植物療法士・森田敦子が開発したデリケートゾーン&パーツケアブランド

        【購入者全員】バーシングオイルサンプル3包プレゼント

「デリケートゾーンの正しい洗い方が分からない」 このようにお困りの方はいらっしゃいませんか? デリケートゾーンを清潔に保つためには毎日の洗浄が必要不可欠ですが、間違った洗い方をしていると、トラブルにつながってしまうかもしれません。 そこで今回は、デリケートゾーンの正しい洗い方についてご説明します。

□あなたの洗い方は正解?

「デリケートゾーンの洗い方はお母さんから教えてもらった」という方が多いかもしれませんが、はたしてその方法は正しいものなのでしょうか。 洗顔方法や髪の毛の洗い方などは、雑誌やテレビなどで特集が組まれることも多く、正しい知識を身につけている方がほとんどかと思います。 しかし、デリケートゾーンに関する情報が共有されることはあまりありません。 間違った洗い方を正しいと思い込んでいる場合もあるので、一度確認してみることをおすすめします。  

□洗い方が間違っていると・・・

デリケートゾーンの洗い方を間違えると、様々なトラブルにつながってしまいます。 汚れをしっかり落としきれていないと、黒ずみや臭いの原因になります。 一方、洗うときに刺激を与えすぎると、かゆみなどの症状が出る危険もあるのです。  

□デリケートゾーンの正しい洗い方

*毎日洗う

デリケートゾーンは必ず毎日洗うようにしましょう。 デリケートゾーンは蒸れやすく、細菌が繁殖しやすい場所でもあります。 毎日清潔に保つために、洗浄は必須です。

*手で洗う

タオルやスポンジを使って洗うことはしないでください。 デリケートゾーンの皮膚は他の皮膚に比べて、とても繊細です。 刺激が一番少ない手指で優しく洗うようにします。 その際には、爪を立てないように注意してください。

*デリケートゾーン専用の石けんを使用する

デリケートゾーンは汚れをしっかりと落とす必要がある部分である一方で、とても繊細な部分でもあります。 普通のボディーソープでは刺激が強すぎることがあるため、専用のソープを利用したほうが良いでしょう。

*ひだになっている部分は指を使って汚れを落とす

「ひだになっている部分は、複雑な形をしていてどう洗って良いか分からない」 という方が多いかもしれません。 しかし、ひだの裏側は特に汚れがたまりやすい部分です。 面倒くさがらずに丁寧に洗いましょう。

*ぬるま湯で洗い流す

石けんを洗い流すときはぬるま湯を使います。 熱いお湯では刺激が強すぎるのです。 できるだけ刺激を与えずに、きれいに落とすことを意識しましょう。  

□まとめ

今回は、デリケートゾーンの正しい洗い方についてご説明しました。 あなたの洗い方は合っていましたか? 正しい方法でデリケートゾーンを清潔に保つように心がけて、トラブルを未然に防いでいきましょう。 ▶︎INTIME ORGANIQUE オンラインストア
LINEで送る

植物療法の第一人者・森田敦子が開発したデリケートゾーン&パーツケアブランド Intime Organique(アンティームオーガニック)公式オンラインショップ。

Copyright (c) Intime Organique all rights reserved.