣が萎縮してしまうと更年期での不調の原因にもつながります。

ヘアケアをする際には、頭皮用のシャンプーを使い、コンディショナーやトリートメントをします。

フェイスケアであれば、肌に使うのに適した化粧水や乳液を使います。

これらと同じように、デリケートゾーンのケアにはデリケートゾーン専用のものを使う必要があります。

当社の製品の中でもデリケートゾーンの保湿におすすめなのが、「アンティーム ローズローション」です。

植物由来の成分を利用し、乾燥したデリケートゾーンに潤いを与えることができます。

使い方としては、オイルを丁寧にデリケートゾーンに塗り、指先でゆっくりなじませていきます。

毎日行わなくても2〜3日に1回のくらいで約1分間マッサージしてください。

□まとめ

今回は、デリケートゾーンのケアについて詳しくご紹介しました。

デリケートゾーンを適切にケアすることで、更年期障害や精神的なストレスからくる膣の乾燥を防ぎ、より健やかで美しくいることができますよ。

この記事を読んだ方が、女性にとって重要なデリケートゾーンを適切にケアし、今よりいきいきと生活することができれば幸いです。

ゆらぎ世代のデリケートゾーンケア。方法は?

「デリケートゾーンも老化する」

このような話を耳にしたことがある方はいませんか?

中にはこの情報について、半信半疑である方もいるかもしれません。

デリケートゾーンが老化すると、様々なトラブルが起きてしまいます。

しかし、それをどう対処すれば良いのかわからない方も多くいらっしゃいます。

そこで今回は、ゆらぎ世代のデリケートゾーン老化を防止するためにどのようなケアができるのかについてお話しします。

□ヨーロッパと日本のデリケートゾーンケアについて

ヨーロッパや欧米諸国などの国に比べ、日本の女性のデリケートゾーンに対する意識は低いと言われていることをご存知ですか?

デリケートゾーンは、女性の暮らしにおいてとても重要な場所です。

毎日の排泄はもちろん、毎月来る月経や恋人とのコミュニケーション、妊娠から出産までに関わっている部位なのです。

これほど私たちの生活に密接に関係しているデリケートゾーンですが、そのケアにまつわる知識は日本ではほとんど教育されていません。

学校はもちろん、自身が教えられた経験がないためか、母親が娘に教えないことも多くあります。

一方、ヨーロッパではデリケートゾーンについてきちんと教育が行われていることが多いです。

母親が娘に、デリケートゾーンを専用の洗剤で丁寧に洗ったり、クリームやオイルを使って保湿、さらにマッサージしたりすることを教えるのは非常に一般的なことです。

近年では、日本のカップルや夫婦が多くセックスレスを経験しています。

対するヨーロッパのカップルや夫婦は、年を重ねてもセックスレスにはなりづらい傾向があります。

だからこそ、ヨーロッパではいくつになってもデリケートゾーンに対する意識が高いのかもしれません。

 

□デリケートゾーンも年齢とともに変化する?

 

冒頭で、「ゆらぎ世代のデリケートゾーンケア」ということについて触れました。

デリケートゾーンがお肌や髪、体型と同じように年を重ねるにつれて変化していくのは事実です。

では、デリケートゾーンが老化するとどうなるのでしょうか?

実は、膣周りが老化すると、膣は乾燥しやすくなっていくのです。

本来であればデリケートゾーンは粘膜に覆われ、分泌された粘液で潤っている状態にあります。

この粘液は体の中に細菌やウイルスが入ってくることを防ぎ、免疫力を高めてくれます。

加齢に伴ってこの膣分泌液の量が少なくなり、膣が乾燥してくることで、免疫力が下がってしまうのです。

また、この粘液は女性ホルモンの分泌にもかかわっているため、膣の乾燥は老化をさらに早めることにつながります。

この膣の乾燥は、放置しておくとさらに他の症状を引き起こします。

まず、膣の乾燥が進んで粘膜が薄くなることで、デリケートゾーンの皮膚がたるんでしわができてしまいます。

さらに、血の巡りが悪くなって膣が委縮し、指さえ入らなくなってしまう危険性もあるのです。

□デリケートゾーンの正しいケア方法

*デリケートゾーンにも専用ソープを

まずはデリケートゾーン用のソープをしっかり泡立てましょう。

膣から一番遠くにあるひだは大陰唇、その内側にあるひだは小陰唇と呼ばれています。

この大陰唇と小陰唇のひだを指先でやさしくつまむように洗いましょう。

このようなひだの裏側は、恥垢と呼ばれる白い垢がたまりやすい場所でもあります。

恥垢をそのままにすることは、かゆみやニオイの原因につながってしまいます。

強く洗ったり、爪が立ったりして傷つかないようにしながら丁寧に洗うのがポイントです。

 

デリケートゾーンは繊細な部位なので、専用の洗剤を使って洗うようにしましょう。

当社の製品の中で洗浄におすすめなのは、「アンティーム フェミニンウォッシュ」です。

洗いすぎて常在菌まで失ってしまうことのない、やさしい洗いあがりのデリケートゾーン用ソープです。

 

*デリケートゾーンの保湿

入浴を済ませた後は、体や顔のお肌に化粧水や乳液を塗る方が多いですよね。

これと同様に、デリケートゾーンにも保湿が必要なのです。

デリケートゾーンを保湿するのに当社の製品の中でおすすめなのは「アンティーム ローズローション」や「アンティーム ホワイトクリーム」です。

植物由来の成分を使用しており、やさしく保湿することができます。

どちらも適量取り、温めた手で塗布しましょう。

ホワイトクリームはバストトップや脇にも使用でき、黒ずみをケアすることもできます。

*デリケートゾーンのマッサージ

デリケートゾーンは、オイルを使ってマッサージすることもできます。

全体にオイルを塗り、指先を使ってなじませながらマッサージしましょう。

このオイルも、デリケートゾーンに使える専用のものを使ってくださいね。

 

□まとめ

今回は、膣の老化を防ぐための適切なデリケートゾーンのケア方法についてご紹介しました。

健康的で美しく自信のある自分でいるためにも、デリケートゾーンのケアは慎重に行うのが重要です。

ぜひ正しいケア方法をさっそく試し、デリケートゾーンの老化防止に努めていきましょう。

膣まわりのエイジング?正しいケアの方法を知って健康な状態を目指しましょう

「膣まわりのケアは、したほうがいいのかな」

「ケアはどうやってしたらいいのだろう」

こういったお悩みを抱えている女性の方は、いらっしゃいませんか?

「ケアを、きちんとしていますか?」といった質問に対して、自信をもって「はい」と答えることができる女性は、あまり多くはありません。

女性にとってデリケートゾーンは、顔よりも大切なものです。

生理、排泄、セックス、妊娠、出産に加えて、更年期から介護に至るまで、女性にとって切っても切り離せないですよね。

だからこそ、きちんとしたケアが必要となります。

そこで今回は、女性にとって大切な膣まわりのケアについて、ご紹介いたします。

 

□ケアの必要性

*膣も老化する

「膣まわりのケア」について、知らない方も多いのではないでしょうか。

世界の国々と比較すると、日本人女性のケアに対する意識は、あまり高くないと言われています。

しかし、年齢とともにデリケートゾーンも老化が進みます。

年を重ねるとともに、膣は乾燥しやすく、硬くなり、膣壁も薄くなっていく傾向にあります。

 

*30代女性こそ正しいケアを

「膣が乾燥するといっても、まだ大丈夫では・・・?」

こういったように思いがちですが、30代の女性であっても膣の乾燥は進んでいる方が増えているのです。

特に現代女性はストレスが多いために、プレ更年期に悩まされる方も・・・。

その予防としても、膣のケアは有効と言えます。

また、お風呂でボディソープを使って、ゴシゴシと洗い、お風呂から出た後にはさっと拭いて終わりにされる方がほとんどではないでしょうか。

こうしたケアによって20代、30代女性であっても、膣の粘膜が乾燥してしまうのです。

*まずは自身で確認しましょう

膣まわり、ご自身でチェックすることができます。

方法としては、入浴した後の清潔な状態で表面が乾燥していないか、鏡を使って確認してみましょう。

また、清潔な指を使って、膣内で粘液が分泌されているかもチェックしましょう。

潤いがない場合、体内に菌を侵入させないバリア機能が低下していると言えます。

 

*健康な状態とは?

健康な膣は、まずは清潔な状態であること、そして表面の皮膚が保湿されて乾燥しておらず、膣内も粘液で潤っている状態であることが条件です。

また、膣や肛門周りの筋力があることも健康な膣まわりには大切です。

*デリケートゾーンにも専用のアイテムを使用しよう

デリケートゾーンは、身体の中でも特に繊細な部分です。

ボディソープで同じように洗ってしまうと、肌本来がもっている常在菌まで洗い流してしまい、トラブルの原因となってしまうこともあります。

顔は顔専用の石鹸で、髪の毛はシャンプーを使って洗う方がほとんどですよね。

それと同じように、専用のアイテムを使って洗うことが大切です。

今回は、それぞれのケア方法とご一緒に、おすすめのアイテムもご紹介いたします。

ここまでケアの必要性について、ご説明いたしました。

では、実際にどういった方法でケアしていけばいいのでしょうか?

ここでは、ケアに重要な「洗い方」、「保湿」、「マッサージ」についてご紹介いたします。

 

□洗い方

専用のソープをよく泡立てましょう。

大陰唇から小陰唇、膣まわり、そして大陰唇と小陰唇のヒダを指でやさしくつまむようにして洗うようにしましょう。

ヒダの裏側に恥垢は溜まりやすいため、念入りにしっかり取り除くことがおすすめです。

*アンティーム フェミニン ウォッシュ

こちらは、デリケートゾーンケア専用のリキッドソープです。

肌本来がもっている常在菌や、潤いを保ったまま、すっきりと洗うことができます。

繊細なデリケートゾーンのために、適した天然ハーブやオーガニック成分を配合します。

天然の植物原料にこだわり、日本人女性の肌に優しいだけでなく、環境にも配慮した設計です。120mL/ 2,160円(税込)

□保湿

膣まわりは何よりも乾燥させてはいけません。

お風呂から出た後は、顔よりも先に保湿を行いましょう。

タオルでゴシゴシ拭くことはせずに、残っている水分も一緒に専用商品で保湿します。

 

*アンティーム ホワイトクリーム

デリケートゾーン用の、美白を兼ねた保湿クリームです。

Vラインだけでなく、ワキや乳首などにも使用することができます。

オリーブオイルといった自然原料を使用し、皮膚に栄養と柔軟性、そして潤いを与えます。100g/ 2,808円(税込)

 

□マッサージ

ケアするにあたって、保湿と同じくらい大切なのがオイルマッサージです。

保湿効果が得られるだけでなく、マッサージをすることで血行も促進され、膣の粘膜を修復する効果も期待できます。

弾力も生まれ、膣が萎縮しないように予防するだけでなく、改善にも効果的です。

妊娠した際には、マッサージを取り入れることで出産が楽になることも期待できます。

方法としては、大陰唇、小陰唇そして膣口にオイルをやさしく塗りこます。

慣れてきたら人指し指と中指にオイルをつけ、第二関節ぐらいまで膣の中にいれて馴染ませます。

指の腹の部分を膣壁に密着させ、ゆっくりと回しながらマッサージしましょう。

回数としては、1日に1回、1分ほど行うことを目安に行ってください。

□まとめ

今回は、女性にとって大切な膣まわりのケアについて、ご紹介いたしました。

女性の人生にとって、大切な膣まわり。

きちんとケアをすることで、健康な状態を維持することを目指していきましょう。

何歳になっても清潔かつ健康な状態を維持することは、美容面だけでなく健康面でも、年齢にしばられない女性としての幸せをもたらしてくれるでしょう。

ぜひ今回の記事を参考に、膣まわりのケアを始めてみましょう。