尿漏れや子宮脱にお悩みの方へ|症状の解決策をご紹介します

「最近尿漏れするようになってきた・・・」
「子宮脱しているなんて、恥ずかしくて言えない・・・」
このようなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?
年齢が上がるにつれて、尿漏れや子宮脱といった問題に悩まされる女性が多くなってきます。
しかし、これらはとてもデリケートな問題です。
誰かに相談することもできず、病院にも行きづらく、結局そのままにしているという方も多いのではないでしょうか。
今回は、尿漏れや子宮脱のお悩みを自分で解決できる方法をご紹介します。

□尿漏れと子宮脱のお悩み

「くしゃみをしたら尿漏れしちゃった・・・」
このように、お腹に力を入れた瞬間に尿漏れが起こってしまう症状を「腹圧性尿失禁」と言います。
「子宮が落ちてきて、外に出てきている・・・」
この状態を「子宮脱」と言います。
どちらも出産を経験した女性がなりやすい症状です。
これら2つの症状は全く関係ないように思えますが、実は症状の原因が同じなのです。
その原因とは、ずばり「骨盤底筋群」の衰えです。
出産を経験した女性に症状が見られやすいのも、出産によってこの筋肉が緩んでしまうからだと考えられています。

□「膣トレ」でお悩み解決!

「骨盤底筋群」という筋肉の衰えが原因で、尿漏れや子宮脱といった症状は起こるとご紹介しました。
骨盤底筋群は、骨盤の下にあって、子宮や膀胱、そのほかのお腹にある筋肉を支える働きをしている、大切な筋肉です。
この筋肉をしっかり鍛えられれば、尿漏れや子宮脱のお悩みを解消できるでしょう。
骨盤底筋群を鍛えるのに有効なのが「膣トレ」です。
膣トレは難しいトレーニングではなく、誰でも簡単にできるので、手軽に毎日の生活に取り込めます。
その手軽さ故に忘れがちになってしまう方も多いですが、継続することが重要です。
膣トレを習慣化してしまいましょう。

□膣トレの方法

ここでは、立ったままでできる膣トレの方法をご紹介します。
やり方はとっても簡単です。
足を肩幅に開いたら、膣に意識を集中させます。
息をゆっくり吐きながら膣をきゅっと上に引き上げるように締めます。
この状態を3秒キープしてください。
3秒キープしたら、息を吸いながら膣を元の位置に戻します。
この一連の動作を5回から10回程度行ってみてください。
膣の締まりが良くなること間違いなしです。

□最後に

今回は、尿漏れや子宮脱のお悩みについて、解決策をご紹介しました。
膣トレは一日5分もあったらできるので、是非気がついたときに実践してみてくださいね。

▶︎INTIME ORGANIQUE オンラインストア