大切なのは保湿だった!デリケートゾーンのセルフケア

「デリケートゾーンのセルフケアってなにをしたらいいの?」
「洗うだけでいいのかな・・・?」
こういった疑問をお持ちの方は、いらっしゃいませんか?
デリケートゾーンのケアと言えば、入浴時に洗う程度の方がほとんどですよね。
実は、それだけでは足りないのです。
しかし、実際どうしたらいいのか分からないもの。
そこで今回は、デリケートゾーンに対して習慣としてどのようなケアをしないといけないのか、そして自分自身でできるデリケートゾーンのマッサージ方法を、紹介します。

□セルフケアはなぜ大事?

では、デリケートゾーンのケアは、なぜしたほうがいいのでしょうか?

*大敵は乾燥すること

最大の理由として、乾燥を防ぐ必要があるからです。
デリケートゾーン、特に膣まわりは粘膜に覆われ、粘液で潤っていることが正しい状態です。
この粘液によって、細菌やウイルスなどの病原体から、体は守られているのです。
粘液が不足していれば、病原体をきちんとブロックすることができず、結果として感染症にかかるリスクも高まってしまいます。
さらに、粘膜が乾燥していることで、子宮にまで影響を及ぼし、女性ホルモンのバランスがくずれてしまいます。
これによって、老化のスピードが早まってしまうとも言われているのです。

*デリケートゾーンのトラブル予防にも重要

ムレやニオイ、かゆみといったトラブルがつきものの、デリケートゾーン。
これらの対策にもセルフケアは効果的です。
近年では、アンダーヘアを整える方も増えてきています。
こういったことも、トラブルの軽減には効果的です。
また同様に、丁寧に洗い、保湿することでも予防することが期待できるのです。

□なにをしたらいいの?

では、セルフケアはなにをしたらいいのでしょうか。
デリケートゾーンのケアは、専用のソープで丁寧に洗うことの他にも、専用のクリームを塗って保湿したり、オイルでマッサージしたりすることが大切です。
実はこれらのセルフケアは、ヨーロッパでは当たり前のこと。
まずは一つひとつ見ていきましょう。

*洗浄

ボディーソープや石鹸でゴシゴシこすってはいませんか?
実は、正しい洗い方ができている方は多くありません。
デリケートゾーンはとても敏感なため、優しく洗うようにしましょう。
また、髪の毛はシャンプーで洗うのと同じく、デリケートゾーンもまた、専用のソープを使用することをおすすめします。

*保湿

お風呂上りには、ローションや保湿クリームを使ってスキンケアをする習慣をつけましょう。
デリケートゾーンには、肌のバリアをしてくれる角質層がないため、顔よりも乾燥しやすいです。
そのため、すぐにローションやクリームを塗ることをおすすめします。
その際には、デリケートゾーン専用のものを使うようにしましょう。

*オイルマッサージ

デリケートゾーンのオイルマッサージをしてみましょう。
血行が促進されることで、潤いと弾力を取り戻すことができます。
まず、オイルを手に取ったら、デリケートゾーン全体に優しく塗りこむように、マッサージしましょう。
次に、指にもオイルを付けたら、膣壁に指の腹を密着させ、ゆっくりとまわしながらマッサージしてください。
これを1日1回、1分ほど行いましょう。
この際に使用するオイルも、洗浄や保湿同様、なるべく自然由来のものを使うことをおすすめします。

□まずは保湿の習慣を!

ここまで、習慣にすべきセルフケアを紹介しました。
日本人女性に最も足りていないのは、「保湿」です。
まずは、きちんと専用の保湿クリームを使って、保湿ケアを行うことから始めてみましょう。
しかし実際には、どの商品を買ったらいいのか悩んでしまうもの。
そういった方におすすめしたいのが、「アンティーム ホワイトクリーム」です。

*アンティーム ホワイトクリーム

このデリケートゾーン専用の保湿クリームは、Vラインはもちろん、ワキなどのデリケートな部分のケアに使うことができます。
オリーブオイルから抽出されている自然原料を使用しているため、肌に優しくケアすることができます。
また、それだけでなく、皮膚に栄養と柔軟性、うるおいを与えてくれるのです。
使い方としては、すりあわせて温めた手に適量の(500円玉大くらいの)をとり、デリケートゾーンや黒ずみなど、気になる箇所に塗布してください。
美白エキスも配合しているため、美しい肌へと導きます。

下記画像をクリックすると商品情報をご覧いただけます。
ぜひご覧ください。

□まとめ

今回は、デリケートゾーンに対して習慣としてどのようなケアをしないといけないのか、そして自分自身でできるデリケートゾーンのマッサージ方法を、紹介しました。
洗浄、保湿、マッサージと、実はどれも簡単で、ほんの少し意識するだけなのです。
できる範囲から習慣にしていきましょう。
また、Intimere(インティメール)は、植物療法の第一人者である森田敦子が、女性たちのために開発したこれまでにないマタニティケアシリーズです。
興味がある方は、一度サイトを見てみてください。

お風呂で使えるアイテム!デリケートゾーンの正しいケアの仕方とは?

「デリケートゾーンのニオイが気になる」
「ケアってどうすればいいの?」
こういった悩みをお持ちの方は、いらっしゃいませんか?
ニオイや黒ずみといったトラブルが起こりやすいデリケートゾーン。
しかし、なかなか人に相談できないものですよね。
世界から見てみると、日本人女性のデリケートゾーンのケアは、非常に遅れていると言われています。
そこで今回は、そういった方に向けて、お風呂でできるデリケートゾーンのケアについて、ご紹介します。

□「ニオイ」が気になる・・・

デリケートゾーンで最も悩まれている方が多いのは、「ニオイ」と言われています。
まず、そもそもなぜ「ニオイ」が発生してしまうのでしょうか?
原因は数多く存在しますが、主に「雑菌」「食生活」「すそわきが」という3つが考えられます。

 

*雑菌が増えやすいデリケートゾーン

デリケートゾーンは、尿や汗のほかにも、おりものや経血が付着すること、そしてムレやすいことから、雑菌が非常に繁殖しやすい環境です。

ニオイを予防するためには、まずは、きちんと洗い清潔な状態にすることが大切です。

また、近年ではムレにくくするために、アンダーヘアを整える方も増えてきています。

将来のことを考え、40代、50代から脱毛を行う方も少なくありません。

一度検討されてみてはいかがでしょうか。

*デリケートゾーンにも存在する「ワキガ」

「ワキガ」という言葉を聞いたことがある方も、いらっしゃるのではないでしょうか。
汗を出す働きをする汗腺には、アポクリン腺とエクリン腺の2種類が存在します。
このうち、全身に数多く存在するのが、エクリン腺です。
一方で、アポクリン腺は、脇の下やへそ周りなどの、一部分にのみ存在しています。
アポクリン腺から分泌される汗は、糖質、脂質などに加え、アンモニアが含まれているため、栄養分が多いという特徴があります。
そのため、常在菌が繁殖しやすく、発酵するときにニオイが発生してしまうのです。
実は、このアポクリン腺は、デリケートゾーンにも存在しています。
このワキガ同様、アポクリン汗腺と呼ばれる部分からでる汗が原因となり、デリケートゾーンでもニオイが発生してしまう現象を「すそわきが」と言います。
アポクリン汗腺は、一般的に脇の下に集中しているとされていますが、デリケートゾーンにも多く存在している方も少なくありません。

□じゃあどうすればいいの?

大切なのは、デリケートゾーン専用のソープで洗ってあげることです。
髪の毛や顔を、ボディーソープでは洗わないもの。
デリケートゾーンも例外ではありません。
まずは、専用のソープで洗うことを心がけてみましょう。

*アンティーム フェミニン ウォッシュ

お風呂でケアをしたい方におすすめしたいのが、こちらのソープです。
敏感な肌のための、デリケートゾーン専用ソープとなっています。
常在菌やうるおいを、きちんと保ったまま、すっきりと洗い上げることが可能です。
通常のボディソープでは洗い流してしまう常在菌。
専用のソープで洗うことから、始めてみませんか?

下記画像をクリックすると商品情報をご覧いただけます。

ぜひご覧ください。

*使用方法

肌を軽く濡らしたあと、100円玉ほどの大きさを手に取り、泡立ててください。
指を使って優しく洗った後、しっかり洗い流しましょう。

□アフターケアもしっかりしよう

きちんと洗った後は、アフターケアも大切です。
お風呂から上がったら、デリケートゾーン専用のローションやクリームで保湿することをおすすめします。
最近では、植物由来成分が配合されたものや、オーガニックといった体に優しいものも増えてきています。
まずはローションで潤いを与え、クリームでふたをしましょう。
きれいに洗うだけでなく、アフターケアも行うことで、ニオイや黒ずみといったトラブルを、ぐっと抑えることができますよ。

□まとめ

今回は、お風呂でできるデリケートゾーンのケアについて、ご紹介しました。
人に面と向かって話しにくいということもあり、一人で抱え込んでいる方が多いデリケートゾーンについての悩み。
しかし、実は多くの方が悩まれているのです。
とはいえ、気になるもの気になるもの。
まずは、きちんとした専用ソープを使って洗うことから、ケアを始めてみましょう。
今回の記事が、悩みを解決する手助けとなれば、幸いです。
また、当社では植物由来成分で肌に優しいデリケートゾーン専用のケア商品を、取り扱っております。
興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、ぜひ一度お試しになってください。

夏前の対策を!デリケートゾーンの臭いケア

デリケートゾーンの臭いで悩んだことはありませんか?
女性にとって大切なデリケートゾーン、できることなら清潔に保ちたいですよね。

しかし、その重要性の割にデリケートゾーンのケアはおろそかにされがちです。
そこで今回は、夏前からできるデリケートゾーンのケア方法を解説します。
しっかり対策して、夏を快適に過ごしましょう!

□まずは自分のデリケートゾーンを確認しよう!

皆さんは一度ご自分のデリケートゾーンを見たことがありますか?
デリケートゾーンは排泄や月経、セックス、妊娠出産に関わる重要な部分です。

はじめは恥ずかしいかもしれませんが、ぜひ一度鏡の前でご自分のデリケートゾーンを確認してみてください。
デリケートゾーンには、尿管、膣口に覆いかぶさるようにひだ状の小陰唇があり、その周りを大陰唇というヒダが囲んでいます。

□デリケートゾーンの臭いの原因

*夏の暑さによる汗

実は、デリケートゾーンも汗をかくのです。
夏になり気温と湿度が高くなると、汗でムレやすくなり、生乾きのような臭いが発生します。
また、デリケートゾーンの汗腺には2種類あります。
その一つであるアポクリン腺からワキガと同じ臭いが分泌されます。
そのため、夏場のデリケートゾーンは非常に臭いやすくなっています。

*アカ

夏場の汗により、デリケートゾーンには恥垢(ちこう)というアカがたまります。
小陰唇と大陰唇の間にたまりやすく、これが生臭い臭いの原因になっています。

□おすすめの臭いケア

臭いケアにおいて大事なのは「デリケートゾーンを清潔に保つ」ことです。

*正しい洗い方

デリケートゾーンは非常に敏感です。
正しい洗い方をしないと、逆に臭いの元となるので気をつけましょう。

体を洗う石鹸では刺激が強すぎるため、デリケートゾーン専用の石鹸を使います。
アカのたまった小陰唇と大陰唇をつまむように優しく洗いましょう。
また、タオルで拭く際は、軽くあてるようにして優しく拭きます。

*しっかりと保湿する

洗浄した後は、顔と同様にしっかりと保湿をすると効果的です。
デリケートゾーンは、潤いを保つことにより雑菌の繁殖を防ぐことができます。
保湿クリームは、デリケートゾーン専門のオーガニックのものがおすすめです。

□まとめ

今回は夏前に気になる臭いケアについて紹介しました。
しっかりとデリケートゾーンのケアを行うことで臭いは防ぐことができます。
今回紹介したケアを実践しながら、快適な夏をお過ごしください!

 

当社から夏のデリケートゾーンケアに最適なサマーキットの販売を開始しました。

下記サマーキットのリンクをチェックしてみてください。